0

10月発売のiPhone XRを待つ人たちへの「残念なニュース」

2018年9月25日 11時30分
iPhoneの新モデル、iPhone XSとiPhone XS Maxがいよいよ店頭に並んだ。多くのユーザーが上位機種よりも安価なiPhone XRの発売(10月26日)を待つ予想されているが、先行発売された2機種には、XRを大きく上回るメリットがあることが明らかになった。

ガジェットの分解レポートで有名な「iFixit」がiPhone XSとiPhone XS Maxを分解した結果、これらの2モデルには追加のアンテナが実装されていることが判明した。これにより、XSとXS MaxはCat.16のギガビットLTE通信に対応しただけでなく、4G通信でのパフォーマンスも大きく向上している。

「SpeedSmart」が米国の通信キャリア3社(AT&TとT-Mobile、ベライゾン)の4G回線での2機種の通信速度を測定した結果、2017年発売のiPhone Xと比べて2倍から3倍も接続スピードが向上していることが分かった。

大量のデータ通信を行うユーザーにとって、通信速度の向上は大きなメリットといえる。この結果はまた、多くのユーザーがiPhone XRを避ける理由にもなるだろう。

XRは上位モデルのXSとXS Maxの機能の大半を、割安な価格で実現している点が大きな魅力だ。しかし、XRのスペックの詳細を確認すれば、このモデルに採用された通信規格がiPhone Xと同じCat 12のLTE接続であることに気づくだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「10月発売のiPhone XRを待つ人たちへの「残念なニュース」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!