0

「お友達承認」プロセス変更でFacebookがさりげなくツイッター的な機能を搭載?

2010年9月29日 10時00分 (2010年9月30日 16時22分 更新)


Facebook上で、他のユーザからお友達リクエストを受けたとき、従来は、「Confirm(承認)」か「Ignore(無視)」のいずれかを選択する仕組みになっていましたが、このたび、この承認プロセスにちょっとした機能変更が加えられたそうです。

変更点は一見、他愛もなさそうなもの。Facebookのお友達承認プロセスで表示されていた「Ignore(無視)」ボタンが「Not Now」ボタンに変更されたのです。「Not Now」ボタンを選択すると、そのリクエストは「Hidden Requests」という新しいセクションに移ります。ちなみに、リクエスト元のユーザのステータスは「Awaiting Friend Confirmation(友達承認待ち)」のまま変わらず、あなたが「Not Now」をクリックしたことも、自分のリクエストが「Hidden Requests」に移動したこともわかりません。

 

しかし、この変更には、意外に影響が大きそうなポイントが...。Facebookの投稿を「すべてのユーザー」に公開している場合、「Hidden Requests」にリストされているリクエスト元のニュースフィードでは、自動的に、あなたの投稿が表示されるようになります。フォローするとツイートが自動表示される、Twitterのようなイメージですね。

このFacebook上での「自動フォロー」は、「Hidden Requests」にあるお友達リクエストを「Delete Request(リクエストを削除)」しない限り、続きます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!