『東電社長』に関するニュース(488件)

『東電社長』の話題をまとめてお届け。『東電社長』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

「公表考えなかった」=巨大津波の試算結果―武藤元副社長、被告人質問で・東電公判 時事通信社 (2018年10月17日 11時51分)

東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)であり、16日に続き、元副社長武藤栄被告(68)の被告人質問が行われた。元副社長は「最大15.7メートル」の津波が襲来する…続きを読む

原発事故:東電の武藤氏、繰り返し「津波対策先送りない」 毎日新聞社 (2018年10月16日 21時05分)

強制起訴公判で、被告人質問のトップバッター 「『先送り』と言われるのは大変心外」。東京電力福島第1原発事故を巡る強制起訴公判で、被告人質問のトップバッターとなった武藤栄元副社長(68)は時折語気を強め、津波対策の「先送り」への反論を繰り返し…続きを読む

原発事故:東電の武藤元副社長、津波対策先送りを強く否定 毎日新聞社 (2018年10月16日 18時51分)

被告人質問 「専門家への検討依頼は必要な手順」 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣の公判は16日、東京地裁(永渕健一裁判長)で被告人質問が始まった。この日は武藤栄元副社長(68)への質問があり、東日本…続きを読む

津波対策先送り「心外」=長期評価の信用性否定―武藤元副社長・東電公判 時事通信社 (2018年10月16日 18時49分)

東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の公判が16日、東京地裁(永渕健一裁判長)であり、元副社長武藤栄被告(68)の被告人質問が行われた。元副社長は、原発の津波対策先送りを指示したとする指定弁護士側の主…続きを読む

東電公判:武藤元副社長、冒頭被災者におわび 被告人質問 毎日新聞社 (2018年10月16日 11時41分)

東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人に対する被告人質問が16日午前、東京地裁(永渕健一裁判長)で始まった。この日は3人のうち、武藤栄元副社長(68)への被告人質問が午後まで行われ、17日も続く予定…続きを読む

東芝側が陳謝=福島第1クレーン故障 時事通信社 (2018年10月15日 20時26分)

東京電力福島第1原発3号機で核燃料取り出し用クレーンなどに故障が相次いだ問題で、製造を請け負った東芝エネルギーシステムズの畠沢守社長は15日の原子力規制委員会の会合で、「度重なる不具合で、復興のロードマップへ多大な影響を与えた。心からおわ…続きを読む

出廷21人、津波対策めぐり割れる証言=16日被告人質問・東電公判 時事通信社 (2018年10月14日 14時47分)

東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元会長勝俣恒久被告(78)ら旧経営陣3人の公判は、東京地裁でこれまでに29回開かれ、東電社員や地震学者など計21人の証人尋問が行われた。津波対策をめぐり、意見が割れる専門家や後…続きを読む

東電事故:遺族ら「正直に話して」 16日から被告人質問 毎日新聞社 (2018年10月12日 10時41分)

東京電力福島第1原発事故を巡り、旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪に問われた刑事裁判は16日に東京地裁(永渕健一裁判長)で被告人質問が始まり、大詰めを迎える。東電旧経営陣が事故の責任に関し、法廷で詳細に語るのは初めてとなる。公判の傍聴を続け…続きを読む

金融業界化する電力業界を「ブロックチェーン」で変えるーーTRENDE妹尾社長 ITmedia ビジネスオンライン (2018年10月5日 12時56分)

「電力業界は、パラダイムシフトが起きている金融業界のようになっていくのではないか。低金利に苦しむ銀行業界のように、これからなっていく」 東電グループのベンチャー企業、TRENDEの妹尾賢俊社長は10月5日、マネーフォワード主催のカンファレ…続きを読む

東電公判:保安院安全審査担当者が被告に有利な証言 毎日新聞社 (2018年10月3日 23時50分)

東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第29回公判が3日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。原子力安全・保安院(現・原子力規制庁)で第1原発の安全審査を担当した職員が出廷。東電が東日本大震災…続きを読む

「安全対策に終わりなし」=福島原発事故めぐり米で講演―広瀬東電副会長 時事通信社 (2018年10月3日 7時34分)

【ニューヨーク時事】東京電力ホールディングスの広瀬直己副会長は2日、福島第1原発事故をめぐり、「安全対策に終わりはない。これで十分だと思わないことが事故から学んだ最大の教訓だ」と強調した。米ニューヨークでの講演で語った。 2012〜17年…続きを読む

16日から被告人質問=東電旧経営陣公判―東京地裁 時事通信社 (2018年10月2日 18時35分)

東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の公判で、東京地裁は2日、16日以降、3人から直接話を聞く被告人質問の審理予定を明らかにした。 地裁によると、予定されているのは16〜31日の5期日。16、17日は…続きを読む

「ねえハロー、セコム見せて」、「Xperia Hello!」がセコムと連携 BCN+R (2018年10月1日 17時30分)

ソニーモバイルコミュニケーションズは、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!(エクスペリア ハロー)」の見守り機能強化の一環として、セコムのセキュリティサービス「セコム・ホームセキュリティ」との連携を10月1日に開始した。…続きを読む

「週刊エコノミストオンライン」本日からサービス開始 @Press (2018年10月1日 16時00分)

毎日新聞出版株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒川昭良)は、「週刊エコノミスト」のオンラインサービスを本日から開始しました。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/166781/LL_i…続きを読む

北海道地震:発生1週間 応援送電、需給一時平衡 毎日新聞社 (2018年9月12日 22時20分)

謎残る全面停電 北海道南西部の胆振地方を震源とする最大震度7の地震が発生してから13日で1週間。道内全域が停電する前代未聞の「ブラックアウト」に至った経緯が徐々に見えてきた。主力の苫東厚真火力発電所(北海道厚真町)に大きく依存する態勢に、需…続きを読む

[海外市場動向]米国株はまちまち、対中貿易摩擦への懸念が相場の重し(10日) Fisco (2018年9月11日 6時32分)

*06:32JST 米国株はまちまち、対中貿易摩擦への懸念が相場の重し(10日)「シカゴ日経平均先物(CME)」(10日)SEP18O 22370(ドル建て)H 22500L 22245C 22450 大証比+90(イブニング比+…続きを読む

新潟知事、柏崎刈羽を初視察=東電HD社長が対応 時事通信社 (2018年9月6日 13時29分)

新潟県の花角英世知事は6日、東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)を視察した。花角氏が同原発を視察するのは、6月の知事就任後初めて。現地では東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長らが対応した。 原子力規制委員会が昨年12月、…続きを読む

「原発停止回避で先送り」=津波対策、元幹部が説明―東電公判 時事通信社 (2018年9月5日 20時20分)

東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の公判が5日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。安全対策担当の元同社幹部が、事故前に同原発の津波対策が先送りされた理由などを検察官に説明した調書が証拠採用され、「…続きを読む

TEPCOメンテナンスセンター 9月1日より一都三県にサービスエリア拡大 PR TIMES (2018年8月30日 23時01分)

~ TEPCOホームテック株式会社 住宅設備メンテナンスサービス事業 ~住まいの省エネ会社TEPCOホームテック株式会社(東京都墨田区 代表取締役社長 岩崎辰之、以下「TEPCOホームテック」)は、住宅設備の修理・交換に係るソリューション「…続きを読む

スルガ銀に大林組…慶応評議員選に不祥事企業トップ次々出馬 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年8月29日 9時26分)

「現役学生の集団レイプが発覚した際、慶応のトップは謝罪会見を開いたか? 学生が不祥事を起こすたび、トップが頭を下げる必要はない」――。日大の田中英寿理事長は周囲にそう吹聴しているという。アメフト部の悪質タックル問題以降、一度も公の場に出てこ…続きを読む

鈴与商事、Jパワーと小売電気事業で提携 エネクトニュース (2018年8月20日 8時00分)

新会社「鈴与電力株式会社」を共同出資で設立鈴与商事株式会社は、電源開発株式会社(以下、Jパワー)と小売電気事業で提携し、新会社「鈴与電力株式会社」を共同出資により設立したと2018年8月14日に発表した。Jパワーが電力調達、鈴与商事が営業を…続きを読む

東電:柏崎刈羽原発1~5号機「廃炉計画策定を検討」 毎日新聞社 (2018年8月2日 21時30分)

小早川社長、柏崎市に歩み寄り 東京電力の小早川智明社長は2日、新潟県柏崎市で桜井雅浩市長と面会し、東電柏崎刈羽原発(全7基)の1~5号機について「廃炉計画の策定を社内で検討している」と報告した。桜井市長はかねて、原子力規制委員会の新規制基準…続きを読む

東電社長、事故検証に最大限協力=花角新潟県知事と初会談 時事通信社 (2018年8月2日 17時52分)

東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は2日、新潟県庁を訪れ、花角英世知事と初めて会談した。柏崎刈羽原発(同県)の再稼働に関し、県は福島第1原発事故に関する検証を独自に進めている。小早川社長は「地元の理解を得るプロセスとして重要…続きを読む

新潟県:「安全最優先は行動で」花角知事、東電社長に注文 毎日新聞社 (2018年8月2日 17時38分)

県庁で初会談 柏崎刈羽原発再稼働見据える東電側求めで実現 新潟県の花角英世知事は2日、東京電力ホールディングスの小早川智明社長と県庁で初会談した。柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働を見据える東電側の求めで実現したもの。「安全最優先」…続きを読む

<福島>「Jヴィレッジ」7年4カ月ぶりに再開 毎日新聞社 (2018年7月28日 17時57分)

◇原発事故の対応拠点で休業 国内初のサッカーのナショナルトレーニングセンターだったが、東京電力福島第1原発事故の対応拠点となり休業していた「Jヴィレッジ」(福島県楢葉・広野両町)が28日、7年4カ月ぶりに再開した。新たな宿泊棟や9月から使…続きを読む

東電"トヨタ式カイゼン"は機能するのか プレジデントオンライン (2018年7月23日 9時15分)

これからビジネスマンはどう変わるべきか。「プレジデント」(2018年4月30日号)では、特集「いる社員、いらない社員」で、大企業のトップ29人に「人材論」を聞いた。今回は、東京電力ホールディングスの小早川智明社長のインタビューをお届けしよう…続きを読む

「過去の遺物」ポケベルの今 “第2の人生”防災ラジオへの転身ってどういうこと? 文春オンライン (2018年7月23日 7時00分)

ポケットベル。1968年から日本でサービスが開始されて以来、営業マンなどにひそかに使われてきたいわゆる「無線呼び出し機」。それは1990年代、突如女子高生を中心に人気が爆発して社会現象となった。■「14106=愛してる」「3341=さみし…続きを読む

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向けた東京電力グループとの技術検証において無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発 PR TIMES (2018年7月19日 18時01分)

~世界初、送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用し、ドローン自動飛行制御を実施~[画像: https://prtimes.jp/i/20194/54/resize/d20194-54-523474-0.jpg ]1. 概要テラドローン…続きを読む

<東電公判>防潮堤工程案示すも、旧経営陣が対策先送り 毎日新聞社 (2018年7月11日 19時43分)

東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第20回公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。原発の土木設備を担当していた東電社員が出廷し、東日本大震災前に防潮堤の工程案を旧経営陣側に示した…続きを読む

トッパンフォームズ、青森でBPOセンターの運営を受託 @Press (2018年7月9日 15時15分)

デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、本日、青森県、青森市および東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎敏寛、以下「東電EP」)と事業所開設に係わる基本協定を締結い…続きを読む