0

雨の日の通勤にもOK。デンマークのメーカーが手がけたスタイリッシュでシンプルな防水バックパック

2018年2月14日 13時00分 (2018年2月15日 21時56分 更新)

「レインコートをバックパックにしてみよう」

そんな発想を現実にした企業があります。デンマークのレイングッズメーカー「RAINS(レインズ)」は、レインコートの素材を使ったバックパックを開発。手触りがよく、水を弾く防水性が魅力です。

Photo: GENE TV

今回は実物が手元に届いたので、使用した様子をお届けしたいと思います。

RAINSのバックパックは防水性が特徴 Photo: GENE TV

レインコートの素材を使っているだけあり、高い防水性が特徴。このように水を垂らしても、しっかりと水を弾いている様子がわかります。突然、雨が降った場合でも、このレベルの防水機能があれば中身は心配ないでしょう。

生地は水を弾きますが、ジッパーで開け閉めするタイプではなくフラップ型なので、台風などの強い横殴りの雨が降ると、フラップの隙間から水が侵入する可能性はあります。傘が難なくさせる程度の雨や雪であれば問題なく使えそうです。

そのほかの特徴として、生地の肌触りをあげたいと思います。柔らかく、しっとりとした触り心地がとても快適です。素材はポリエステルとポリウレタンを50%ずつ使用。RAINSのレインコートも同じ素材を使用しているそうで、変に張り付く感触もなく、クセになる肌触りだと思います。

バックパックの大きさは2種類 Photo: GENE TV

バックパックは「BACKPACK mini」と大きめサイズの「BACKPACK」の2種類。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!