『日本の科学技術』に関するニュース(1,500件)

『日本の科学技術』の話題をまとめてお届け。『日本の科学技術』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

ロボットを使いプログラミングを学ぶ小中高生を指導する先生のための「第11回 科学技術におけるロボット教育シンポジウム」を7月21日(土)に開催! PR TIMES (2018年6月18日 18時01分)

全国の小中高生、2,000人以上が集い、ロボットを使いプログラミングの腕を競う国際ロボットコンテスト「WRO(World Robot Olympiad)」を開催するNPO法人WRO JAPAN(東京都千代田区、理事長 山口 俊治)は、同ロボ…続きを読む

芸術的強烈シュートを決めろ!PK、フリーキックモードに続き、「レジェンドサッカー(Legend Soccer)」における新モード「レジェンドキック(Legend Kick)」導入決定! PR TIMES (2018年6月18日 18時01分)

芝生にたたずむ本物の「サッカーボール」を黄金の右足で振り抜けば、あなたはもうプロサッカー選手です!レジェンドベースボール株式会社(本社:東京都新宿区、以下レジェンドベースボール社、代表取締役社長 山内恵一)と株式会社ポニーキャニオン(本社:…続きを読む

中国にだって日本人が羨むものがあるらしい! それは・・・=中国メディア サーチナ (2018年6月18日 16時12分)

科学技術の進歩や経済力がついてきたことで、近年の中国都市部ではお金さえあれば先進国とそん色のない生活ができるようになっている。生活の便利さでは、日本人が羨むほどだという。中国メディアの快資訊は16日、「日本人が中国を羨む10のこと」と題す…続きを読む

キャッシュレス オフィス向け無人コンビニ「600」を正式展開開始 PR TIMES (2018年6月18日 15時01分)

100社100通りの品揃えが可能!RFIDタグを利用した、最先端の購買体験を提供するオフィス向け無人コンビニ600株式会社(本社:東京都 渋谷区、代表取締役:久保 渓、以下 600)は、2018年6月18日、無人コンビニエンスストアサービス…続きを読む

日本と韓国、どちらが嫌い?  良い意味でも悪い意味でも中国を刺激する日韓 サーチナ (2018年6月18日 12時12分)

中国にとって、日本と韓国という隣国は歴史的にも密接な関係にあった国と言える。古代において、中国は日韓に大きな影響を与えさまざまな進んだ文化を伝えたが、近代においてはこの2つの小さな国に先を越され、「バカにされてきた」ことが我慢ならないとい…続きを読む

「新世代の認知行動療法ACT」を活用!放課後等デイサービスに通所する障がいのある中学~高校生へ“生きづらさを低減する”ACTプログラムの試行を開始 PR TIMES (2018年6月18日 11時01分)

障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートライン(本社:東京都八王子市、代表取締役:西村賢治)は、明星大学心理学部の竹内康二准教授および特定非営利活動法人えがおのたねと共同で、放課後等デイサービスに通所している中学、高校生に向け…続きを読む

【夏休み2018】幼児~小学生向け、STEAM教育イベント『STEAM FESTA』を開催 PR TIMES (2018年6月18日 11時01分)

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研塾ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:福住一彦)と株式会社市進ホールディングス(千葉・市川/代表取締役社長:下屋俊裕)との共同出資に…続きを読む

とやま呉西圏域ビジネス交流交歓会2018in名古屋に弊社理事長の戸村智憲が第一部の講演会で登壇致します:8/9(木)16時「人にやさしく危機に強い経営・運営のポイント」 PR TIMES (2018年6月18日 10時01分)

名古屋マリオットアソシアホテルにて、とやま呉西圏域の地方創生を応援:人工知能・業務自動化・IoTやドローン活用や、ESG・SDGsの観点からの「ビジネスを通じた社会問題解消アプローチ」での災害対策報道機関各位2018年6月18日日本マネジメ…続きを読む

『かんぽの宿 料理コンテスト第8回 グルメアワード』 中部第1ブロック大会 優勝は「かんぽの宿 焼津」 Digital PR Platform (2018年6月18日 10時00分)

冬の焼津を海の幸で華やかに表現した「冬の山海の「焼き八寸」~海の幸の宴~」が決勝進出日本郵政株式会社が運営する「かんぽの宿」は、2018年6月15日(金)、『かんぽの宿 料理コンテスト第8回グルメアワード』中部第1ブロック大会を、愛知県美浜…続きを読む

吉川明日論の半導体放談 第33回 プロセスルールは誰のため?(前編) マイナビニュース (2018年6月18日 9時22分)

○10nm未満の世界に突入した半導体の微細加工技術遂に半導体微細加工技術(プロセスルール)はサブ10nmレベルに突入した。相変わらずWebには最先端微細加工技術に関する発表が踊っている。Samsungが7nmプロセスによるチップの製造を今年…続きを読む

中国人はまだまだ日本を誤解している! あれやこれは全部誤解!=中国メディア サーチナ (2018年6月18日 8時12分)

日本と中国は隣国同士であるものの、相互理解という点では大いに不足しているのが現状と言えるだろう。中国でも日本に対する理解が進んでいるとは言いがたく、ステレオタイプの対日観を持っている人や、日本そのものを誤解している人も少なくない。中国メデ…続きを読む

今日の注目記事ランキング! 06月17日版 エキサイトニュース 話題記事ランキング (2018年6月17日 20時00分)

今注目されているニュース記事をチェック!【1位】 ジャニーズにもあった「格差社会」底辺メンバーたちの悲惨な日々2018/06/17 10:15 ジャニーズのグループに属しているメンバーのおよそ半分が経験していること。それはメンバー内格…続き…続きを読む

[注目トピックス 日本株]アズワン<7476>のフィスコ二期業績予想 Fisco (2018年6月17日 15時30分)

*15:30JST アズワンのフィスコ二期業績予想※この業績予想は2018年6月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。アズワン3ヶ月後予想株価8,700円研究者・技術者向け科学機器・産業機器…続きを読む

6/26(火)AM11時~12時『人工知能・自動走行・ドローンの利活用に見るビジネスチャンス』NTT東日本オンラインセミナーで弊社理事長の戸村智憲の生出演ご案内(視聴無料・事前登録制) PR TIMES (2018年6月17日 11時01分)

“新産業構造ビジョン”(経産省)から見る各戦略分野の具体的戦略編から読み解く、これからの先端ITの動向や商機と勝機報道機関各位2018年6月17日日本マネジメント総合研究所合同会社 この度、弊社理事長の戸村智憲が、下記のオンラインセミナーに…続きを読む

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?――元経済記者が、退職後に株投資を始めた理由 HARBOR BUSINESS Online (2018年6月17日 8時44分)

◆経済記者には、株の誘惑が絶えない 私は新聞社を退職するまで、株との縁はほとんどありませんでした。新聞社は記者が株式売買をすることを厳しく禁止しているからです。どこかの企業の株を買えば、何かの関係でその企業について書く場合、好意的な記事を書…続きを読む

【緊急警告】千葉県沖で超巨大地震が目前に迫っている! 政府、気象庁、学者もガチ危惧する前兆現象「スロースリップ」連発中! TOCANA (2018年6月17日 7時00分)

6月11日、防災科学技術研究所のチームが政府の地震調査委員会で、衝撃的発表を行った。房総半島沖で今月上旬から起きている群発地震は、プレート境界の岩盤がゆっくり滑り動く「スロースリップ」現象によるものというのだ。この現象、実は東日本大震災の…続きを読む

社会性のある“正確な男”に似合うのは、精度の高い機械式時計 OCEANS (2018年6月16日 15時00分)

現代の機械式時計の精度はきわめて高い。それを裏付ける、厳しい検査をクリアした認定の授与はブランドの技術力の証しであり、信頼性も担保する。精度に象徴される信頼性は、時計が時間という社会の厳密な規範を司るからこそ求められるのかもしれない。大人た…続きを読む

日本建築はなぜ今でも世界トップレベルで闘えるのか 文春オンライン (2018年6月16日 11時00分)

経済分野は元気をなくして久しいし、科学技術も予算が削られ苦しいようだ。サッカーはといえば、W杯での優勝なんて夢のまた夢。日本がいま、世界トップレベルで闘えるものって何かあるんだろうか。 ひとつだけある。建築だ。■世界の建築シーンをリードし…続きを読む

「ミラクル エッシャー展」で“だまし絵"や4メートルの大作を見てきた Excite Bit コネタ (2018年6月16日 9時00分)

だまし絵(トロンプ・ルイユ)で知られる奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャーの生誕120年を記念した「ミラクル エッシャー展」が、6月6日から上野の森美術館で開催されている。多くのクリエイターをはじめ、数学者や建築家など、さまざま…続きを読む

誰もがルールをひたすら守る日本人はまるで「病」にかかっているようだ!=中国メディア サーチナ (2018年6月16日 7時12分)

中国には「上に政策があれば、下に対策あり」という言葉がある。これは中国人がルールや法律、規則という存在をいかに守ろうとしないかを示す言葉としても知られているが、確かに中国人はルールを遵守する意識が日本人より希薄と言えるだろう。 逆に、中国…続きを読む

日本英語模擬国連(JEMUN)2018を開催 国内外、342人の学生が国際問題について英語で議論する3日間 -- 近畿大学 Digital PR Platform (2018年6月15日 20時05分)

近畿大学国際学部は、平成30年(2018年)6月22日(金)~24日(日)近畿大学東大阪キャンパスにて、「日本英語模擬国連(Japan English Model United Nations・JEMUN)2018」を開催します。模擬国連は…続きを読む

映画、テレビを彩ったトミタサウンドがオーケストラで甦る冨田勲メモリアルコンサート 開催決定! PR TIMES (2018年6月15日 18時01分)

[画像1: https://prtimes.jp/i/12949/905/resize/d12949-905-912550-0.jpg ]日本で最初にシンセサイザーを導入したシンセサイザーの第一人者、冨田勲。2016年5月に他界し、11月に…続きを読む

米国ナンバー1精神科医によるメンタルヘルス本が待望の翻訳『身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法』著者マーク・ゴールストン、翻訳室崎育美、監修レッカー由佳子を、電子書籍配信開始 ドリームニュース (2018年6月15日 18時00分)

株式会社あさ出版(東京都豊島区池袋/代表取締役:佐藤和夫 http://www.asa21.com )は、2018年6月15日に『身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法』著者マーク・ゴールストン、翻訳室崎育美、監修レッカー由佳子を、キン…続きを読む

W杯開催地・ロシア 実はスタートアップ大国だった? Forbes JAPAN (2018年6月15日 18時00分)

ついに開幕した2018FIFAワールドカップ ロシア。ロシア代表チームは開幕戦のサウジアラビア戦で5-0と幸先良いスタートを切り、サポーター達はより一層盛り上がった。ロシアというと、何を想像するだろうか。米露関係のニュース、日本との領土問題…続きを読む

<初の日本開催>第30回国際情報オリンピック日本大会を成功させよう!クラウドファンディングサービス「Readyfor」にて支援を募集 @Press (2018年6月15日 16時30分)

特定非営利活動法人情報オリンピック日本委員会は、2018年9月1日~8日茨城県つくば市にて開催される「第30回国際情報オリンピック日本大会(略称 IOI 2018 JAPAN)」に向け、国内最大級のクラウドファンディングサービス「Ready…続きを読む

第34回(2018)京都賞受賞者の決定<神経科学者・数学者・美術家の3氏へ、本賞史上最年少での受賞も> 共同通信PRワイヤー (2018年6月15日 15時30分)

20180615公益財団法人稲盛財団第34回(2018)京都賞受賞者の決定―神経科学者(米国)・数学者(日本)・美術家(米国)の3氏へ、本賞史上最年少での受賞も―公益財団法人 稲盛財団(理事長 稲盛和夫)は、第34回(2018)京都賞の受賞…続きを読む

稲盛財団、第34回(2018)京都賞の受賞者を発表 神経科学者(米国)、数学者(日本)、美術家(米国)の3名に ―2018年より賞金額を1億円へ増額― @Press (2018年6月15日 15時30分)

公益財団法人稲盛財団(理事長:稲盛 和夫)は、2018年6月15日(金)、第34回(2018)京都賞の受賞者を発表しました。京都賞は、科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した方々を讃える国際賞です。尚、2018年の京都賞…続きを読む

自分の荷物じゃないのに、ここまで丁寧だとは・・・日本の引越しサービスに驚愕=中国 サーチナ (2018年6月15日 15時12分)

中国でも引越しで家財道具を運んでいる様子を目にすることがあるが、日本とは少し様子が違っている。基本的に引越し業者ではなく個人で引越しを行うケースが多く、引越し業者はもちろん存在するが、多くの消費者にはまだ認知されていないのが現状だ。 中国…続きを読む

<はやぶさ2>リュウグウ「お団子より少し角張っている」 毎日新聞社 (2018年6月15日 13時49分)

◇700キロまで接近 最新画像分析 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機はやぶさ2が撮影した小惑星リュウグウの最新画像を公開した。リュウグウは球形と考えられているが、少し角があるような姿だった。吉川真・はやぶさ2ミッショ…続きを読む

在韓米軍撤退の可能性で「日本列島がパニック状態」と韓国紙、ネットは「在日米軍も撤退?」「韓国は楽観視し過ぎ」 レコードチャイナ (2018年6月15日 13時20分)

2018年6月15日、韓国・朝鮮日報は、米国のドナルド・トランプ大統領の在韓米軍撤退発言を受け、「日本列島がパニックに陥っている」と報じた。記事によると、トランプ大統領が在韓米軍撤退の可能性に言及した後、日本の首相官邸・外務省・防衛省の記者…続きを読む