0

スタートアップ発の新生スマホに飛びつく前に知っておきたいこと

2017年11月14日 19時00分 (2017年11月16日 05時56分 更新)

2017年は、複数の新生スマートフォンが産声を上げた記念すべき年になりそうです。

AndroidクリエイターのAndy Rubin氏が立ち上げたThe Essential Companyは、内蔵マグネットで360度カメラなどのガジェット類や充電ドックなどをかんたんに接続できるスマートフォンEssential Phone」を発表しました。ゲームアクセサリー会社のRazerは、エンターテインメント重視の「Razer Phone」を発表しました。Razor Phoneは、やはり新生スマートフォンとして発売されたNextbit「Robin」のスピリットを引き継ぐ後継機です。

新しいもの好きな人は、これらの新生スマートフォンを試してみたいと思うでしょう。でもその前に、そもそもインディー(独立系)スマートフォンとは何かを理解しておいてください。アクセサリー豊富なスマホや高精度ディスプレイ付きのスマホは確かに一見の価値がありますが、想定されるデメリットに対する心の準備が必要です。

そもそも新生スマートフォンとは

新興企業の新生スマートフォンを買う場合、必ず知っておいてほしいことがあります。それは、それなりには使えるけれど、長続きは期待できないということ。

The Essential CompanyやNextbitのようなスタートアップ製のスマートフォンは、メインストリームの商品とは異なり、イノベーティブなアイデアや目新しいインタラクションがふんだんに盛り込まれています。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!