0

ビットコインをできるだけ安全に保管する方法

2017年12月18日 21時00分

大量のビットコインを買ったのに、価値の高騰後にアクセスできなくなったという話を、ときどき耳にします。先日もEngadgetに、たまたま香港に旅行したおかげで幸運にも20万ドル分のビットコインを取り戻した人のストーリーが掲載されていました。

ビットコインに手を出すなら、安全には気をつけなければなりません。特に、何年も置いておくなら、ストレージ環境をアップグレードしましょう。以下に、ビットコインをできるだけ安全に保管する方法を紹介します。

ウォレットとは?

まずは、何をするにしてもビットコインというモノを実際に保管するわけではないことを理解しましょう。なぜならビットコインには実体がなく、ブロックチェーン状に暗号化されたアドレスだからです。あなたが所有するのは、特定位置のビットコインを解放するためのユニークなキー。ウォレットに入れて保管しなければならないのは、そのキーになります。

それを理解したうえで、求める安全性レベルと使用頻度に応じて、ビットコインの保管方法を決めるといいでしょう。

ハードウェア・ウォレットがベスト Image: Trezor

ビットコインなどの暗号通貨は、オンラインのデジタル・ウォレットか、スマートフォンやコンピューターのローカルに保管するのが楽な方法です。ただし、公開された場所にビットコインを放置しておくのは、ハッカーやフィッシング詐欺による攻撃を歓迎しているようなもの。そのため、ビットコインをオフラインで保管するハードウェア・ウォレットがベストな選択肢と言えるでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ビットコインをできるだけ安全に保管する方法」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!