0

iPhone XとiPhone XSで東京の夜景を撮り比べてみた。

2018年9月25日 12時00分
2018年9月21日(金曜)、遂に新機種の「iPhone XS」が発売されましたね。見た目がほとんど同じの「iPhone X」と「iPhone XS」では、どちらが夜景を綺麗に撮影できるのか、いくつかのシーンで試してみました。背面カメラの仕様は両機種で似通っており、ともに広角、望遠で1200万画素のカメラユニットを2つ搭載しています。広角側の絞り値はF1.8、望遠の絞り値はF2.4。仕様としてはこのほか、デュアル光学式手ぶれ補正、2倍相当の光学ズーム、最大10倍のデジタルズームを装備。スペック上の見た目は全く同じです。

しかし、実際に写真を撮ってみると「iPhone X」よりも「iPhone XS」の方が綺麗なことに気付きました。比較用として、下にいくつかの作例を掲載しています。

どちらの機種も「自動HDR」の項目は「オン」にしたまま、カメラを起動し、構えてシャッターボタンを押すだけ、という方法で撮影しました。画面をタップしてフォーカス合わせや露出補正もしていません。三脚を使わずに手持ちで撮影。完全にiPhone任せで撮影しました。

上の写真は「iPhone X」で東京駅を撮った写真です。

続いて「iPhone XS」で東京駅を撮った写真。

「iPhone X」でも何を撮っているのかは伝わってきますが「iPhone XS」の方が、街灯に照らされた樹木や建物が鮮明であることがわかります。

上の写真は「iPhone X」で浅草・雷門を撮った写真。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「iPhone XとiPhone XSで東京の夜景を撮り比べてみた。」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!