0

プライベートな時間をもっと豊かにしてくれる、 南アフリカ生まれのビン型ライト「SONNENGLAS」

2017年11月15日 00時00分 (2017年11月16日 11時26分 更新)

部屋を少しライトアップして、物思いにふける時間は至福のとき。ジャズや落ち着いた音楽をかけて、ぼんやりとした光を眺めているといつの間にか時間がたっています。そんな特別な時間にぴったりなのが、SONNENGLAS(ソネングラス)。

Image: Amazon.co.jp

SONNENGLASは、南アフリカ生まれのビン型ソーラーライト。南アフリカで作られ、そのおしゃれな見た目もあり、ヨーロッパを中心に200万個以上売れています。ソーラーパネルで発電したり、リサイクルされたガラスや金属を使用したりと、とてもエコなプロダクトでもあります。

SONNENGLASの使い方 Image: Energie Burgenland/YouTube

フタの裏側にLEDライトが取り付けられており、スイッチでオンオフが可能。

Image: Energie Burgenland/YouTube

電源は、フタの上部にあるソーラーパネル。曇りの日や夜に充電が必要なときは、USB充電も可能。これなら日中忙しいビジネスパーソンでも安心して使えますね。

Image: Amazon

ビンのなかには、自分が好きなものを入れておしゃれにデコレーションもできます。砂や色付きのガラスを入れたり、貝殻を入れてもいいかもしれません。

Image: Amazon

このように電球の代わりに天井からぶら下げるのもアリ。間接照明として利用するのもよさそう。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!