『中村八大』に関するニュース(39件)

『中村八大』の話題をまとめてお届け。『中村八大』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

純名里沙がギターの名手と贈る大人のためのコンサート チケットぴあ (2018年8月10日 17時00分)

歌手・女優の純名里沙が、ブラジリアン・スタイルの奏法で知られるギタリスト笹子重治のプロデュースでこの春リリースしたアルバム『う・た・が・た・り』。純名が「古語辞典から選んだ」というタイトルが表すとおり、柔らかい歌声で 物語の情景を浮かび上が…続きを読む

小室哲哉のどこが“天才”だったのか? 女子SPA! (2018年1月22日 8時46分)

1月19日の会見で突然発表された小室哲哉(59)の引退。週刊文春が報じた不倫騒動から急転直下、予想外の結末を迎えました。 くも膜下出血で倒れた妻KEIKO(45)の介護に加え、自身も肝炎や突発性難聴を患うなどしていたようで、「ちょっと疲れ…続きを読む

<コラム>「上を向いて歩こう」の中村八大が通った青島の中学を訪ねる レコードチャイナ (2017年10月1日 15時20分)

山東省青島市青島湾を臨む小魚山から西に下ると中国海洋大学の正門に至る(写真1)。正門から見える建物が旧制青島中学であった(写真2)。門柱は昔のままである。青島守備隊大谷中将の命令で、青島日本中学校が1917年(大正6年)、旭ケ丘(ドイツ・イ…続きを読む

観てから読んでも!読んでから観ても!音楽と映画を愛するすべての人に贈る「MY LITTLE HOMETOWN 茅ヶ崎音楽物語」 PR TIMES (2017年9月28日 12時57分)

映画『茅ヶ崎物語』の主演であり、サザンオールスターズの名付け親、宮治淳一の集大成がここに!さらに茅ヶ崎での映画上映延長も決定!! ニューアルバム『がらくた』が音楽シーンに旋風を巻き起こしている桑田佳祐も出演する映画『茅ヶ崎物語 ~MY LI…続きを読む

美輪明宏の「美少年伝説」 三島由紀夫が思わず吐いた言葉とは? BOOKSTAND (2017年7月18日 17時00分)

2012年と2015年の「NHK紅白歌合戦」で放送禁止歌とされた『ヨイトマケの唄』を歌い、お茶の間に衝撃と称賛をもたらした圧倒的な歌唱力と存在感。そして、あの戦後を代表する作家・三島由紀夫に「天上界の美」とまで言わしめた人物――。 その人…続きを読む

佐藤剛による新刊『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』発売記念トークライヴ開催決定 OKMusic (2017年6月14日 18時30分)

佐藤剛が6月14日に文藝春秋より出版した新刊『美輪明宏と 「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』の発売を記念したトークライブが、NPO法人ミュージックソムリエ協会と渋谷・大盛堂書店様と共催で、7月1日(土)に先着30名限定で…続きを読む

佐藤 剛の新著『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』が6月に発売 OKMusic (2017年5月26日 17時00分)

NPO 法人ミュージックソムリエ協会会長の佐藤 剛の著作による書籍、『美輪明宏と 「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』が、6月14日に文藝春秋より出版されることがわかった。【その他の画像】美輪明宏『上を向いて歩こう-奇跡の…続きを読む

<音楽はシノギ>日本ではなぜ「スタンダードナンバー」が生まれないのか? メディアゴン (2017年3月8日 7時30分)

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]***東京オリンピックのあった1964年(昭和39)頃のことである。中学生であった筆者はアメリカには「スタンダード・ナンバー(standard number )」というものがあると知った。これ…続きを読む

「音楽不況」の今、アーティストがむしろ生き残れる理由 ニューズウィーク (2017年1月30日 19時49分)

<「最近のヒット曲ってなに?」を出発点に音楽業界の状況やメディアのあり方、J-POPの変遷を検証した『ヒットの崩壊』は、多くの共感を得られた1冊>『ヒットの崩壊』(柴 那典著、講談社現代新書)は、「ヒット」という角度から、音楽業界の状況やメ…続きを読む

紅白“グダグダ演出”に批判続く…演出ナシでは持たない根本問題 女子SPA! (2017年1月5日 9時00分)

昨年の紅白歌合戦が物議を醸しています。ほとんどは演出面について。『シン・ゴジラ』からピコ太郎と、昨年の流行りものを詰め込んだ出し物はどれも消化不良で、目玉だったタモリとマツコ・デラックスの小芝居も不発に終わったのです。 長時間に及んだ“グ…続きを読む

ジャニーズと戦後日本のメディア・家族(前編) ニューズウィーク (2016年12月28日 6時32分)

論壇誌「アステイオン」85号(公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会編、CCCメディアハウス、11月29日発行)から、周東美材・東京大学大学院情報学環特任助教による論考「いつも見ていた『ジャニーズ』――戦後日本のメディアと…続きを読む

PUSHIM、4年ぶりのカバーアルバムよりショートMV8本を制作 OKMusic (2016年11月16日 15時00分)

PUSHIMが11月16日に発売する約4年ぶりのカバーアルバム『THE ノスタルジックス』より、ボーナストラックを除く8曲分のショートMVの制作が決定した。【その他の画像】PUSHIMプロデューサー陣に、MURO、HOME GROWN、韻シ…続きを読む

井上陽水、万雷の拍手でオーチャードホール2daysが終了 OKMusic (2016年10月13日 19時00分)

今年9月、よこすか芸術劇場公演を皮切りに“井上陽水 コンサート2016秋「UNITED COVER 2」"と題して昨年に引き続き、今年も全国ツアーをスタートした井上陽水。東京、渋谷Bunkamura オーチャードホールでのコンサートが2da…続きを読む

「山田くんの座布団、実は自前説」不確かな「笑点」50年目トリビアを追う エキサイトレビュー (2016年8月18日 10時00分)

ここで50周年を記念いたしまして、なぞかけをひとつ。「『笑点』とかけまして、唐辛子と解きます」そのこころは……「七色の味わいです」あっ!山田忘れた!(『笑点五〇年史 1966-2016』前口上:桂歌丸)1966年の放送開始以来、今年で50年…続きを読む

六八九トリオとは何か? ビーカイブ (2016年7月30日 19時40分)

作家でタレントの永六輔さんの訃報が7月11日に報じられました。実際は7月7日に亡くなっていたようです。永六輔さんはタレントとしてでなく、作家やエッセイスト、あるいは作詞家など幅広い活躍を見せていました。六八九トリオとは?なかでも作詞家として…続きを読む

桑田佳祐『ヨシ子さん』2位に歓喜 アナログ盤初披露 あの名曲とかぶせて流すハプニングも! TechinsightJapan (2016年7月20日 16時00分)

桑田佳祐が自身のラジオ番組で、6月29日にリリースしたシングル『ヨシ子さん』がオリコンチャートで初登場で2位となったことについて「スタッフの、ファンの皆さまのおかげであります」と感謝、さらに7月27日発売の同曲アナログ盤をオンエアした。リス…続きを読む

永六輔さん次女・永麻理アナが会見 最後の言葉はアイス食べ「おいしいね」 東スポWeb (2016年7月11日 22時27分)

多方面で活躍したタレント・永六輔さん(享年83)が7日に死去したことを受けて、次女でフリーアナウンサーの永麻理(54)が11日、東京・赤坂のTBSで会見した。 直接の死因は肺炎だが、担当医師は「老衰といっていい状況」とも話した。まさにその…続きを読む

『昭和のスターとアイドル展』、5月に日本橋三越本店にて開催決定! コンサートや屋上ライブも OKMusic (2016年4月4日 20時30分)

5月3日(火・祝)~5月9日(月)の期間、日本橋三越本店新館7階ギャラリーにて『昭和のスターとアイドル展』が開催されることがわかった。【その他の画像】小泉今日子今なお新たに発見され続けている昭和の歌謡曲は、日本のポピュラー音楽の財産。昭和と…続きを読む

作家になったのは永六輔を見返すため? 野坂昭如『マスコミ漂流記』 エキサイトレビュー (2015年12月31日 9時50分)

今年、創設から80年を迎えた芥川賞と直木賞。7月発表の上半期の芥川賞にはお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の『火花』が選ばれ、今年最大のベストセラーとなった。もっとも芥川賞・直木賞の歴史をひもとけば、芸能・マスコミ関係者の受賞はけっして珍しくは…続きを読む

中村八大の音楽を大友良英がナビゲート! ゲストに福原美穂や二階堂和美、リトグリら AOLニュース (2015年10月27日 20時15分)

偉大な功績を遺した音楽家、中村八大の音楽の世界を大友良英がナビゲートするイベント「21世紀の『上を向いて歩こう』Young person's guide to'Hachidai-san'」が文化の日、11月3日(火)にKAAT神奈川芸術劇場…続きを読む

リトグリ、福原美穂、二階堂和美などが出演する「21世紀の『上を向いて歩こう』Young person’s guide to ‘Hachidai-san’」が開催 イータレントバンク (2015年10月27日 15時49分)

偉大なるミュージックマンだった中村八大の音楽の世界を大友良英のナビゲートでお送りするイベント、「21世紀の『上を向いて歩こう』Young person’s guide to ‘Hachidai-san’」が11月3日(火)の文化の日に神奈川…続きを読む

中村八大の音楽と世界を新世代へ! 「21世紀の『上を向いて歩こう』」コンサートの開催迫る! OKMusic (2015年10月20日 17時30分)

戦後、昭和の音楽界に偉大な足跡を残したミュージックマン 中村八大。彼の生み出した音楽と世界を21世紀に繋いでいこうという趣旨のもと、11月3日の文化の日に「21世紀の『上を向いて歩こう』」と題し、サブタイトルに「Young person's…続きを読む

薬師丸ひろ子、ビルボードライブ東京でのライブ映像「Premium Acoustic Night 時の扉 ~Look For A Star~」発売 PR TIMES (2015年10月8日 9時41分)

「Woman“Wの悲劇”より」YouTube映像本日配信スタート!ユニバーサルミュージック合同会社(本社:東京都港区、社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、ユニバーサル ミュージック)は、2014年12月に東京・六本木のビルボー…続きを読む

「六輔その新世界」最終回。82歳・元祖フリートーク「永六輔」はもはや「ラジオの精霊」なのか エキサイトレビュー (2015年9月26日 10時50分)

TBSラジオで1991年4月から24年半放送されてきた「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」(午前8時30分~午後1時)が、きょう9月26日の放送をもって終了する。同番組でメインパーソナリティを務めるタレント・永六輔は今年82歳。し…続きを読む

ミュージックソムリエ協会会長に佐藤剛氏が就任し、「昭和歌謡2000曲」プロジェクトが発足 OKMusic (2015年6月11日 19時00分)

NPO法人ミュージックソムリエ協会の会長に佐藤剛氏が就任し、同時に「昭和歌謡2000曲」プロジェクトを立ち上げたことが発表された。佐藤剛氏はプロデューサーとして甲斐バンドやTHE BOOM、中村一義などのプロデュースの他、近年は由紀さおり&…続きを読む

ヒデキ、還暦! 高倉健、勝新太郎から前田敦子、高橋みなみまで。未年生まれの著名人列伝 エキサイトレビュー (2015年1月3日 10時50分)

2015年は未年。ということで、午年だった昨年に続き、今年も年男・年女の著名人をあげてみたい。未は十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の一つだが、昔の人はこれに十干(じっかん。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)を組…続きを読む

名曲「上を向いて歩こう」がオリー・マーズとオノ・ヨーコによって新たに生まれ変わり、世界初披露! ガジェット通信 (2014年2月19日 18時00分)

2月18日、赤坂ブリッツにて行なわれたUKポップスター オリー・マーズのジャパン・ツアー初日公演で、名曲「上を向いて歩こう」が、オリー・マーズとオノ・ヨーコ氏によって生まれ変わった「Look At The Sky」という新たなスタンダード・…続きを読む

ロケットニュース24読者が推薦する「ベースラインがカッコいい日本の名曲」26選 ロケットニュース24 (2013年8月17日 8時00分)

以前、『ベースラインがカッコいい歌謡曲・演歌15連発』という記事をお伝えした。新たな曲の楽しみ方にウンウンと頷く読者も多かったが、「この曲が入ってないとはどういうことだーッ! 喝ッ!!」とモノ申す読者がいた事も事実である。ということで彼らの…続きを読む

2013年6月15日、坂本九「上を向いて歩こう」がアメリカで1位になって50年の記念日にコンピレーションCDを発売 PR TIMES (2013年6月15日 10時29分)

永六輔作詞・中村八大作曲、そして坂本九が歌う「上を向いて歩こう」が「SUKIYAKI」というタイトルで、アメリカで最も権威ある音楽ヒットチャートであるビルボードの1位に輝いたのが1963年6月15日。日本語で歌われビルボードのトップに輝い…続きを読む

大友克洋の新作映像も! 映画『SHORT PEACE』予告編が解禁! ぴあ映画生活 (2013年5月10日 10時00分)

大友克洋監督、9年ぶりの新作『火要鎮』を含むアニメーション4編をまとめた映画『SHORT PEACE』の予告編映像が公開された。『SHORT PEACE』予告編『SHORT PEACE』で上映されるのは、大友監督の『火要鎮』、森田修平監督の…続きを読む