『カルト化』に関するニュース(992件)

『カルト化』の話題をまとめてお届け。『カルト化』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

「金田一少年の事件簿 R」コラボレーション第2弾! 大人のための謎解きイベント『電脳九龍城怨念遊戯殺人事件』 11月2日から開催決定! ~金田一たちと謎を解き、事件の裏に隠された真実を暴け!~ ドリームニュース (2018年10月19日 14時00分)

体験型イベントのリアル宝探しを展開する株式会社タカラッシュ(本社:東京都江東区、代表取締役:齊藤多可志)は、 2018年11月2日(金)~2019年5月12日(日)までの期間中、ウェアハウス川崎店(神奈川県川崎市...体験型イベントのリアル…続きを読む

韓国・文在寅大統領がフェイクニュース対策への強硬な姿勢を見せる2つの理由 HARBOR BUSINESS Online (2018年10月18日 15時31分)

◆フェイクニュースへの規制を強化は、言論統制か? 韓国政府は10月8日に予定していた「フェイクニュース根絶のための政府対策」の発表を延期したが、延期の理由は、閣議に出席していた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「更なる議論が必要」と判断したた…続きを読む

1980年代のB級恐怖映画の新聞広告はモノクロだから恐怖度アップ カラパイア (2018年10月17日 22時30分)

一昔前では考えられないほどインターネットが浸透し、日常生活になくてはならないものとなった。猫も杓子もデジタル化され、紙などの物理的なメディアは時代遅れの感すらある。 今や新聞をとっている人も少なくなった。新聞広告をチェックして映画を観に行…続きを読む

「日本にも007を!」危機管理のプロ・佐々淳行氏が生前本紙に語っていたこと 東スポWeb (2018年10月11日 17時00分)

旧内閣安全保障室の初代室長を務めた佐々淳行(さっさ・あつゆき)氏が10日午前2時40分、老衰のため都内の病院で死去した。87歳だった。東大卒業後、国家地方警察本部(現警察庁)に入庁した警察キャリア官僚だったが、1972年の連合赤軍あさま山…続きを読む

坂口拓インタビュー 77分1カットの死闘『狂武蔵』を完成させる理由と黒澤明を超える“侍映画”の未来 ガジェット通信 (2018年10月10日 8時00分)

▲坂口拓(TAK∴)坂口拓は、『VERSUS』(北村龍平監督)で注目を集め、世界のアクション映画ファンに熱狂的に迎えられた俳優だ。ところが、園子温監督の『地獄でなぜ悪い』(13年)を最後に、突如として俳優業から引退。紆余曲折を経て、昨年20…続きを読む

器用に陸上を歩いてんじゃないよ! サメ映画「シックスヘッド・ジョーズ」DVD化が決定、2019年1月に発売 ねとらぼ (2018年10月9日 18時26分)

カルト的な人気を誇る映画制作会社「アルバトロス」が手がける人気多頭サメ映画シリーズ最新作「シックスヘッド・ジョーズ」のDVD化が決定。発表にあわせて、日本語の字幕つきPVも入手しました。 シックスヘッド・ジョーズは、2つの頭を持つサメの恐…続きを読む

在NY日本総領事館、慰安婦問題の相談窓口を杉田水脈と繋がる極右団体「ひまわりJAPAN」に業務委託してしまう BUZZAP! (2018年10月9日 17時00分)

慰安婦像を巡る「歴史戦」ががっちり外務省にまで食い込んでいることが分かります。詳細は以下から。◆慰安婦像を巡る「歴史戦」という愚行今年9月には台湾の慰安婦像に極右団体幹事が蹴りを入れる事件が起こり、10月頭には大阪市が慰安婦像の市有化を理由…続きを読む

「チャージマン研!」あのレコードがまさかの商品化 2018年版「殺人レコード恐怖のメロディ」収録でジュラル星人もにっこり ねとらぼ (2018年10月5日 20時01分)

大人気カルトアニメ「チャージマン研!」の“あのレコード”が本当に商品化されてしまいました。「チャージマン研!『殺人レコード恐怖のメロディ』」として11月3日に発売されます。価格は3000円。 同作は1974年に放送されたアニメ作品。低予算…続きを読む

過激×クールなTシャツを展開するハードコアチョコレート東中野店 移転オープンのお知らせ @Press (2018年10月5日 10時00分)

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、今後の業務拡大の為、増床し、9月末に東中野4丁目(東京都中野区東中野4丁目10−16 クレールOSY 1F)の新店舗に移転いたしました。…続きを読む

実は音楽がすごい『チャージマン研!』(宮内國郎 作曲)の楽譜を発売 ドリームニュース (2018年10月4日 9時00分)

スリーシェルズは、Japanese Composer Series楽譜の第4弾、第5弾として『チャージマン研!』で使われたBGMを今堀拓也が復元編曲した楽譜を2018年10月8日発売することを10月4日に発表する。低予算のカルトアニメ!..…続きを読む

物件の鍵には「罠」も!? 15年ぶりに不動産執行現場に走った緊張感<不動産執行人は見た15> HARBOR BUSINESS Online (2018年10月4日 8時32分)

この日の差し押さえ・不動産執行は厳戒態勢で全員がソワソワと地に足がついていない様子だった。 これまでにない緊張感が周囲に張り詰めており、マスクなどで顔を隠しながら少し離れた位置より当該物件を睨んでいる。 このような事態は古くから携わる執行…続きを読む

沖縄県知事選2018リポート。キャバクラ3軒ハシゴしてわかった、「カルト」発信源のデマに侵される若者たち HARBOR BUSINESS Online (2018年9月28日 8時32分)

あまりにショックを受け過ぎて、この事実をどう表現したらいいのかが分かりません。 僕はあまりに沖縄のことを知らなすぎたし、僕は他人よりネトウヨに危機感を抱いている方だと思っていましたが、まったく危機感が足りませんでした。おそらく、昨日の夜の…続きを読む

「新潮45」が残念な末路に至るまでの、ここ3年の特集を振り返ったらますます寂しくなった話<オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース> 幻冬舎plus (2018年9月27日 9時00分)

■火元の杉田水脈氏のLGBT差別論文は、朝日新聞叩き特集の流れから 25日、「新潮45」が休刊を発表した。二の舞、三の舞になりそうな雑誌はほかにもある。「新潮45」のこれまでをふりかえり、改めて検証してみたい。 今回の騒動のきっかけになった…続きを読む

【サヨナラ平成】新語・流行語で振り返る30年「1995年編」~未曾有の震災と空前の無差別テロが、社会に落とした影~ GetNavi web (2018年9月23日 19時00分)

平成時代を当時の新語・流行語で振り返るコラムをお届けします。今回は「1995年(平成7年)」編です。 この年は、Windows95が発売。それまで一部のマニアックな人たちだけが使っていたパソコンやインターネットを一躍普及させ…続きを読む

時代を牽引した雑誌も ミリオン出版が消滅、ネットで嘆きの声 リアルライブ (2018年9月22日 18時30分)

サブカルチャー系の書籍を多く手がけてきたミリオン出版が、12月1日付で親会社の大洋図書に吸収合併されることがわかった。『実話ナックルズ』など現在刊行中の雑誌は引き続き発行される。 だが、会社名が消滅することには変わりなく、ネット上では「平…続きを読む

『HUNTER×HUNTER グリードアイランド編』の全カード、物語を網羅したガイドブックを初商品化!ここでしか見られないカードも収録したファン必携商品 @Press (2018年9月21日 11時00分)

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」( http://p-bn.jp/su/127swvfm7n65/ )では、『HUNTER×HUNTER』より、ゲーム内の世界を冒険する“グリードアイランド編”に登場した全てのカードの情報…続きを読む

5リッターV8エンジンにHVを搭載、21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ・センチュリー。お値段1960万円も納得の魅力を開発責任者に直撃! 週プレNews (2018年9月21日 6時10分)

トヨタ センチュリー開発責任者、田部正人主査ロールス・ロイスと肩を並べる日本の超高級車が新型にフルモデルチェンジ。早速、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発者を直撃、その魅力に迫ってきた!* * *■世界的にもレアなショーファーカーつくづ…続きを読む

上川隆也が心の底から癒される存在とは「むき出しの愛情で接してくれる」 週刊女性PRIME (2018年9月20日 12時00分)

上川隆也 撮影/佐藤靖彦 この秋、見ごたえ間違いなしの豪華絢爛(けんらん)な舞台『魔界転生』が上演。原作は山田風太郎の人気伝奇小説で、アクションとカルトの世界が融合した壮大なエンターテイメント時代劇だ。過去には’81年に深作欣二監督で映画化…続きを読む

「人生100年時代」に死とどう向き合うべきか 宗教学者に聞いてみた Excite Bit コネタ (2018年9月18日 7時00分)

最近、「人生100年時代」というフレーズをCMなどでよく耳にするようになった。いまや老人ホームでも「80代は若手」といわれるほどに、日本人の寿命は延びているとか。そんななか、宗教学者の正木晃氏が『しししのはなし宗教学者がこたえる死にまつわる…続きを読む

この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(9月8日~9月14日) MoguraVR (2018年9月16日 19時30分)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 【歌って叩いてみた】千本桜 by …続きを読む

劇場版「フリクリ オルタナ」 すごいことなんかない、当たり前のことすらこなせない続編 ねとらぼ (2018年9月15日 19時00分)

GAINAXの諸作品を手掛けた鶴巻和哉、「少女革命ウテナ」の榎戸洋司らが20世紀の終わりに放った唯一無二のOVAシリーズ「フリクリ」。難解なストーリー、魅力的なキャラクター、実験的かつビビッドなアニメーション、the pillowsの楽曲…続きを読む

9月30日投開票の沖縄県知事選は「他県のこと」では済まない選挙である HARBOR BUSINESS Online (2018年9月14日 8時32分)

いよいよ9月30日投開票の沖縄県知事選がスタートしました。この選挙には翁長雄志さんの遺志を継ぐ「オール沖縄」の玉城デニーさん、自民・公明・維新が推薦する宜野湾市長の佐喜眞淳さんをはじめ、全部で4名の候補者が立候補しました。最大の争点は、翁…続きを読む

公開から33年。「星くず兄弟の伝説」がスペイン・シッチェス映画祭にてワールドプレミア上映決定!! PR TIMES (2018年9月13日 19時01分)

伝説のカルト・ムービー「星くず兄弟の伝説」が、10月5日よりスペインにて開催される第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭で正式上映されることが決定!それにあわせてデジタルリマスター版も完成![画像: https://prtimes.jp/…続きを読む

台湾「慰安婦像キック問題」の背後に「右派カルト」。大手メディアは沈黙 HARBOR BUSINESS Online (2018年9月12日 15時32分)

今月10日、台湾・台北市で、約100人もの人々がたった1人の日本人を名指しで非難するデモを行った。日本人の名は藤井実彦(ふじい・みつひこ)氏。「慰安婦の真実」国民運動(代表・加瀬英明氏)なる保守団体の幹事を名乗る人物だ。 現地メディアなど…続きを読む

この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(9月1日~9月8日) MoguraVR (2018年9月9日 19時30分)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、バーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー・VTuber)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 【世界…続きを読む

望遠鏡と虫眼鏡 平成アニメの30年 第4回 諦念こそが心の支えになる時代『新世紀エヴァンゲリオン』と『もののけ姫』 マイナビニュース (2018年9月9日 10時00分)

時代が作品を呼ぶのか、時代の中から作品が生まれるのか。庵野秀明監督による『新世紀エヴァンゲリオン』の放送開始は1995年(平成7年)。同年に『エヴァ』が放送されたのはまったくの偶然だが、結果としてそれは「時代を象徴する出来事」として記憶され…続きを読む

「宇宙エネルギー“手かざし”療法士」がメキシコ次期内務副大臣に内定! 前代未聞のスピリチュアル政権発足へ! TOCANA (2018年9月8日 8時00分)

元・コズミックエネルギー伝達療法士が、メキシコ内務省副大臣(subsecretaria de Gobernación)に指名され、メキシコ国内はもとより、世界中で大きな話題になっている。 ミステリーニュース「Mysterious Univ…続きを読む

マーベル映画「ヴィラン(悪役)」全紹介! フェーズ3 全10作品(シビル・ウォーからアベンジャーズ4)完全保存版 ウレぴあ総研 (2018年9月8日 6時30分)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『ブラックパンサー』の大ヒットで、日本でもファンが急増中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)。【フォトギャラリー】マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェーズ3のヴィラン(悪…続きを読む

落合陽一に聞く、落合陽一のこと ニューズウィーク (2018年9月6日 18時00分)

<メディアに引っ張りだこの若き科学者、落合陽一は自分に対する評価をどう見ているのか、理解されない孤独を感じることはあるのか......。本誌9/4発売号「『嫌われ力』が世界を回す」未収録のインタビュー>※本誌9/11号(9/4発売)は「『嫌…続きを読む

目先の見栄やこだわりは要注意。差し押さえになった「憧れの注文住宅」とは?<不動産執行人は見た13> HARBOR BUSINESS Online (2018年9月6日 15時32分)

「注文住宅」――。 それは多くの人にとっては憧れの最終形態であり、自分で間取りや建材を選べる楽しさからも人気は高い。とは言え、差し押さえ・不動産執行の現場で出会う「注文住宅」は、人々の想像とは程遠い。その残念さ加減も多様だ。 例えば多くの奥…続きを読む