0

キヤノン「EOS R」、発表会で感じた“期待と課題”

2018年9月23日 18時00分
キヤノンが満を持して発表したフルサイズミラーレス「EOS R」。新製品発表会に参加し、実機をいち早く手にして感触を試した落合カメラマンに、率直な感想をファーストインプレッションとしてまとめてもらいました。落合カメラマンは、不満のない基本スペックや撮影性能、独自性が感じられる交換レンズやマウントアダプターの存在などに新システムへの期待を抱きつつも、ちょっと気になると感じたポイントも目ざとく指摘していました。
○製品展開に心躍るも、誤解を招きそうな表現に引っかかる

EOS Rの発表会場。席に着き目の前に置かれている資料にまず目を通す。

巧いと思った。的を射る、ツボを押さえるとはこのことだ……率直にそう思った。「EOS Mのときとは大違いだな」。散々な第一印象だった「M」とは真逆のトキメキに苦笑が漏れる。キヤノンがより良いものを作ったからなのか、自分が丸くなったのか、あるいはこれまでの我がミラーレス経験が何かしら考え方に変化を与えたのか。

いずれにしても、EOS Rの基本スペックとレンズ関連を含む新たな製品展開には、ニコンZを超える分かりやすさと驚きがちゃんと備わっているように感じられた。フルサイズミラーレスの中における独自性と提案が明確なのだ。なかでも、マウントアダプターの芸達者ぶりには目からウロコがポロリ。やっぱり、どうせやるならこのぐらい外堀を固めてくれなくちゃ!

……と、ここまでは、実機を目の当たりにする前段階のオハナシ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「キヤノン「EOS R」、発表会で感じた“期待と課題”」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!