『政治学者』に関するニュース(1,500件)

『政治学者』の話題をまとめてお届け。『政治学者』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

ホーキング博士が死の直前まで書いた“全人類必読”の最終回答とは? 神・宇宙人・DNA…人類史上最悪の過ちも警告! TOCANA (2018年10月18日 8時00分)

今年3月に亡くなった“車椅子の天才物理学者”、スティーヴン・ホーキング博士。彼が死の直前まで執筆していた遺稿がこの度出版された。 タイトルは『BRIEF ANSWERS TO THE BIG QUESTIONS(大きな疑問への簡潔な答え)…続きを読む

「超大国の要素ほぼない」 ロシアメディア、中国共産党政権を酷評 大紀元時報 (2018年10月17日 15時32分)

ロシアの軍事情報ウェブサイトは10月16日、「中国は超大国だと証明できるのか?」と題する記事で、大国となる要素が欠如していると批判する評論を掲載した。ウェブサイト「トップ・ウォー」は評論記事で、中国を超大国と論じる風潮を疑問視する。なぜなら…続きを読む

「NEWS ZERO」卒業の村尾信尚、“伝え手”として常に意識していたことは? TOKYO FM+ (2018年10月16日 20時00分)

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。10月16日(火)の放送は、経済学者でキャスターの村尾信尚さんとともにお届けしました。12年間メインキャスターをつとめていたニュース番組「NEWS…続きを読む

姜尚中が、亡き母の言葉や大切な人たちの記憶を振り返り、今までになく素直な気持ちで綴った“林住記”。「母の教え 10年後の『悩む力』」、集英社新書より10月17日(水)発売! ドリームニュース (2018年10月16日 17時30分)

「やっぱり自分は、マザコンだけんね!」これまでの生活をリセットし、東京近郊の高原に移住した姜尚中は、以前とは違った眼差しで世界や同時代を眺めるようになった。慣れない土いじりや野菜づくりに精を出して...「やっぱり自分は、マザコンだけんね!」…続きを読む

なぜ"防護服姿の子供像"は撤去されたのか プレジデントオンライン (2018年10月16日 9時15分)

福島駅近くに設置された防護服姿の子供像「サン・チャイルド」が、市民からの反対で撤去された。一方で、この作品は各地を巡回しており、大阪では恒久展示されている。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、東京での銅像の設置・撤去の歴史を振り返りながら「公共空間…続きを読む

40過ぎのヒラ社員500人に調査「なぜあなたは役職につけなかったか?」 SPA! (2018年10月16日 8時54分)

7割は課長になれないと言われて久しい。実際、40歳以上の未役職者は60%を超え、多くの人が万年ヒラ社員の憂き目に遭わされている。そこで今回はOVER40のヒラ社員500人にアンケート。“死ぬまでヒラ”のリアルに迫った。◆なぜあなたは役職に…続きを読む

【悲報】「時空を切り裂き、宇宙を崩壊させる」CERNの7倍の威力をもつ“中国版LHC”がもうすぐ誕生で人類滅亡へ! TOCANA (2018年10月16日 8時00分)

「神の粒子」ことヒッグス粒子の存在を発見するなど、物理学に飛躍的な進歩をもたらしてきた「CERN」(セルン:欧州原子核研究機構)が所有する「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」。 その後継機として注目されているのが、中国が開発中の超大型加速…続きを読む

安倍首相が自衛隊を前に改憲アピール! 民放連は広告料欲しさと政権忖度で“改憲CMの量的制限しない”と リテラ (2018年10月16日 6時55分)

24日から召集される臨時国会を前に、昨日おこなわれた自衛隊の観閲式で、安倍首相が憲法改正をアピールする演説をぶった。「すべての自衛隊員が、強い誇りをもって任務をまっとうできる環境を整える。これはいまを生きる政治家の責任であります。私はその…続きを読む

独バイエルン州議会選、与党CSUが大敗 メルケル政権に痛手 ロイター (2018年10月15日 9時30分)

[ベルリン/ミュンヘン 14日 ロイター] - 14日に投開票された独バイエルン州議会選で、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党である保守与党のキリスト教社会同盟(CSU)が大敗した。メルケル政権にとって痛手となる見通し…続きを読む

「トランプに皮肉」と話題の村上春樹が過去にはもっと本気のトランプ批判! 安倍の歴史修正主義にも言及 リテラ (2018年10月15日 6時55分)

日本で昨年2月に出版された村上春樹『騎士団長殺し』(新潮社)の英語版が、10月9日にアメリカで出版された。 それに先立って10月6日にニューヨークで行われたイベントに村上春樹が出演したのだが、その席で村上春樹がトランプ大統領に対して皮肉を述…続きを読む

第四章 共産邪霊 人類を破滅の道へ(上) 大紀元時報 (2018年10月15日 0時46分)

 【関連記事】第三章(下)共産邪霊の手段:環境と文化の破壊目録前書き1. 神に叛(そむ)き、祖先を罵倒1)神に叛く2)祖先を罵倒、伝統文化を誹謗中傷3) 洗脳された人が伝統文化を攻撃2. 強力な洗脳、善悪反転1) 「天命」の代わりに「革命」…続きを読む

なんでわざわざ1500ページも。私が“謎学者”の大評伝を書いた理由 文春オンライン (2018年10月14日 7時00分)

小室直樹という学者を知っているだろうか。 1980年に『ソビエト帝国の崩壊』を刊行しソ連崩壊を予言した「天才」学者、角栄裁判では「検察官をぶっ殺せ!」とテレビの生放送で絶叫した「奇人」学者といえば思い出す方も多いのではないか。■奇人学者は…続きを読む

日本の強さの秘密は「教育」にある 中国人から見た「日本の凄いところ」=中国メディア サーチナ (2018年10月13日 7時12分)

近年、経済成長が著しく、国全体としても勢いがある中国だが、国土や人口の規模では中国には到底及ばないはずの日本を常に意識しているようにも見える。中国メディアの捜狐は6日、中国人から見た「日本の凄いところ」を紹介する記事を掲載し、日本から学べ…続きを読む

UMA(未確認動物)が登場する映画3選 教えて!gooウォッチ (2018年10月12日 8時00分)

TVやネットニュースなどで「UMA」の話題を聞いたことがある人も多いのでは。UMAとは、皆さんご存知かもしれないが、「Unidentified Mysterious Animal」の略称で、都市伝説や目撃談などは多数あるものの、生物学的には…続きを読む

「謝ったら死ぬ病」という現代の社会病理 文春オンライン (2018年10月11日 21時00分)

最近身近なところで「謝ったら死ぬ病」に罹患している人を見かけます。 どこかの出版社の社長さん、筋の悪い方策に拘泥して自縄自縛となりさんざんネットで暴れた挙句、自分で吐いた唾を全量飲み干している姿を見ると涙で液晶画面が見えなくなります。■気…続きを読む

靖国神社宮司が天皇批判!「天皇は靖国を潰そうとしている」…右派勢力が陥る靖国至上主義と天皇軽視の倒錯 リテラ (2018年10月10日 15時28分)

先週発売の「週刊ポスト」(小学館)10月12・19日号が、靖国神社の宮司による衝撃的な“天皇批判”をすっぱ抜いた。「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。そう思わん? どこを慰霊の旅で訪れようが、そこに…続きを読む

焦点:ブラジル大統領選、劣勢の左派候補の巻き返しはあるか ロイター (2018年10月10日 10時27分)

[サンパウロ 8日 ロイター] - ブラジル大統領選の第1回投票で、極右のジャイル・ボルソナロ下院議員と左派のフェルナンド・アダジ元サンパウロ市長の上位2人が28日の決選投票に進むことが決まった。ただ得票率で大きく水を開けられたアダジ氏が逆…続きを読む

[注目トピックス 経済総合]デジタル資本主義がやってくるvol.1 社会の変化に基づき投資することが重要【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】 Fisco (2018年10月9日 17時26分)

*17:26JST デジタル資本主義がやってくるvol.1 社会の変化に基づき投資することが重要【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】◆フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議の主要構成メンバーシークエッジ グループ代表 白井一成フィスコ…続きを読む

「中国とのビジネスを再考すべきだ」米政府経済アドバイザー 大紀元時報 (2018年10月9日 12時04分)

米中貿易戦による緊張が高まる中、米国政府の経済政策アドバイザーは最近、米国企業に対して、共産党政権下の中国でビジネスを展開することに対して、再考を促すメッセージを送った。「私がもし経営者なら、まず中国は避ける。彼らの不正行為はもうむちゃくち…続きを読む

6万円で売り出し中の「高級ボロボロ靴」に批判噴出 FRONTROW (2018年10月9日 11時55分)

ボロボロなのに超高値で売り出されている有名ブランドのスニーカーに世間から怒りの声が噴出している。(フロントロウ編集部) セレブにも愛用者が多い人気スニーカーブランド、Golden Goose(ゴールデン・グース)から、530ドル(約6万円…続きを読む

新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由 ITmedia ビジネスオンライン (2018年10月9日 8時51分)

内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」がいよいよ本格化してきた。 まず、分かりやすいのが、毎日新聞の記事だ。 改造内閣に期待8% 麻生氏留任「評価せず」61%(毎日新聞 10月8日 東京朝刊) この見出しだけ…続きを読む

異彩を放つ世界のアントレプレナー8人 Forbes JAPAN (2018年10月8日 16時30分)

モナコで世界最大級の起業家アワード「EY ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」が開催された。その中でも、異彩を放つ各国の代表企業を紹介する──。ミハエル・ワイズ / IBL Software Engineering / スロバキア…続きを読む

東條英機の妻、石原莞爾の秘書に会ってきた。『昭和の怪物 七つの謎』の凄み 講談社BOOK倶楽部 (2018年10月5日 9時00分)

長きにわたって昭和史を追い続け、これまで直接取材をした人数は延べ4000人。そのなかには東條英機の妻や石原莞爾の秘書なども含まれる。平成も終わろうとしている今、貴重な証言の数々からひもとかれる昭和史の知られざる一面とは──。7月に刊行された…続きを読む

自身が納得して死ぬために「アートとサイエンスを結びつける」ということ|脇田玲(慶應義塾大学) FINDERS (2018年10月4日 20時00分)

今回のインタビュー対象である脇田氏は、エアコンから流れる風が室内の空気の向きや温度をどう変化させるかをビジュアライズした「Visualization of Air Conditioner」や、歩行時に靴の圧力が空気中に伝播する様子をシミュレ…続きを読む

台湾は人民解放軍の上陸作戦に勝てる ニューズウィーク (2018年10月4日 17時10分)

<注目すべき2つの研究から予測する中台戦争のシナリオと、台湾が知るべき自らの「勝ち目」>昨秋の中国共産党第19回党大会でのこと。延々3時間に及ぶ習近平(シー・チンピン)国家主席の演説で最も盛大な拍手を受けたのは次の一節だった。「われわれには…続きを読む

『検察側の罪人』原田眞人監督が室井佑月に作品に政権批判を盛り込んだ理由を激白「あのくだり、脚本には書いてなかった」 リテラ (2018年10月4日 15時02分)

木村拓哉と二宮和也の共演でも大きな話題となっている、原田眞人監督の映画『検察側の罪人』。本サイトでも報じたが、この作品には安倍政権に対する風刺が随所に散りばめられていた。たとえば、戦争のできる国づくりを狙った政策、太平洋戦争を正当化しよう…続きを読む

『新潮45』10月号寄稿のLGBT当事者&元参議院議員・松浦大悟インタビュー(下) 「私たちはごまかしの人生から脱却したくてカミングアウトする」 ガジェット通信 (2018年10月4日 11時15分)

休刊となった『新潮45』2018年10月号に『特権ではなく「フェアな社会」を求む』を寄稿していることで注目された元参議院議員の松浦大悟氏インタビュー。前半では『新潮45』が休刊となったことへの懸念や、LGBT差別解消法案の問題点などについて…続きを読む

『新潮45』10月号寄稿のLGBT当事者&元参議院議員・松浦大悟インタビュー(上) 「本当に差別を解消したいと思うのであれば議論すべき」 ガジェット通信 (2018年10月4日 11時00分)

ノンフィクション月刊誌『新潮45』が2018年8月号で杉田水脈衆議院議員(自民党)の寄稿『「LGBT」支援の度が過ぎる』を掲載。その中で「同性のカップルは生産性がない」と主張しさまざま批判が巻き起こりました。その後、2018年10月号では特…続きを読む

アメリカ最大級の政治ショーを東京・恵比寿で 「J-CPAC2018」11月17日・18日開催 @Press (2018年10月3日 15時30分)

J-CPAC2018実行委員会は、2018年11月17日(土)、18日(日)の2日間にわたり、東京都渋谷区イベントスペース EBiS303において、Japanese Conservative Political Action Confere…続きを読む

『新潮45』廃刊の真相と小川榮太郎氏の正体とは(前編) BestTimes (2018年10月3日 12時00分)

出版業界に衝撃が走った。新潮社の論壇誌『新潮45』が廃刊になったのだ。自民党衆院議員の杉田水脈氏が『新潮45』に寄稿した「『LGBT』支援の度が過ぎる」に端を発する今回の騒動では、文芸評論家を名乗る小川榮太郎氏が書いた「政治は『生きづらさ』…続きを読む