『ランニングホームラン』に関するニュース(285件)

『ランニングホームラン』の話題をまとめてお届け。『ランニングホームラン』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

約10年ぶりにグラビア界に復帰! 遠野舞子「アイドル歌手時代、実は安室奈美恵さんが同期だったんです」 週プレNews (2018年9月22日 6時20分)

濃厚フェロモンをまとい、セクシー女王・遠野舞子が帰ってきた!9月22日(土)発売の『週刊プレイボーイ』41号で、約10年ぶりにグラビア界に復帰した遠野舞子さん。アイドル歌手としてデビューし、30代はセクシーグラビアで一世を風靡したレジェンド…続きを読む

“本家”ソフトB松田が使用許可「レオの熱男」山田遥楓の反応は? 東スポWeb (2018年9月21日 16時30分)

ソフトバンク、日本ハムとの“5番勝負”全勝を含む6連勝で優勝マジックを9としている西武は20日のロッテ戦(ZOZO)を雨で流し、9連戦にひと息が入った。 この日、先発予定だった菊池雄星投手(27)はランニング、キャッチボールなどの調整を行…続きを読む

バレンティン 過去の自分を超える! 東スポWeb (2018年9月19日 16時30分)

ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(34)が「日本記録イヤー超え」を高らかに宣言した。18日は神宮外苑で行われた全体練習に参加。ランニングなどのメニューは軽めだったが、打撃練習では快音を響かせた。 残りは15試合。現在、チームは…続きを読む

【MLB】ド軍外野手が粋な“ファンサービス”!? 背走好捕→男性とグータッチ「いい男」 Full-count (2018年9月18日 23時10分)

ピーダーソンからグータッチを要求、ファンも称賛「素晴らしい!」 ドジャースのジョク・ピーダーソン外野手が、17日(日本時間18日)のロッキーズ戦で大飛球を好捕した後、外野スタンド最前列に座っていたファンと「グータッチ」を交わす粋な“ファンサ…続きを読む

10年ぶりVキーマンの西武・外崎 復帰のメド立たず 東スポWeb (2018年9月14日 16時30分)

西武10年ぶりVのキーマン・外崎修汰内野手(25)の復帰時期が不透明であることが13日、分かった。 左腹斜筋の張りのため4日に出場選手登録を抹消。抹消から10日目となったこの日、西武第二球場で別メニュー調整を行うその表情に笑顔はなかった。…続きを読む

西武・外崎 14日からの9連戦での復帰は絶望的 東スポWeb (2018年9月13日 14時46分)

西武10年ぶりVのキーマン・外崎修汰内野手(25)の復帰時期が不透明であることが13日、分かった。 左腹斜筋の張りのため今月4日に出場選手登録を抹消された外崎。抹消から10日目となったこの日、西武第二球場で別メニュー調整を行っていたその表…続きを読む

プロ野球選手が教える俺達のココを見ろ! 【~東北楽天(ファーム)編~】 Full-count (2018年9月13日 8時10分)

来季以降の躍進が期待される楽天の若手選手たち 8月の戦いを終えたプロ野球はリーグ優勝から順位争い、個人タイトルレースまでも佳境を迎えた。注目が集まるのは1軍で活躍する選手のプレーだが、ファームで牙を研ぐ選手に目を向けると、その個性も実に魅力…続きを読む

【MLB】大谷翔平はイチローの足跡を「どこまでたどれるか」 米経済誌が特集記事 Full-count (2018年9月13日 7時10分)

元AP通信のベテランスポーツ記者が長文を寄稿 投手としては右肘に新たな靭帯の損傷が発見されながらも、打者として活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手が、早くもイチローの“後継者”として期待されている。米経済誌フォーブス電子版が、「オオタニはイ…続きを読む

ウェアラブル元年にはヘルステックの萌芽も。1分で振り返る、2015年のヒット記事 ライフハッカー[日本版] (2018年9月12日 20時00分)

ライフハッカー[日本版]も開設から祝10周年!そこで、これまでの歩みを2008~2017年にかけて1年ずつ振り返っています。2015年は北陸新幹線の整備が進み、東京・金沢間が2時間半で行き来できるようになりました。2023年春には金沢から福…続きを読む

中日投手陣「最下位」から先発陣の一角へ 藤嶋健人の挫折と成長 文春オンライン (2018年9月12日 11時00分)

「悔しいし、情けない」 藤嶋健人は去年の今頃をそう振り返る。試合出場メンバーから外れ、遠征にも帯同しない。戦力ではなかった。「午前はアップしてキャッチボール。ブルペン後、ノックとランニング。午後は個別練習とウエイトトレーニング。キャンプのよ…続きを読む

アジア大会出場の野球新興国・ラオスを指導するのは韓国球界のレジェンド Full-count (2018年9月12日 8時10分)

現役時代は韓国初の三冠王に輝いた李萬沫氏 現在、インドネシアで行われているアジア競技大会の野球競技は10の国と地域が参加しており、26日からはグループラウンドが始まった。それ以前にラオス、タイ、スリランカによる予選ラウンドが行われ、特にラオ…続きを読む

田中が一発勝負のワイルドカードゲーム先発に急浮上 東スポWeb (2018年9月10日 16時30分)

【ワシントン州シアトル9日(日本時間10日)発】ヤンキースの田中将大投手(29)は9日(同10日)、グラウンド上でポール間のランニングとキャッチボールと軽めの調整だった。ランニング中には、マリナーズとマイナー契約を結び現在リハビリ調整中の岩…続きを読む

【MLB】右肘不安も打撃好調の大谷に敵将賛辞 「誰もが見たいエキサイティングな男」 Full-count (2018年9月10日 10時54分)

ホワイトソックスのレンテリア監督から絶賛された大谷 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・DH」でスタメン出場。8回に快足を飛ばして“右前二塁打”を放った。7試合連続ヒットで、スタメンでは10試合…続きを読む

【MLB】元サイ・ヤング賞投手も驚かせた大谷翔平の“高速三塁打”「これはロケットだ!」 Full-count (2018年9月9日 22時40分)

本塁を目指す勢いで快足を飛ばした大谷 エンゼルス大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、敵地ホワイトソックス戦で9回の第5打席に走者一掃の右翼線三塁打を放った。満塁ランニングホームランが狙えるかという高速の打球に、敵地メディアは「これはロケット…続きを読む

【MLB】絶好機で期待を裏切らない、大谷翔平の3点三塁打にファン感激「勝負強すぎる」 Full-count (2018年9月9日 19時22分)

苦手左腕から右翼線ギリギリに入るタイムリー 8日(日本時間9日)の敵地ホワイトソックス戦では4試合連続ホームランこそ逃したものの、今季18度目のマルチ安打を記録したエンゼルス大谷翔平投手。9回の第5打席に放った走者一掃の右翼線三塁打は、もう…続きを読む

【MLB】大谷翔平の高速三塁打に球団OBが思わず前のめり「ランニングホームランか!?」 Full-count (2018年9月9日 14時30分)

9回無死満塁から右翼線ギリギリに入る三塁打で3打点 エンゼルス大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、敵地ホワイトソックス戦で9回の第5打席に走者一掃の右翼線三塁打を放った。満塁ランニングホームランかという高速の打球に、メジャー通算132勝のエ…続きを読む

甲子園を沸かせたスターたちが侍ジャパンU-18に選出。名手がそろうショートは誰が守るのか? 週プレNews (2018年9月3日 6時10分)

100回記念大会の甲子園が開幕した同日、侍ジャパンU-18の代表メンバーが発表されたこの中の誰がショートを守るのか――。第100回全国高校野球選手権大会が閉幕した8月21日、侍ジャパンU-18代表のメンバーが発表された。事実上の「高校日本代…続きを読む

池田高・蔦文也監督が選手たちに頭を下げた「あの夜」【夏の甲子園100回! ベストシーン】 文春オンライン (2018年8月19日 7時00分)

今年で第100回を迎えた“夏の甲子園”。その 100年を超える歴史は名勝負の歴史でもあります。波乱・衝撃、旋風、怪物、ライバル、そして大逆転・・・・・・。「甲子園」というフレーズだけで、さまざまな場面がよみがえってきます。そのなかから、もう…続きを読む

元巨人・桑田氏がランニング本塁打 自ら率いる軟式野球チームを勝利に牽引 Full-count (2018年8月12日 21時08分)

初回は投手で3者凡退、2回からは遊撃で華麗な守備披露 軟式野球の第4回MLBドリームカップ東京Aブロック決勝(12日・大宮けんぽ球場)で、元巨人のエース桑田真澄氏がプレーイングマネジャーを務める桑田パイレーツが、2度目の出場で初めてブロック…続きを読む

桑田パイレーツがクロマティ軍を撃破! 軟式野球のブロック代表権を初獲得 Full-count (2018年8月12日 20時47分)

桑田真澄監督自らランニングホームランで貢献 巨人の黄金期を支えた投打の柱がファイナルで激突した。軟式野球の第4回MLBドリームカップ全国決勝トーナメントの出場権を懸けた都道府県予選、東京Aブロック決勝が12日、さいたま市の大宮けんぽ球場で行…続きを読む

【ソフトボール】日本がカナダを破り、決勝でアメリカと再戦 宇津木監督「今日は上野で勝負」 Full-count (2018年8月12日 16時13分)

ダブルヘッダーで連投を示唆、「上野の413球」再びか… 2大会ぶりの世界一へ、日本が実力を示した。第16回世界女子ソフトボール選手権は12日、ZOZOマリンスタジアムで3位決定戦が行われ、日本はカナダに3-0で勝利。敗者復活でアメリカとの決…続きを読む

甲子園を震わせた!都道府県別「歴代・スゴすぎる強豪校」(2)バットを振らずに伝説を アサ芸プラス (2018年8月11日 17時56分)

手束氏が、「歴代の強豪校を見ても、群を抜いて強かったチームの一つ」 と絶賛するのが、西東京代表として11年に6試合連続2桁安打を記録し、優勝まで一気に駆け抜けた日大三だ。「01年に次いで2度目の戴冠となりましたが、その時よりも数段強かった…続きを読む

「夏の甲子園第29回大会」小倉中優勝で初めて優勝旗が関門海峡を越えた! アサ芸プラス (2018年8月10日 9時59分)

春夏の甲子園史上、初めて優勝旗が関門海峡を渡ったのが、戦後2回目の夏の選手権となった1947年の第29回大会だった。その快挙を成し遂げたのが、同年春の選抜準優勝校・小倉中(現・小倉=福岡)である。チームの中心となったのは、エース・福島一雄…続きを読む

【高校野球】創志学園・西、圧巻の16K無四球完封 横浜も零封勝ちで花咲徳栄と激突へ Full-count (2018年8月9日 21時08分)

下関国際は甲子園初勝利、興南は投打かみ合っての快勝 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第5日は4試合が行われた。第3試合では、創志学園(岡山)の2年生エース・西純矢がMAX149キロを計測。毎回の16奪三振、無四球完封で選抜大会8強の…続きを読む

【高校野球】横浜、大技小技を自在に繰り出し快勝 2回戦で昨夏覇者の花咲徳栄と激突 Full-count (2018年8月9日 9時54分)

愛産大三河を投打に圧倒、先発の板川は8回4安打無失点の快投 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第5日、第1試合は横浜(南神奈川)が愛産大三河(東愛知)を投打に圧倒。7-0で勝ち、2回戦で第4日第4試合で勝ちあがった昨夏の覇者・花咲徳栄…続きを読む

【MLB】田中将大、5回途中1失点で無念の降板…Aロッドと敵将が称えた“ある能力” Full-count (2018年8月7日 10時15分)

解説のAロッドと敵将がそろって称賛「メジャー最高の走れるチームを無効化」 ヤンキース田中将大投手は5日(日本時間6日)の敵地レッドソックス戦に先発し、4回2/3を1被弾を含む6安打1四球9奪三振1失点(自責1)だった。ヤンキースは延長10回…続きを読む

熱中症の被害者が出ても、夏の甲子園が絶対になくならない事情 ITmedia ビジネスオンライン (2018年8月7日 8時15分)

夏の甲子園が始まった。 今年はどんな感動のドラマが生まれのるかワクワクして、仕事にまったく手がつかない。そんな全国ウン千万の甲子園ファンのうれしい悲鳴が聞こえてきそうだが、実はみなさんの盛り上がりに水を差すような意見がネットの一部で盛り上…続きを読む

桑田真澄、清原和博との思い出語る - PL時代の葛藤と運命の分岐点 マイナビニュース (2018年7月31日 10時30分)

PL学園の“KKコンビ”として語り継がれる桑田真澄と清原和博の知られざる葛藤と伝説が、31日のNHK BSプレミアムのドキュメンタリー番組『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』(毎週火曜21:00~)で放送される。1982年8月20日、当時…続きを読む

【2018年高校総体】ソフトボール 神田女学園高等学校 進路のミカタ (2018年7月27日 10時37分)

6年ぶりにインターハイ出場を決めた神田女学園高等学校。全国の舞台では「一日でも長く、チームメイトとプレーすること」が目標だそうです。今回は金井美穂主将(3年)、近葉舞優さん(3年)、阿諏訪茜さん(3年)の3名に、普段の練習で心がけていること…続きを読む

【高校野球】中央学院が夏の甲子園初出場! “二刀流”大谷が先制打&勝ち越し弾 Full-count (2018年7月26日 12時15分)

大谷は「4番・右翼」で出場し、攻守で大活躍 第100回全国高校野球選手権記念大会は26日、西千葉大会で決勝戦が行われ、中央学院が6-2で東京学館浦安を下し、夏の甲子園初出場を決めた。中央学院は今春の選抜に出場しており、春夏連続出場となった。…続きを読む