0

先週のサイバー事件簿 - Windows Uadateでユーザーファイル消失

2018年10月11日 20時58分
10月1日週にかけて発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。

○Windowsアップデートでユーザーファイルが削除されてしまう問題

米マイクロソフトは、10月2日(現地時間)に提供を開始した「Windows 10 October 2018 Update」のアップデートを行うと、ユーザーのファイルが削除されてしまう不具合があることを明らかにした。削除されるのは、ユーザーフォルダ内の「ミュージック」や「ビデオ」などのライブラリフォルダ。

特定の条件のもとでアップデートすると、これらのファイルが削除される。削除されたファイルは、ユーザーが個人的にバックアップを取っていない限り復旧は困難だという。

アップデートの提供は一時的に停止中だが、10月11日の時点では、問題を修正したバージョンの提供がWindows Insiderプログラム向けに再開されている。

■関連記事・「Windows 10 October 2018 Update」配信開始、アップデート方法は?・Windows 10 October 2018 Update - ファイル消失を受け配信停止中・Windows 10 データ消失問題、MSが調査結果を公表、更新版がプレビューに

○ボットネット拡散機能を備えたランサムウェア「Viro」

トレンドマイクロのセキュリティブログによると、2018年9月ごろ、ボットネットで拡散するランサムウェア「Viro」が確認された。

「先週のサイバー事件簿 - Windows Uadateでユーザーファイル消失」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!