『岡伸彦』に関するニュース

連休に何の予定もない人に薦めたい「実は孤独なリア充」評伝3冊 (2017年4月30日 17時00分)

■児玉博『堤清二罪と業最後の「告白」』(文藝春秋)いくら実業家と作家、その両方で名を響かせようとも、あるいは80歳を過ぎようとも、いい年して父…

Amazonレビューは驚異的な高評価! 宝島社より『百田尚樹『殉愛』の真実』… (2015年2月23日 14時15分)

昨年秋、ガジェット通信ではやしきたかじんさんの闘病生活を書いた『殉愛』のAmazonレビュー大荒れ筆者の百田尚樹さんも『Twitter』で苦言http://getn…

1億円の遺贈放棄を迫る…『百田尚樹「殉愛」の真実』が暴くたかじん夫人の“… (2015年2月23日 7時50分)

2月20日に配本され、21日にアマゾンや楽天といったネットショップで販売されると、いきなり第1位に躍り出たのが『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)…

百田尚樹『殉愛』の嘘を徹底暴露する検証本が! 当事者が続々証言、メモの… (2015年2月23日 1時00分)

「百田さん、これが本物のノンフィクションやで!」(Amazonの内容紹介より)──。昨年11月の発売直後から騒動になってきた『殉愛』(幻冬舎)の嘘を徹…

たかじんのもうひとつの謎!反骨の芸人がなぜ安倍首相に擦り寄ったのか (2014年9月20日 12時30分)

先日、本サイトで『ゆめいらんかねやしきたかじん伝』(角岡伸彦/小学館)を紹介し、たかじんの小心な一面とコンプレックス、そして彼が「在日」とい…

やしきたかじんが口を閉ざしていた「在日」のルーツに迫る評伝が出版 (2014年9月15日 16時00分)

やしきたかじんが亡くなって8ヶ月。大阪を中心に多くの人々から愛され、この数年は橋下徹大阪市長、安倍晋三首相などの政治家たちにも恩人と慕われて…

東京都・代官山でデザイナーによる着物文様の個展「ニュー・文様」を開催 (2014年3月12日 12時00分)

東京都・代官山のギャラリー「GALLERYSPEAKFOR」にて、アートディレクター/デザイナー・西岡ペンシルによる個展「ニュー・文様」が開催される。会期は…

「部落解放運動幹部でヤクザ」飛鳥会事件・小西邦彦の人間力『ピストルと荊… (2013年1月4日 13時00分)

2006年、同和対策事業の裏をかき、業務上横領と詐欺を繰り返していた男・小西邦彦が逮捕された。「飛鳥会事件」と呼ばれ、広く報道されたこの事件、何…