0

有名作家が教える、いい物語を書くための3つの方法

2017年12月7日 23時00分 (2017年12月9日 20時56分 更新)

物語には構造があります。いかなる物語でも、その構造を理解し、強化すれば、より効果的なものにできます。これは、どんな長さの物語にも当てはまります。National Novel Writing Month(全国小説執筆月間)で5万ワードの物語を書くのであれ、パーティーで披露する小話に磨きをかけるのであれ、自分を含め何かを売り込むためのストーリーをつくるのであれ、この法則は変わりません。ヘミングウェイの有名な、わずか6語からなる小説、「売ります:赤ちゃんの靴、未使用」にさえ、同じことが言えます。

以下に、物語構造に関する3つのガイドを紹介します。良い物語をつくるためのテンプレートはこれだけではありませんが、あなたが小説、演劇、映画、テレビなどで目にする物語はのほとんどは、この3つの構造で説明できます。物語を書く前に、これらのテンプレートについて学んでおけば、リライトの時間を大幅に省くことができるでしょう。

1. ダン・ハーモンのストーリー・サークル

シットコム・ドラマ『コミ・カレ!!(Community)』とアニメ『リック・アンド・モーティ(Rick and Morty)』を手掛けてショーランナーになる前、ダン・ハーモン(Dan Harmon)は『Laser Fart』というWebドラマを制作していました。レーザー光線を放つことができるスーパーヒーローの物語です。Laser Fartは、その強固な物語構造のおかげで、驚くほどの人気を獲得しました。

ハーモンは、クリエイターに向けたエッセイの中で、自分が用いた物語構造について語り、それを「ストーリー・サークル」と呼びました。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!