0

「落ち着け」という自己暗示は逆効果!?人前で「緊張」しないための心理術

2018年3月14日 08時30分
Umeこの記事では、人が緊張してしまう理由とその克服法、緊張を力に変える方法について紹介します。あなたはどんな時に緊張しますか?

 
 こんにちは。前回、『人前で緊張しない人はウラで「ズルいこと」やっていた』です。

 本書では、心理学に基づいて緊張に打ち勝つための方法が49個も紹介されています。

 今回はその中から、「なぜ緊張するのか」「緊張を攻略する方法」「緊張を力に変える方法」に分けてご紹介しようと思います。

 もちろんいつものように、僕の大好きな科学的根拠付きで(笑)



人前で緊張しない人はウラで「ズルいこと」やっていた

なぜ私たちは緊張してしまうのか?

 まず緊張してしまう理由を考えてみましょう。冒頭で述べた例(入試、スピーチ、デートetc…)に共通していることは何でしょう?

 この試験の結果で同級生や先生から褒められるor残念がられる、結婚式のスピーチで噛んだり震え声になるわけにはいかない、この子の前では良いところを見せなきゃ、などなど、そこには「他の人が自分に注目している」という思い込みと「失敗したら恥ずかしい」という心理があります。

 しかし、これは「スポットライト効果」と呼ばれる錯覚なんだとか。

※スポットライト効果:「常に人から注目され、自分に光が当たっている」という思い込み

 それを裏付けする、コーネル大学の研究があります。

 大学生に恥ずかしい柄のTシャツを着せて、キャンパス内を歩いてもらいます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「落ち着け」という自己暗示は逆効果!?人前で「緊張」しないための心理術」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!