0

帰省時の“実家ネットない問題”、4人に1人が経験

2018年9月24日 21時00分

自宅ネット回線未契約率

[拡大写真]

 インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」は、2018年の夏に実家に帰省した全国の20代から40代の1317人を対象に、帰省時の実家での過ごし方とインターネット環境について調査を行いました。

 まず、ネット回線契約率で見ると、自宅では約90%が契約しているのと比べ、実家では約75%。この差は、不満を感じるに十分な差といえそうです。

 「実家での暇な時間はどのように過ごしましたか?」の質問に対する回答は、「のんびり過ごした(43.5%)」「親や親戚とおしゃべりをした(41.8%)」「親の手伝いをした(19.1%)」などリアルでのコミュニケーションに関するものが多く見られましたが、「ネットサーフィンをした(41.8%)」「動画サイトでの動画や音楽の視聴(30.4%)」「SNSの閲覧や投稿(27%)」などネット利用の時間も、決して少なくなかったようです。

 ただ、実家でのネット環境には、不満を感じる人が多く、スマホでしかネットが利用できず不便だったという人は約3割、普段よりネットが遅く快適に閲覧できなかったという人は約2割に上りました。

 平成の30年を通して、今や誰でもどこでもあって当たり前になったかと思えるモバイル通信端末と通信ネットワークですが、まだ、年齢層や地域によっては、その「あって当たり前」感のズレがあるもよう。“実家ネットない問題”による不満につながると思われます。

 不満の代表例としては、「固定回線がなくモバイル通信量を気にしながらの利用が必要だった」「動画を見たくても途切れ途切れになってしまい見るのに時間がかかった」などの声がありました。

 実家でのネット環境の改善については、「手間がかからないなら」の声が最も多く(38%)、状況次第では改善はやぶさかではないと考える人が多いこともわかりました。

 ネット環境をどこでも便利が当然と考えるか、実家にないならないでそれなりに過ごそうと考えるか、人それぞれで対応が異なってくるかもしれません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「帰省時の“実家ネットない問題”、4人に1人が経験」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!