0

ToDoリストを『Googleカレンダー』に同期する、ありとあらゆる方法

2017年6月19日 21時00分 (2017年6月21日 21時35分 更新)

MakeUseOf:日々の生活を管理すると言えば、「カレンダー」と「ToDoリスト」の2つのツールが不可欠です。やらなければならないこと、それをいつまでにやらなければならないかを知り、確実に忘れないようにします。

しかし、ほとんどのタスク管理ツールは、この2つを別々に持っています。もちろん、ToDoリストのアプリで締め切りを見ることもできますが、すべてのタスクが一覧になって、カレンダー上で見ることができたら最高ですよね?

どうすればカレンダーとToDoリストを一度に見られるようになるかをお教えしましょう。今回は、『Googleカレンダー』を使います。

Googleカレンダーを使う理由

まず、Googleカレンダーはひときわ人気があるからです。ほとんどの人が個人や仕事のGmailのアカウントを持っている、つまりGoogleカレンダーのアカウントも持っているということです。

次に、Googleカレンダーは何とでも同期できるからです。『iCal』を使っている人も、Googleカレンダーは簡単に同期できます。『Fantastical』でも、Windowsのカレンダーでも問題ありません。同期の手順も簡単です。だから、GoogleカレンダーはToDoリスト管理に最適なのです。

大事なことを忘れていましたが、Googleカレンダーは『IFTTT』でも『Zapier』でも動くので、ほとんどどんなアプリでも使うことができます。

一番楽な選択肢「Google ToDoリスト」

お察しの通り、GoogleのToDoリストはGoogleカレンダーともかなり統合されています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!