『小泉元首相』に関するニュース(1,500件)

『小泉元首相』の話題をまとめてお届け。『小泉元首相』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

「衰えていく自分」とどう向き合うべきか――「日本国」と「ベテラン選手」がともに抱える問題について 文春オンライン (2018年10月19日 11時00分)

日韓関係が再び軋みを上げている。注目を浴びているのは、いわゆる旭日旗を巡る問題だ。今月11日に韓国で行われた国際観艦式に際して、韓国海軍は自衛隊艦船が旭日旗を掲げて、これに参加する事を自粛する旨、要求し、これを拒否した海上自衛隊は観艦式へ…続きを読む

“クビになった航空幕僚長”田母神俊雄が語る「麻生さんは僕を守ってくれなかった」 文春オンライン (2018年10月19日 7時00分)

2008年10月に起きた「田母神論文事件」から今年で10年。航空自衛隊トップによる「日本は侵略国家であったのか」論は大問題に発展、田母神氏は辞任に追い込まれました。一体、あの事件は何だったのか。インタビュー中編ではその「運命の日」までを詳し…続きを読む

高齢者バトル"永田町のドン×官邸のドン" プレジデントオンライン (2018年10月18日 15時15分)

■3年後に勝つのはどっちのドンか自民党の歴史で最も盛り上がりを欠いたともいわれる2018年9月20日投開票の自民党総裁選は、連続3選を果たした安倍晋三首相が石破茂元幹事長の「善戦」を許して終わった。早々と続投が報じられた内閣の要である菅義偉…続きを読む

安倍vs玉城新沖縄知事初面談。依然として辺野古移設強行の安倍首相に対し、早期訪米と野党連携で対抗へ HARBOR BUSINESS Online (2018年10月18日 8時32分)

沖縄県那覇市で行われた、翁長雄志前知事の県民葬の3日後の10月12日。玉城デニー沖縄県知事が上京して安倍晋三首相や菅義偉官房長官と初面談、県知事選で支援を受けた野党に挨拶回りも行った。◆安倍首相、改めて辺野古新基地建設推進を強調 安倍首相…続きを読む

また“官邸のご意向”…加計問題のキーマンが文科次官に就任 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年10月17日 15時04分)

文科省は16日、新たな事務次官に、「加計問題」でも名前が挙がった藤原誠官房長の昇格人事を発表した。ロコツな“官邸人事”ともっぱらだ。 実際、職員向けの就任挨拶で早速、藤原新次官は、政権批判を繰り返す前川喜平元次官の著書「面従腹背」を念頭に…続きを読む

「縁談で葬式の話を持ち出すな」日本を非難する金正恩氏の思惑 DailyNK_Japan (2018年10月17日 6時41分)

北朝鮮の金正恩党委員長は、日本との直接交渉を促すトランプ米大統領や韓国の文在寅大統領らに対し、日本には拉致問題で「多くの譲歩」をしており、交渉停滞の責任は日本側にあると反論した――。共同通信は15日、韓国の拉致被害者家族の会代表で北朝鮮内に…続きを読む

小泉今日子、豊原功補との“同棲”報道に見るバーニングとの関係 サイゾーウーマン (2018年10月16日 21時00分)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 来年10 月の消費税増税が閣議決定された。しかし、マスコミも世論もこれまでの消費税アップに比べ…続きを読む

【アジアンドキュメンタリーズ】ドキュメンタリー映画感想文コンクール審査委員長は作家 猪瀬直樹さんに決定! PR TIMES (2018年10月16日 12時40分)

アジアに特化したドキュメンタリー映画を配信するサービス「アンドキュメンタリーズ」(https://asiandocs.co.jp)では、9月から応募受付をはじめた「ドキュメンタリー映画感想文コンクール」の審査委員長に、作家の猪瀬直樹さんをお…続きを読む

中途半端なポストを受けた進次郎の残念さ プレジデントオンライン (2018年10月16日 9時15分)

実に微妙な人事である。自民党総裁3選を受けて安倍晋三首相が行った内閣改造と党役員人事。注目の小泉進次郎氏は党厚生労働部会長になった。「入閣か、無役か」と注目を集めていただけに、中途半端な印象は否めない。なぜ小泉氏は「中途半端なポスト」を自ら…続きを読む

小沢一郎が再び政権奪還へ動く「怒り心頭」小泉親子との共闘 週刊実話 (2018年10月16日 9時00分)

自由党の小沢一郎代表が沖縄県知事選での支援候補・玉城デニー氏の圧勝を受け「2019年は政権奪還年」を宣言、急ピッチで動き出した――。 小沢氏が政権奪還を確信する最大の拠り所を小沢シンパがこう断言する。「沖縄で野党が足並みを揃え知事選に勝っ…続きを読む

沖縄知事選で大敗の安倍政権、米国軍産複合体と強固な関係…玉城知事で基地は「現状維持」 ビジネスジャーナル (2018年10月15日 16時50分)

●(1)玉城デニー氏の大勝はなぜ起こったか、「弔い合戦」と公明党の瓦解 9月30日に投開票された沖縄県知事選で、前自由党衆院議員の玉城デニー氏(58)が、自公が全面支援した前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)ら3氏を破り、初当選を果たした。得票…続きを読む

「YOSHIKI CLASSICAL 2018~紫に染まった夜~YOSHIKI with Philharmonic Orchestra」をYOSHIKI CHANNELにて全編生中継決定! PR TIMES (2018年10月15日 12時40分)

[画像: https://prtimes.jp/i/21123/149/resize/d21123-149-235518-0.jpg ]11月12日(月)、15日(木)の2日間、東京国際フォーラムで開催される「YOSHIKI CLASSIC…続きを読む

翁長前沖縄県知事の県民葬で玉城知事が求めた、安倍首相との面談が実現。しかし「新基地建設の方針に変わりはない」との反応 HARBOR BUSINESS Online (2018年10月15日 8時33分)

◆管官房長官による安倍首相のメッセージ代読で飛び出した「ウソつき!」との怒号 10月9日、沖縄県那覇市で故・翁長雄志前知事の県民葬が行われ、約3000人が参加。安倍首相は現地には現れず、菅義偉官房長官が首相の追悼メッセージを代読した。 追悼…続きを読む

杉村太蔵、「小泉元総理と会った」発言→CMが入ってぶつ切り 番組の不自然な対応に騒然 しらべぇ (2018年10月14日 15時00分)

(ozanuysal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)14日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、杉村太蔵が「これだけは忘れられないハプニング」を語ろうとしたところ、突然CMが入り「ぶつ切り」される…続きを読む

「意外と賛同する人は多いんじゃないの」憲法改正の今後を発言から予測する 文春オンライン (2018年10月13日 7時00分)

  自民党総裁連続3期目となる安倍晋三首相の宿願が憲法改正だ。憲法改正に向けて歩を進める中で、関連する発言も増えてきた。あらためてまとめてみたい。安倍晋三 首相「国会の第一党である自由民主党がリーダーシップをとって次の国会での改正案提出を目…続きを読む

「ポスト安倍」、首位は小泉氏=時事世論調査 時事通信社 (2018年10月12日 15時03分)

時事通信の10月の世論調査で、次の首相にふさわしいと考える人を聞いたところ、小泉進次郎自民党前筆頭副幹事長が26.1%で首位に立った。小泉氏は6月の調査の「次の総裁」でもトップだった。自民党総裁最後の任期に入った安倍晋三首相が16.7%と…続きを読む

沖縄県知事選で問われた「進次郎効果」 幻の知事候補・安里繁信氏に訊く 文春オンライン (2018年10月12日 7時00分)

〈 政治家一族の「プリンス」中曽根康隆は沈黙する小泉進次郎をどう見たか 〉から続く 沖縄県知事選で自民党の“敗因”として取りざたされた街頭演説がある。 それは、9月16日午後14時半頃から、那覇市の沖縄県庁前で始まった。選挙カーの上には、菅…続きを読む

“めげずに初入閣”片山さつきはどうして出世できるのか? 文春オンライン (2018年10月12日 7時00分)

片山さつきが地方創生担当大臣である。05年の郵政選挙の際、小泉自民党の“刺客”として選挙に出て初当選して以来13年、落選したり生活保護批判で世を賑わせたりしてきたが、それがついに初入閣を果たす。ちなみに同期当選には井脇ノブ子や杉村太蔵らが…続きを読む

「日本にも007を!」危機管理のプロ・佐々淳行氏が生前本紙に語っていたこと 東スポWeb (2018年10月11日 17時00分)

旧内閣安全保障室の初代室長を務めた佐々淳行(さっさ・あつゆき)氏が10日午前2時40分、老衰のため都内の病院で死去した。87歳だった。東大卒業後、国家地方警察本部(現警察庁)に入庁した警察キャリア官僚だったが、1972年の連合赤軍あさま山…続きを読む

小泉元首相“ストップ改憲連合”結成 「来年は無理で一致」 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年10月11日 15時08分)

自民党の大物OBがストップ改憲連合を結成だ。10日夜、小泉純一郎元首相が東京・赤坂の料亭で、自民党の山崎拓元副総裁、武部勤元幹事長らと約2時間にわたって会食した。 小泉氏は8日のBS朝日の番組で、安倍首相が意欲を見せる改憲について、「来年…続きを読む

政治家一族の「プリンス」中曽根康隆は沈黙する小泉進次郎をどう見たか 文春オンライン (2018年10月11日 7時00分)

〈 「プリンス」と呼ばれた船田元が読み解く小泉進次郎の苦悩 〉 から続く 自民党の衆院議員には、総裁経験者の子女が小泉進次郎氏のほかに5人いる。 9月に行われた自民党総裁選では鈴木俊一、河野太郎、小渕優子、福田達夫各氏は所属する派閥の方針に…続きを読む

小泉元首相:「19年の改憲は無理」 参院争点化に否定的 毎日新聞社 (2018年10月10日 22時50分)

小泉純一郎元首相は10日夜、東京・赤坂の日本料理店「津やま」で自民党の山崎拓元副総裁、中谷元(げん)元防衛相らと会食した。終了後、小泉氏は「来年に憲法改正なんて無理だ。選挙の争点にしない方がいい。野党と協力してやるべきものだ。そういう話を…続きを読む

国会改革:子育て環境、国会にも 自民若手議員座談会 毎日新聞社 (2018年10月10日 22時16分)

自民党の若手衆院議員4人による国会改革の座談会。後半は女性国会議員の産休・育休の問題などについても話し合った。【司会は政治部長・佐藤千矢子】代理投票が第一歩…加藤氏 --女性が働きやすい国会にするためにはどうしたらいいでしょうか。 加藤鮎…続きを読む

小泉元首相ら自民大物OBの会合 注目の中身は元貴乃花親方の政界進出 東スポWeb (2018年10月10日 18時30分)

小泉純一郎元首相ら“自民党大物OB”が10日に都内の日本料理店で会合を開く。この席では、日本相撲協会を退職し政界進出が噂される元貴乃花親方についても話し合われるという。出席者は山崎拓元同党副総裁、小池百合子東京都知事、武部勤元幹事長と二階…続きを読む

「プリンス」と呼ばれた船田元が読み解く小泉進次郎の苦悩 文春オンライン (2018年10月10日 11時00分)

去る10月2日、菅義偉官房長官が発表した第4次安倍改造内閣の閣僚名簿に、小泉進次郎衆院議員の名前はなかった。一部報道では、自民党筆頭副幹事長の留任が取り沙汰された瞬間もあったが、結局は要職に起用されなかった。 例年この時期に行われる内閣改…続きを読む

ポスト安倍に動き出した「菅官房長官・創価学会」政権 週刊実話 (2018年10月10日 9時00分)

安倍晋三首相の「総裁3選」で内閣改造したばかりの永田町で、早くも「ポスト安倍に向け、水面下で菅義偉官房長官の動きが急ピッチだ」と囁かれ始めた。しかも、こんな意味深長な尾ヒレがつく。「公明党、創価学会の一部幹部と組み、菅政権誕生時のシミュレ…続きを読む

玉城デニー沖縄県知事に「こんな人たち」はいない。初会見で佐喜眞陣営の主張も含む重要課題に取り組むと強調 HARBOR BUSINESS Online (2018年10月10日 8時32分)

「翁長雄志前知事の遺志を引継ぐ」と訴えて沖縄県知事選で圧勝した、玉城デニー知事が10月4日に初登庁した。この日は、大型の台風25号が接近中。県内に被害を出した台風24号に続く台風襲来で「嵐の船出」となったが、県庁に初めて向かう間も玉城知事は…続きを読む

国会改革:「山を動かす」小泉氏ら自民党若手議員が座談会 毎日新聞社 (2018年10月9日 20時22分)

先の通常国会では森友学園や加計学園問題の一方で、国会の政策論議を深める仕組み作りを目指す機運も高まった。臨時国会を前に、国会改革に取り組んできた「2020年以降の経済社会構想会議」の自民党若手議員4人に聞いた。【司会は政治部長・佐藤千矢子…続きを読む

小泉元首相が政権批判「憲法改正、来年にできるわけない」 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年10月9日 15時09分)

小泉純一郎元首相が8日、BS朝日の番組収録で、安倍首相が前のめりになっている憲法改正について、「来年にできるわけがない。(安倍首相は)臨時国会で自民党案をまとめて、来年の通常国会に出そうと(言っている)」と正面から批判してみせた。 小泉元…続きを読む

『ユーザーの心に届くコンテンツ』最前線セミナー【11/28開催】~ Contents is King.コンテンツ力に定評ある新聞・雑誌・テレビのデジタルチャレンジをご紹介 ~ PR TIMES (2018年10月9日 13時40分)

オプトグループの株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、「ユーザーの心に届くコンテンツ最前線セミナー~ Contents is King. コンテンツ力に定評ある新聞・雑誌・テレビのデジタル…続きを読む