0

Airbnbだけじゃない。海外旅行先で外国人のおうちに泊まれるオススメのサービスたち

2014年9月14日 19時00分 (2014年9月16日 07時35分 更新)

空き部屋を旅行者に貸し出すサービス『Airbnb』は、ホテルの代替手段として最も人気あるサービスになっていますが、他にも選択肢は他にもあります。同種のサービスをいくつか比較してみましょう。

『HomeAway』、『VRBO』、『TravelMob』、『Vacation Rentals』

HomeAwayは、数多くのAirbnb競合サービスの親会社です。物件のリストは寝室と浴室の数、最短の滞在期間、写真、物件の詳細説明、レビュー、オーナーの情報、提供されるアメニティ、そして空室情報などを提供しています。予約を確定させるためには、貸借契約にサインし、10~50%の前金を支払う必要があります。また、預かり保証金を支払う必要もあります。キャンセル規定、その他の詳細については、物件オーナーと交わす貸借契約により変わります。

Vacation Rental By Owner(VRBO)は、Airbnbにより近いです。VRBOは自分の住居を貸し出したい人の物件を世界中から集めて紹介しています。そして、借りられる物件以外は、Airbnbと大差ありません。物件リストは寝室と浴室、写真、レビュー、最低の宿泊日数、提供されるアメニティ、空室情報などを提供しています。VRBOのサイトによれば、キャンセルと支払いの規約は、物件により異なります。

TravelMobはアジア太平洋地域の国々に注力しています。サイトのレイアウトは、物件により変わるキャンセル規約も含めてAirbnbにそっくりです。物件のリストは、寝室と浴室の詳細、アメニティ、追加ゲストの料金、最短および最長の宿泊期間、家ごとのルール、レビュー、そしてオーナーの情報などを記載しています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!