『亀井静香』に関するニュース(173件)

『亀井静香』の話題をまとめてお届け。『亀井静香』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

安倍首相に官邸で韓国親北議員を紹介した“女エージェント” 文春オンライン (2018年7月4日 16時00分)

昨年6月22日、韓国の国会議員ら10数名が首相官邸を訪れ、午後3時半から約30分間にわたり、安倍晋三首相を表敬訪問した。「週刊文春」の取材によれば、この表敬訪問をアレンジしたのはA氏という50代の日本人女性だった。「アテンド役を担ったのは…続きを読む

大ベテラン議員に学ぶ、安倍首相の発言を「なかったこと」にする方法 文春オンライン (2018年6月28日 7時00分)

相次いで安倍晋三首相に都合の悪い発言がなかったことに――。6月7日には柴山昌彦自民党筆頭副幹事長が、財務省の森友公文書改ざんは「国会における総理の答弁が少なくともきっかけになったことは紛れもない事実」と発言し撤回。その矢先、衆院予算委員長…続きを読む

野党1年生が国会議事堂で小泉進次郎をにらみつける理由 文春オンライン (2018年6月15日 7時00分)

#1[ 絶望から生まれた幻の「新党ゼロ」は何を訴えたかったのか ]から続く◇ ◇ ◇ 安倍政権の支持率低下と反比例して浮上していく小泉進次郎の人気。全国的な世論調査の中では「次の総理にしたい人」として首位になることも増えてきた。マスメディア…続きを読む

中西・日立会長、安倍首相を批判…企業への賃上げ介入に「賃金は労使で決めるもの」と不快感 ビジネスジャーナル (2018年6月8日 0時05分)

5月末に退任した日本経済団体連合会の榊原定征・前会長は、経団連の地位をずいぶん下げた。「安倍晋三首相のポチ」と呼ばれ、「政府と経済界は自動車の両輪」がモットーだった。ちなみに、亀井静香・元代議士は最近、安倍首相に会い「トランプ大統領のポチ…続きを読む

米朝首脳会談、安倍首相は発言が「行ったり来たり」と韓国紙、「日本外しに焦り」とも レコードチャイナ (2018年6月2日 16時10分)

2018年6月1日、米国と北朝鮮の首脳会談をめぐる安倍晋三首相の発言を韓国紙が「行ったり来たり」と皮肉っている。トランプ大統領が中止を打ち出した際は「支持」したものの、一転して会談の実現可能性が高まると「強く期待」に変わったと指摘。「日本外…続きを読む

日大アメフト問題と暴力団、危機管理学部の闇!亀井静香はなぜ「理事長の用心棒」になったのか!? TOCANA (2018年6月2日 8時30分)

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題は収束の兆しを一向に見せず、ついに内田正人氏はアメフト部監督のみならず、日大常務理事辞任に追い込まれた。一連の騒動により改めて日大の体質、さらに2016年に新設された危機管理学部に焦点が当…続きを読む

日大騒動で話題「危機管理学部」は安倍首相が旗振り役だった! 加計学園に作らせ、警察・自衛隊の天下り学会の名誉会長も リテラ (2018年6月1日 18時00分)

日本大学のアメフトタックル問題で「危機管理学」がにわかに注目されている。周知の通り、日大には危機管理学部なる珍しい学部があるのだが、タックル問題での日大上層部の対応のお粗末さが満天下に示されるや、「危機管理学部があるのにまったく危機管理が…続きを読む

大物警察OBが出席 日大「危機管理学部」式典の記念写真 文春オンライン (2018年5月30日 16時00分)

2016年、創立130周年事業の一環として新設された日大の「危機管理学部」。同年4月2日、渋谷区内のホテルで開かれた開校祝賀会には国松孝次元警察庁長官、元警視総監の野田健氏、警察官僚出身で前衆議院議員の亀井静香氏らが参加。「週刊文春」取材…続きを読む

内田前監督を守る"日本大学のドン"の闇社会、警察人脈...山口組、許永中から元警察庁長官まで リテラ (2018年5月25日 23時30分)

日大アメフト部の危険タックルをめぐる騒動が依然として収束しない。それはもちろん日本大学とその上層部の対応がひどすぎるからだ。 20歳になったばかりの加害者学生が実名・顔出しで「潰せと指示があった」と告白したにもかかわらず、日大も内田正人前…続きを読む

「国民の敵」罵倒の自衛隊三佐の弁明で明らかになった"クーデター"より恐ろしい事態! 自衛隊で進む"安倍私兵化" リテラ (2018年4月28日 19時00分)

やっぱりと言うか、なんと言うか。自衛隊統合幕僚監部に所属する三等空佐の"「国民の敵」罵倒問題"で、ネット右翼が民進党の小西洋之参院議員を「捏造」「嘘つき」「国賊」と炎上させている。 周知の通り、防衛省が24日に発表した調査の中間報告によれ…続きを読む

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 村山富市・ヨシヱ夫人(上) 週刊実話 (2018年4月23日 11時00分)

少数与党の「非自民」政権の羽田孜首相が退陣したことで、後継は比較第1党の自民党総裁の河野洋平というのが一般的見方だったが、自民党内に動きが出た。それまでの自民党政権が資本主義の強固な論理に突っ走り、物質文明に傾斜していたことに反発のあった…続きを読む

森友学園疑惑で露呈した「正統性(legitimacy)の危機」に処方箋はあるのか 文春オンライン (2018年4月15日 11時00分)

▼〈耕論 政官不全の処方箋は〉3月17日、朝日新聞(語り手=亀井静香、小黒一正、牧原出) 森友学園をめぐる疑惑で国政が大きく揺らいでいる。つい先日まで「安倍一強」が取り沙汰されていたが、政治の世界は「一寸先は闇」である。それにしても朝日新聞…続きを読む

若き黒柳徹子のおっぱいTにドキッ/46歳で出産の女優セキララに語る<今週の見逃しニュース> 女子SPA! (2018年4月14日 15時46分)

今週は風の強い日が多かったですね。花粉とのダブルパンチでうんざりしている人も多いのでは? 穏やかな春らしい日が年々減ってきているような。 では、どうでもいい芸能ニュースを振り返りましょう。◆①黒柳徹子の胸があらわ!?若き日の大胆なTシャツ…続きを読む

日本酒を飲んで記者会見? 小泉純一郎が初めて語った、政治の「裏側」 週プレNews (2018年3月21日 6時00分)

「変人総理」と呼ばれた元首相・小泉純一郎氏が76歳にして初めて自らの政治遍歴を振り返って語った『決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金』(集英社刊)。2000年代を彩った大物政治家による「聖域なき回想録」ということで注目を集め、発売から10日…続きを読む

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 宮澤喜一・庸子夫人(下) 週刊実話 (2018年3月19日 11時00分)

宮澤夫妻の出会いは、昭和14年(1939年)夏、喜一が東京帝国大学、庸子が東京女子大学に入学して間もなくの「日米学生会議」がキッカケだった。共に優秀な学生として、日米の学生交流のメンバーに選抜されたのであった。当時のことゆえ渡米は船旅で、…続きを読む

元側近・鈴木宗男氏が明かす“影の首相”野中広務氏の政治家魂 東スポWeb (2018年1月27日 17時00分)

官房長官や自民党幹事長など要職を歴任した野中広務(のなか・ひろむ)氏が26日、死去した。92歳。昨年から病気療養中だった。「政局の裏に野中あり」といわれ、希代の寝業師だった。野中氏が官房長官時に官房副長官で仕えた新党大地の鈴木宗男代表(6…続きを読む

好景気はいつまで続く?「倒産動向」に浮かぶ不安の影 MONEY PLUS (2018年1月22日 6時45分)

1月18日、日経平均株価が一時、2万4,000円台を突破しました。1991年11月以来、約26年2ヵ月ぶりの大台回復となりました。企業業績も好調そうですので、当然といえば当然なのですが、この先の景気動向を占ううえで参考になるのが「企業の倒産…続きを読む

ご存知ですか? 12月18日は東京湾アクアラインが開通した日です 文春オンライン (2017年12月18日 7時00分)

東京湾を橋とトンネルで横断する自動車専用道「東京湾アクアライン」(千葉県木更津市~神奈川県川崎市、総延長15.1キロ)が開通したのは、いまから20年前のきょう、1997(平成9)年12月18日のことである。この日、木更津側の金田料金所と川…続きを読む

ここで終わるわけにはいかない!「引退パーティ」で怪気炎の亀井静香が熱唱のち訪朝? 週プレNews (2017年12月8日 6時00分)

「私はここで終わるわけにはいかない! 81歳というのはハナタレ小僧ですよ! 第二幕が始まるんですよ!」 11月28日、都内のホテルで開かれた引退パーティでこう吠(ほ)えたのは、亀井静香元金融相。 亀井氏は…続きを読む

“政界の暴れん坊”亀井静香氏 引退の裏に小池氏が! 東スポWeb (2017年11月29日 17時00分)

38年間の政治家人生に別れを告げた“政界の暴れん坊”亀井静香氏(81)が28日、都内ホテルで「“ありがとう”感謝の集い」を盛大に開いた。 亀井氏は先月の衆院選に立候補せず、政界引退を決意した。その裏に、小沢一郎・自由党共同代表(75)、小…続きを読む

禁忌と殺人 なぜ人は「俗」を求めるのか? 文春オンライン (2017年11月18日 17時00分)

「むき出しの好奇心になど屈しない」。待機児童問題について国会で論戦を繰り広げた山尾志桜里、こんどはメディアと戦う意向である。 ことの発端は週刊文春の 「山尾志桜里 イケメン弁護士と『お泊まり禁断愛』」 (9月14日号)で、年下の弁護士とホテ…続きを読む

今日の注目記事ランキング! 10月12日版 エキサイトニュース 話題記事ランキング (2017年10月12日 20時00分)

今注目されているニュース記事をチェック!【1位】 やらかす水原希子、今度は“お尻丸見えショット”をインスタで公開2017/10/11 22:06 インスタグラムに投稿する写真がことあるごとに物議を醸す水原希子が、またもやきわどい写真を載…続…続きを読む

政界引退・亀井静香が作り上げた“政治力”を生かすビジネスモデル 文春オンライン (2017年10月12日 7時00分)

「(当選しても)一緒にやっていく相棒が見つかりません」 地元広島で記者会見を開き、政界引退の理由をこう説明した前衆院議員、亀井静香氏(80)。警察官僚から政界に転じて当選13回、約40年の議員生活は、まさに波乱に満ちたものだった。「そもそも…続きを読む

亀井静香氏が引退 盟友・石原慎太郎氏との超激論エピソード 東スポWeb (2017年10月5日 17時00分)

“政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏(80)が、衆院選に立候補せず、政界から引退することを決めた。 亀井氏は「現在の政治情勢の中で、立候補して当選したとしてもやれることは限られている。国難に立ち向かわなければならない時ではあるが、今の与野…続きを読む

団地はかつて「夢のマイホーム」だった――ひばりが丘団地「夢の跡」#1 文春オンライン (2017年4月22日 11時00分)

「開高健の『ずばり東京』から50年後の東京を描くとしたらどんなテーマを選びますか」と編集部から尋ねられたとき、反射的に「団地」と答えていた。■最先端の「ダンチ」を夢見た子供時代 団塊の世代に育った私にとって、団地はまばゆく輝いている。今では…続きを読む

本当の保守とは思えない。安倍首相の「皇室軽視」を作家・適菜収が喝破する BestTimes (2017年3月28日 20時00分)

「天皇陛下が、自身の退位後は国事行為を皇太子さまに引き継ぐとともに、象徴天皇として取り組んできた公的な活動からも退く意向であることがわかった」(朝日新聞)。 天皇陛下の退位をめぐっては、安倍首相のもとに集まった有識者会議において「退位した天…続きを読む

イノベーションを起こすクレイジーな成功者たちは何の本を読んできたのか? 新刊JP (2017年3月23日 19時00分)

仕事柄、経営者に取材することは少なくない。その中で影響を受けた本を聞くことも多いのだが、確かに「日本の経営者は歴史小説が好き」という定説は頷ける部分がある。もし、もう一つジャンルを挙げるならば、松下幸之助といった日本の名経営者たちの本である…続きを読む

ご存知ですか? 2月24日は昭和天皇大喪の礼が行われた日です 文春オンライン (2017年2月24日 7時00分)

いまから28年前のきょう、1989年2月24日、この年1月7日に崩御した昭和天皇の大喪の礼が、小雨のなか東京の新宿御苑で挙行された。 大喪には国内外から約9800人が参列した。参列した国は164を数え、会場には、就任まもないアメリカのジョ…続きを読む

トランプショック!永田町に蠢く「新大統領利権」発生で「年末総選挙」急浮上!(1)「研究所」を通じたパイプ アサ芸プラス (2016年11月26日 9時55分)

「変なおじさん」が超大国のトップとなり、あらゆる世界が割れようとしている。緊密な関係にあるアメリカの政治“事変”に永田町も大揺れとなり、発生した「新大統領利権」を我が物にするべく駆け引きが始まった! 09年にアメリカ民主党のバラク・オバマ氏…続きを読む

亀井静香氏 トランプ便乗に失敗…実際はアポなし同然だった 東スポWeb (2016年11月14日 17時00分)

米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏(70)と会談しようと渡米していた亀井静香衆院議員(80)は、会談がかなわずに無念の帰国となった。トランプ氏にドタキャンされたといわれているが、実際はアポなし同然だった。 6日に羽田空港から出発する…続きを読む