『原発再稼働』に関するニュース(1,500件)

『原発再稼働』の話題をまとめてお届け。『原発再稼働』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

ホリエモン×ひろゆきが北海道の電力不足問題に「民主主義がいつも合理的な判断ができるわけではない」 週プレNews (2018年10月21日 6時00分)

"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。9月の北海道胆振(いぶり)東部地震後に起きた電力不足問題。前編では、「電気は水と同じくらい貴重なライ…続きを読む

KYB問題物件の公表たった70件 会見も社長姿現さず批判殺到 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年10月20日 15時00分)

免震設備のデータ改ざんで批判を浴びている油圧機器大手のKYBと、その子会社は19日、問題の製品が使用されている建物の物件名を公表するため会見をおこなった。しかし、会見にはKYBの斎藤圭介専務と子会社のカヤバシステムマシナリーの広門茂喜社長…続きを読む

ドタキャン沢田研二の媚びない勇気! ジュリーが歌い続ける反原発と憲法9条への思い リテラ (2018年10月20日 6時57分)

沢田研二が10月17日に予定されていたさいたまスーパーアリーナでのコンサートを開演直前になって「契約上の問題が発生したため」として急きょ公演中止とした件が波紋を呼んでいる。 18日には沢田研二本人が記者らの取材に応じ、観客の不入りや、客席…続きを読む

ドイツで潰えたグリーン電力の夢 ニューズウィーク (2018年10月19日 15時30分)

<脱化石燃料・脱原発の野心的な目標をぶち上げたドイツだが、送電網の再整備が立ち遅れロシアの天然ガス頼みに>今年8月の猛暑の日、ドイツ北部のバルト海沖に浮かぶリューゲン島に数百人のツアー客が集まった。お目当てはビーチではない。アルコナ洋上風力…続きを読む

「泊原発問題」に対し冷静な人々。東日本大震災から7年、反原発運動の情熱はどこへ行ってしまったのか? 週プレNews (2018年10月19日 6時20分)

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、「泊原発問題」に見る反原発運動の失速について語る。* * *9月6日に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震に伴い、北海道全域で電力供給が…続きを読む

世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 ★第291回 北海道の「再開発」が必要だ 週刊実話 (2018年10月18日 23時00分)

9月27日、電気事業連合会(電事連)が「北海道胆振東部地震における大規模停電の発生について」という調査報告書を公表した。電事連は明言していないが、同報告書によって、「泊原発を稼働していれば、全道ブラックアウトは起きなかった」ことが確定した…続きを読む

原子力規制委:東海第2原発の工事計画認可 再稼働に必要 毎日新聞社 (2018年10月18日 19時38分)

原子力規制委員会は18日、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)について、再稼働に必要な手続きの一つである設備の詳細設計をまとめた工事計画を認可した。最長20年間の運転延長を目指す原電は、東京電力福島第1原発事故後に定められた原発の運…続きを読む

東海第2の工事計画認可=運転延長の審査続く―規制委 時事通信社 (2018年10月18日 18時03分)

原子力規制委員会は18日、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)について、設備や機器の詳細設計を記した工事計画を認可した。 再稼働に向けて、40年の運転期限である11月27日までに、運転期間延長の認可が得られるかが当面の課題。日本原電…続きを読む

SUGIZO パレスチナに音楽を!20年越し公演が持つ重大な意味 女性自身 (2018年10月17日 18時55分)

ロックバンド「LUNA SEA」「X JAPAN」のギタリストとして知られるSUGIZO(49)が10月13日、中東のパレスチナ自治区で初のライブを開催した。SUGIZOが「20年前からパレスチナを訪れたいと思っていた。夢がかなった」と英語…続きを読む

[注目トピックス 日本株]東亜バルブエンジニアリング<6466>のフィスコ二期業績予想 Fisco (2018年10月14日 16時15分)

*16:15JST 東亜バルブエンジニアリングのフィスコ二期業績予想※この業績予想は2018年10月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。東亜バルブエンジニアリング3ヶ月後予想株価1,400…続きを読む

九電が初の出力制御 “原発ありき”で太陽光にシワ寄せの愚 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年10月13日 15時05分)

九州電力は13日、太陽光発電などの事業者に対し、発電の一時停止を求める「出力制御」を実施。停止要請は離島を除いて全国で初めてだ。「13日は好天で太陽光発電の供給が増えると予想しました。一方、今の時季は冷暖房が使われない上、週末は工場やオフ…続きを読む

伊方原発:再稼働迫る中の訓練 実効性に疑問の声 大分 毎日新聞社 (2018年10月13日 10時02分)

高齢者避難に不安も 四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の重大事故を想定した大分県の原子力防災訓練が12日、大分市佐賀関などであった。伊方原発は「日本一細長い」とされる佐田岬半島の付け根に立地。事故が起きれば、原発西側の住民約4700人が孤立す…続きを読む

伊方原発:差し止め却下で大分の住民が福岡高裁に即時抗告 毎日新聞社 (2018年10月12日 19時06分)

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求める仮処分申請を却下した大分地裁の決定を不服として、大分県の住民4人が12日、福岡高裁に即時抗告した。 大分地裁決定(9月28日)は、争点となった阿蘇カルデラ(阿蘇山、熊本県)の巨大…続きを読む

住民側が即時抗告=伊方原発差し止め却下で―大分 時事通信社 (2018年10月12日 18時42分)

大分県の住民らが四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請で、住民側は12日、申し立てを却下した大分地裁決定を不服として、福岡高裁に即時抗告した。 大分地裁は9月28日の決定で、原発の新規制基準は合理的と認定。…続きを読む

広島地裁:伊方原発3号機差し止め延長申請、26日決定 毎日新聞社 (2018年10月12日 17時30分)

広島市や松山市の住民が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止め期間の延長を求めた仮処分申請について、広島地裁(藤沢孝彦裁判長)は、26日午前11時に決定を出すと決めた。 3号機を巡っては広島高裁が昨年12月、差し止めを命じる仮…続きを読む

複雑な課題を「賛成か反対か」と二択で問う――トランプ大統領を生んだジャーナリズムの反省と悔恨 週プレNews (2018年10月12日 6時10分)

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、トランプ大統領を誕生させたジャーナリズムの機能不全について指摘する。* * *なぜトランプ大統領が誕生したのか。それはわれわれジャーナリ…続きを読む

四国電力:伊方原発2号機の廃炉工程を提出 毎日新聞社 (2018年10月10日 18時22分)

四国電力は10日、伊方原発2号機(愛媛県伊方町)の廃炉作業の工程をまとめた「廃止措置計画認可申請書」を原子力規制委員会に提出した。廃炉は4段階で2058年度まで約40年かけて実施する。費用は約396億円の見込み。 計画では、約10年かけて…続きを読む

再発防止へ強制停電枠拡充を=復旧、1回目は失敗―北海道停電で検証委 時事通信社 (2018年10月9日 23時43分)

北海道地震による大規模停電(ブラックアウト)の検証を進めている電力広域的運営推進機関(東京)の第三者委員会は9日、再発防止に向け、大規模停電を避ける最終手段とされる強制停電枠の上限拡充を提言する方針を固めた。今月中にまとめる中間報告に盛り…続きを読む

電力需要の8割以上を賄える太陽光発電を原発のために停止要求へ、九州電力が「ブラックアウト回避」を名目に BUZZAP! (2018年10月9日 11時14分)

むしろ推進すべきは太陽光発電ではないでしょうか?詳細は以下から。◆九電「電気が余り過ぎるから太陽光発電を止めろ」以前BUZZAP!でもお伝えした九州電力による「太陽光発電の停止要求」がいよいよ現実味を帯びてきました。まず前提として、九州は日…続きを読む

関西生コン組合トップ狙い撃ち 大型摘発は“平成の大逆事件”か 週刊実話 (2018年10月8日 22時00分)

今年は業界のドンや実力者がヤリ玉に挙げられているが、今度は労働組合だ。 8月28日、全日本建設運輸連帯労働組合関西生コン支部、通称「関ナマ」のトップ・武建一委員長(76)が、傘下の組合と契約するよう、商社の支店長を脅迫したとして、滋賀県警…続きを読む

住民側が特別抗告断念=伊方原発運転容認確定―広島 時事通信社 (2018年10月2日 18時18分)

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を容認した広島高裁決定について、住民側は2日、最高裁への特別抗告を断念したと明らかにした。差し止めの仮処分を認めない判断が確定する。 住民側によると、広島市内で1日、臨時総会を開催。「最高裁で認…続きを読む

四国電力:伊方原発3号機に燃料装着作業を開始 毎日新聞社 (2018年10月1日 11時20分)

四国電力は1日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の原子炉に核燃料を装着する作業を始めた。核燃料は計157体(新燃料50体、再使用107体)。このうち16体がウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料で、プルサーマル発電となる。4日に作業を…続きを読む

森永卓郎の「経済“千夜一夜"物語」 ★経済損失は半分人災か 週刊実話 (2018年10月1日 9時00分)

9月6日に北海道胆振地方を襲った大地震は、とてつもない経済損失をもたらした。その規模は、少なくとも5兆円と、熊本地震の損失(最大4.6兆円)を上回っている。 被害が拡大した最大の要因は、停電が長引いたこと。地震直後から北海道全土で停電が発…続きを読む

近代中国最大のタブー・天安門事件と、なかなか響かない「声」【ブックレビュー】 FINDERS (2018年10月1日 7時00分)

神保慶政映画監督1986年生まれ。東京都出身。上智大学卒業後、秘境専門旅行会社に就職し、 主にチベット文化圏や南アジアを担当。 海外と日本を往復する生活を送った後、映画製作を学び、2013年からフリーランスの映画監督として活動を開始。大阪市…続きを読む

原発停止で電力危機懸念=計画停電回避へ綱渡り―ベルギー 時事通信社 (2018年9月30日 16時33分)

【ブリュッセル時事】ベルギーが11月に電力危機に陥る懸念が浮上している。国内電力需要の約5割を賄う原発7基のうち、6基が修繕や点検作業で運転停止するためだ。政府は未利用の火力発電所の稼働や隣国からの輸入などを検討。国民生活への影響が大きい…続きを読む

野菜と電気を同時に作ることで「生産者の所得を倍増させたい」――"農業界の革命児"がモンゴルに渡ったワケ 週プレNews (2018年9月30日 10時00分)

ファームドゥの岩井社長「農業を支援し、農家の所得向上に貢献する」ことを理念としてきたファームドゥ株式会社。自身も農家の生まれである岩井雅之社長が群馬で1994年に創業した同社は、今年で25周年を迎えた。現在はファームドゥホールディングス(本…続きを読む

北海道の大停電をどう考える?「送電システム」と「電力の一極集中」の改善が必要だ 週プレNews (2018年9月29日 6時10分)

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、地震による北海道の大停電の原因と再発防止法を論じる。* * *9月19日、北海道・苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所1号機(165万kW)が再稼働…続きを読む

伊方原発:巨大噴火の危険性低い…住民側が敗訴 大分地裁 毎日新聞社 (2018年9月28日 21時13分)

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、停止中)の運転差し止めを大分県の住民が求めた仮処分申請で、大分地裁(佐藤重憲裁判長)は28日、住民側の申し立てを却下した。佐藤裁判長は、阿蘇カルデラ(阿蘇山、熊本県)の噴火リスクについて「運用期間中に…続きを読む

伊方原発、差し止め認めず=新基準「合理的」―住民の仮処分申請却下・大分地裁 時事通信社 (2018年9月28日 18時58分)

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の安全性に問題があるとして、住民が運転差し止めを求めた仮処分申請で、大分地裁(佐藤重憲裁判長)は28日、「原発の新規制基準には合理性が認められる」として、申し立てを却下した。住民側は決定を不服として、…続きを読む

伊方原発:運転差し止め認めず 大分地裁 毎日新聞社 (2018年9月28日 16時12分)

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、停止中)について、大分県の住民が運転差し止めを求めた仮処分申請で、大分地裁(佐藤重憲裁判長)は28日、住民側の申し立てを却下する決定をした。四電は10月27日の再稼働に向け、準備を進めるとみられる。 …続きを読む