『最高裁』に関するニュース(1,500件)

『最高裁』の話題をまとめてお届け。『最高裁』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

トランプ政権、オバマ前政権の環境規制の見直し案を提示 ロイター (2018年8月22日 0時06分)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米トランプ政権は21日、オバマ前政権時代に制定された発電所の二酸化炭素排出量規制「クリーンパワープラン(CPP)」について見直し案を提示した。 環境保護局(EPA)が発表した提…続きを読む

辺野古移設:政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円 毎日新聞社 (2018年8月20日 6時30分)

埋め立て承認を撤回で見積もりをまとめる 政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画で、県が名護市辺野古の埋め立て承認を撤回した場合、工事の遅延損害金が1日約2000万円発生するとの見積もりをまとめた。撤回処分の是非を巡る行政訴訟で…続きを読む

離婚後に「親権」を奪い合うのは日本だけ プレジデントオンライン (2018年8月19日 11時15分)

■"日本の親権"は大人に優しく子供に厳しい泥沼化しやすい離婚裁判。争いのもとの1つが、親権だ。未成年の子がいる夫婦が結婚しているあいだ、子の親権は原則として父母が共同で持つ。しかし、離婚後は単独親権になり(民法819条)、父母どちらか1人が…続きを読む

知られざる「掌典職」の世界 儀礼担当者が語る「平成の大礼」の舞台裏 文春オンライン (2018年8月19日 7時00分)

大喪と即位の大礼を支えた当事者しか知らない苦闘の記録。元宮内庁掌典補の三木(そうぎ)善明氏が当時を振り返って語る(出典:「文藝春秋SPECIAL」2017年季刊冬号)。◆ ◆ ◆■祭祀を司る「掌典職」は宮内庁の組織ではない 私が掌典職(し…続きを読む

ブラック仕事の代表格「ツアーコンダクター」 未払い残業代を請求することはできる? シェアしたくなる法律相談所 (2018年8月18日 18時00分)

いわゆる「ブラックな仕事」の代表格に、「ツアーコンダクター(旅行会社添乗員)」があります。ツアー旅行に同行し、長時間顧客対応に迫られたうえ、自宅ではなくホテルで一日を終える。いわば一日丸々仕事と言っても良いのですが、残業代がでないことが多く…続きを読む

ブラジル裁判所、ルラ元大統領の出馬禁じる公算 労働党なお善戦か ロイター (2018年8月17日 13時08分)

[ブラジリア 16日 ロイター] - ブラジル高等選挙裁判所は、労働党(PT)が10月の大統領選の候補として収賄罪で収監中の元大統領ルラ被告の出馬を届け出たことを受けて、数週間内に受理を禁じる判決を下す見込み。ただ、不受理の場合でも、同党が…続きを読む

比大統領、マルコスJr氏が副大統領になれば辞任の可能性=報道官 ロイター (2018年8月17日 10時14分)

[マニラ 16日 ロイター] - フィリピンのロケ大統領報道官は16日、ドゥテルテ大統領は2016年の副大統領選出の選挙結果が覆されてフェルディナンド・マルコス・ジュニア氏が当選となった場合は辞任する可能性がある、との考えを示した。定例記者…続きを読む

四半世紀も眠っていた「田中角栄の愛弟子」が安倍一強打倒に動き出した――2018上半期BEST5 文春オンライン (2018年8月17日 7時00分)

2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。政治・国際部門の第5位は、こちら!(初公開日:2018年6月8日)。* * *※#1〈 「日本一選挙に強い男」中村喜四郎はなぜ新潟県知事選に本気で挑んだのか 〉…続きを読む

「朴大統領の指示」と供述か=徴用工訴訟疑惑で元高官―韓国 時事通信社 (2018年8月16日 20時32分)

【ソウル時事】韓国最高裁が朴槿恵前政権に配慮し、元徴用工の民事訴訟の判決を遅らせていた疑惑で、聯合ニュースなどは16日、朴政権当時、大統領秘書室長を務めた金淇春被告(別の事件で公判中)が検察の取り調べに対し、「朴大統領の指示で判決を遅延さ…続きを読む

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外から批判 ロイター (2018年8月16日 11時42分)

[プノンペン 15日 ロイター] - カンボジアで7月29日に実施された下院選(定数125)で、与党のカンボジア人民党が全議席を獲得した。中央選挙管理委員会が15日発表した。野党は選挙結果の結果が違法だと主張しているほか、米国は反民主活動を…続きを読む

「非正規社員の待遇改善」の手順は? 人事担当者必見の「働き方改革」用語解説 ITmedia ビジネスオンライン (2018年8月16日 8時30分)

「働き方改革」の用語解説働き方改革関連法が可決・成立し、企業にも具体的な対応が求められます。企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップ。労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が、用語の概念と企業が取るべき具体的な対策…続きを読む

阿波踊り:どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか 毎日新聞社 (2018年8月16日 8時00分)

15日に閉幕した徳島市の夏の風物詩「阿波踊り」は、有力な踊り手グループ(連)が所属する踊り手団体「阿波おどり振興協会」が、市が中心となって新たに組織した実行委員会の反対を押し切り、恒例の「総踊り」を強行開催する異例の展開となった。巨額の累…続きを読む

麻原彰晃の死刑執行を批判する「真相究明の会」森達也氏に、被害対策弁護団・滝本太郎氏が反論 ビジネスジャーナル (2018年8月15日 0時10分)

一連のオウム真理教の事件で死刑が確定していた13人の死刑が、わずか1カ月の間に執行された。7月6日に教団の元代表の麻原彰晃こと松本智津夫(63)、元幹部の早川紀代秀(68)、中川智正(55)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、遠藤誠一(…続きを読む

辺野古:埋め立てで神経戦激化 知事急逝、選挙に影響も 毎日新聞社 (2018年8月14日 20時44分)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、17日に予定されている埋め立て予定海域への土砂投入を巡り、政府と沖縄県の神経戦が激化している。翁長雄志知事の急逝で9月30日に前倒しされた知事選が「弔い合戦」の様相を呈す…続きを読む

元大統領府高官が出頭=徴用工訴訟疑惑で聴取―韓国 時事通信社 (2018年8月14日 18時21分)

【ソウル時事】韓国最高裁が朴槿恵前政権に配慮し、元徴用工の民事訴訟の判決を遅らせていた疑惑で、朴政権当時、大統領秘書室長を務めた金淇春被告(別の事件で公判中)が14日、ソウル中央地検に出頭し、職権乱用などの疑いで取り調べを受けた。 韓国メ…続きを読む

〈現地ルポ〉要塞化する沖縄──辺野古はいま、どうなっているのか? 週刊女性PRIME (2018年8月11日 21時05分)

7月19日、沖縄地方に台風10号が接近中の午後、辺野古の海で抗議船に乗っていた。 米軍海兵隊基地内の資材置き場からダンプカーが次々に運んでくる大量の砕石をクレーン車のアームが網で吊(つ)るし、護岸工事の突端にぶちまける。その石たちを重機の…続きを読む

性同一性障害:性別変更し父になった前田さんが講演 毎日新聞社 (2018年8月11日 11時50分)

性同一性障害で性別を女性から男性に変えた前田良さん(36)=兵庫県宍粟市=が10日、同県宝塚市立西公民館(市小林2)で「僕は父親になった」と題して講演した。性に違和感を持った幼少期から最高裁で戸籍上の父と認定されるまでを語り、「僕みたいな…続きを読む

米最高裁判事の指名承認公聴会、9月4日から開催 保守派のカバノー氏 ロイター (2018年8月11日 6時56分)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏(53)の指名承認公聴会が9月4日から開催される。上院司法委員会が10日、声明で明らかにした。公聴会は3─4日続く見込み。 …続きを読む

逆転敗訴の漁業者上告=諫早干拓訴訟 時事通信社 (2018年8月10日 18時34分)

国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐり、国が開門を命じた確定判決に基づく制裁金(間接強制金)の支払いを強制しないよう漁業者に求めた訴訟で、漁業者側は10日、国の訴えを認めた福岡高裁判決を不服として最高裁に上告した。 …続きを読む

米ハーバード大学、入学審査でアジア系志願者に差別的な措置か…考察:東京医科大女子一律減点 ビジネスジャーナル (2018年8月10日 0時00分)

東京医科大学が今年2月に行った医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し合格者数を抑えていた問題が毎日のように報じられている。同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったと…続きを読む

デンマークでは年間4万円。欧米のテレビ受信料制度はNHKより高いところも!? HARBOR BUSINESS Online (2018年8月9日 15時30分)

「観ないのに受信料を払うのはおかしい……」。 昨年末には最高裁から合憲であるとの“お墨付き”となったが、NHKを視聴するかどうか以前に、インターネットや動画配信サービスの普及で、そもそもテレビを持たない人も増えており、冒頭にあげたような疑問…続きを読む

元大統領府高官、出頭拒否=元徴用工訴訟疑惑で―韓国 時事通信社 (2018年8月9日 10時44分)

【ソウル時事】韓国最高裁が朴槿恵前政権に配慮し、元徴用工の民事訴訟の判決を遅らせていた疑惑で、ソウル中央地検は朴政権当時、大統領秘書室長を務めた金淇春被告(別の事件で公判中)を聴取するため、9日に出頭するよう求めたが、金被告は「健康上の理…続きを読む

マドゥロ派、前国会議長の逮捕命令=大統領暗殺未遂関与の疑い―ベネズエラ 時事通信社 (2018年8月9日 9時15分)

【サンパウロ時事】南米ベネズエラの首都カラカスで4日に起きた反米左派のマドゥロ大統領暗殺未遂事件をめぐり、マドゥロ派が牛耳る最高裁は8日、事件に関与したとして反体制派の重鎮フリオ・ボルヘス前国会議長の逮捕を命じた。ボルヘス氏は弾圧を逃れて…続きを読む

辺野古のサンゴを人質にとる朝日の屁理屈 プレジデントオンライン (2018年8月9日 9時15分)

沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が、8月8日、膵臓(すいぞう)がんのため沖縄県浦添市の病院で死去した。67歳だった。2014年の県知事選で初当選し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に強く反対していた。この辺野古移設をめぐって、朝…続きを読む

訃報:沖縄県の翁長雄志知事が死去 辺野古移設に反対貫く 毎日新聞社 (2018年8月8日 20時04分)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に反対し、膵(すい)がんの治療を受けながら公務を続けてきた沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が8日、同県浦添市内の病院で死去した。67歳。今年5月にがんを公表し、治療を続…続きを読む

災害時、会社から「出勤命令」されたら従う必要はあるの? MONEY PLUS (2018年8月8日 7時00分)

お盆前の台風、激しい豪雨による水害や都市部を襲った地震。平成最後の夏、自然災害が続いています。今年6月には、大阪北部を震源とする「震度6弱」の地震が発生。強い揺れは、住民に大きな影響を与えました。時間が通勤ラッシュと重なったこともあり、電車…続きを読む

安倍自民党による佐川宣寿前局長"偽証罪"潰しの裏で...財務省が決定的文書をまだ隠していたことが明らかに! リテラ (2018年8月7日 15時17分)

国会閉会とともに森友・加計問題はなかったことに──。そうした安倍首相の目論見が現実化しつつある。今年3月におこなわれた財務省の佐川宣寿・前理財局長の証人喚問での証言について野党は偽証罪で告発を求めていたが、与党がこれを拒否。衆院予算委員会…続きを読む

就任直後に謝罪会見 奈良市長が10年かけた「不正防止の仕組み化」 Forbes JAPAN (2018年8月7日 7時30分)

日本広しと言えども、就任後初めての記者会見が、謝罪会見だったという市長はなかなかいないだろう。2009年に奈良市長選挙で勝利し、現在もその職を務める仲川げんは、壮絶な市政運営を経験している。就任直後、仲川が謝罪したのは、奈良市職員の横領につ…続きを読む

【東京医大・女子合格者抑制問題】警鐘作家は「日本の後進性を助長させる反社会的思考」 東スポWeb (2018年8月7日 7時00分)

東京医科大が医学部医学科の一般入試で女子受験者の合格者数を抑制していた疑惑で、文部科学省の私大支援事業を巡る贈賄罪で在宅起訴された医科大の前理事長臼井正彦被告(77)が得点の操作を指示していたとみられることが5日、分かった。受託収賄罪で起…続きを読む

「吐き気を催す差別!」東京医大問題、台湾メディアにボロカス言われている 文春オンライン (2018年8月6日 17時00分)

8月2日、『読売新聞』が報じたスクープが物議を醸している。中堅の私立医大である東京医科大学が、一般入試において女子受験者の得点を一律に減点して合格者数を抑えていたことを報じたのだ。これに世論は沸騰し、ツイッターでは日本社会に根強く残る女性…続きを読む