0

グランドセイコー、GMT機能を備えた究極のムーブメント「9F」モデル

2018年9月24日 16時01分
国産高級時計のグランドセイコー、そのSport Collectionから、新開発のクオーツムーブメントを採用した新モデルが登場する。発売は、世界限定800本の「SBGN001」(税別370,000円)が10月12日、レギュラーモデルの「SBGN003」と「SBGN005」(いずれも税別330,000円)が2019年1月12日だ。

新たなクオーツムーブメント「キャリバー9F86」は、かつて1993年に究極のクオーツを目指したという「キャリバー9F」の誕生25周年を記念したものでもある。SBGN001では年差わずか±5秒、SBGN003とSBGN005でも年差±10秒という高い精度を持つ。

加えて、時分針に続く「4本目の針」(GMT針)を新たに搭載。キャリバー9F系の特徴でもある高いトルクを生かし、高い剛性のパーツを用いて力強いデザインを実現した。4本の針は互いに干渉せず、独立してスムーズに回転する。

ホームタイムとは別の時間帯(地域)に切り替えるときは、時計を止めずに時針のみで時刻修正が可能だ。ダイヤルの縁には上下ツートンカラーのリングを採用し、GMT針が指す時刻の昼夜を一目で判別できるようになっている。

限定モデルのSBGN001は、メタリックなチャコールグレーと鮮やかなイエローという、これまでのグランドセイコーにはなかった色使いがポイント。高いコントラストによる良好な視認性を備える。

限定モデルの特別仕様は、ダイヤル全面に「GS」と「9F」のバターンを型打ちしていること、特別精度のムーブメント(年差±5秒)、裏ぶたに「Caliber 9F 25th Anniversary Since 1993」とシリアルナンバーを刻印していることなど。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「グランドセイコー、GMT機能を備えた究極のムーブメント「9F」モデル」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!