0

新年度、ライフログは画像で残す。超高画質なau新スマホのインカメラで

2018年2月14日 11時00分

先日、自分のTwitterログを見返してたら「ほんとうに自分のことかな?」と思うくらいに去年の記憶が抜けていました。

これもうアカウント乗っ取りってことにできないかなってレベルのポエミーな言葉たちだけでなく、新年の抱負や目標設定といった大事なことまで、忘れがちになってしまうもので。

忘れっぽい人が日々の記憶を留めておく方法はさまざま。買い物の前に冷蔵庫内の写真を撮っておくなんてシンプルなハックもありますが、自分にあったライフログの残し方を試してみるうちに、僕は「写真」で記憶が蘇ってくることが多いように感じました。

暗所に強いインカメラがライフログを加速する

仕事もプライベートも分けずに一台のスマホを使っているのですが、写真フォルダを遡っていると「見るだけで当時の空気や会話も思い出す」ことがありました。ホワイトボードの板書で当時の仕事を振り返ったり、別れた恋人とのセルフィーを見て旅行の記憶が甦ったり(こっちの写真は消しました…)。

なるほど、言葉で留めておけないことは「風景」を含めて写真に納めれば、自分を思い出すための手がかりになりやすいのか。と気づいた僕は、今年からなんてことのない日々もパシャパシャと残し、恥ずかしさも乗り越えてセルフィーを撮るようになりました。セルフィーは目的を「記憶用」だと割り切ると、案外すぐ慣れます。

そんなライフログとしてのスマホカメラ需要をガッチリ掴んだ一台が、KDDIから新しく発売されました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!