0

新XperiaやGalaxy、INFOBARを触った印象は? - au 2018秋冬モデル

2018年10月11日 22時21分
●au新モデルを触ってきた!
KDDIと沖縄セルラーは10月11日、スマートフォンの2018秋冬モデルを発表しました。「Xperia XZ3」「Galaxy Note9」といったハイエンドの人気機種をそろえつつ、使いやすさを重視した「AQUOS sense2」「LG it」を投入、さらには、auオリジナルの4G LTEケータイ「INFOBAR xv」を用意。そんな“auらしさ”があふれる5機種のラインアップは、10月下旬から順次発売されます。本稿では、製品の概要とファーストインプレッションをお伝えしていきましょう。

○有機ELを初採用、「Xperia XZ3」が目指すものは?

Xperia XZ3」は、シリーズ初となる有機ELディスプレイを搭載したのが特徴です。約6インチQuad HD+(2880×1440ドット)の大画面には、同社がこれまで薄型テレビ「ブラビア」で培ってきた高画質技術を結集。ソニーがテレビで手がける色合いや質感が好みという人は要注目です。もちろん、歴代のXperiaを使ってきた人にも、その違いは新鮮に映ることでしょう。

デザインは前機種(Xperia XZ2)と同様、中央に向かって丸みを帯びる独特のフォルムを採用しています。このため、机の上に置いたときには端が浮きますが、このラウンド形状により手へのフィット感が増しています。重量は約193gありますが、やや重いというデメリットを持ちやすさによりカバーできているように感じました。

「新XperiaやGalaxy、INFOBARを触った印象は? - au 2018秋冬モデル」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!