『松井稼頭央』に関するニュース(477件)

『松井稼頭央』の話題をまとめてお届け。『松井稼頭央』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

甲子園球児の「50m走」タイムが日本記録超え続出という問題 文春オンライン (2018年8月16日 11時00分)

夏の甲子園が佳境を迎えている。 今年で100回目を数える夏の風物詩は、酷暑の中で連日好ゲームを見せてくれている。プロ注目の選手たちをはじめとした高校球児の一生懸命な姿は、見ているこちらの気持ちも熱くさせてくれる。 その一方で、毎年この時期…続きを読む

西武・松井稼頭央が語る「平成最後のいてまえ野球」のすごさ 東スポWeb (2018年8月8日 13時24分)

西武が7日のオリックス戦(京セラドーム大阪)に6―0と快勝。貯金を今季最多の20とした。 12勝目を挙げた多和田の負傷降板はあったものの、この日も自慢の強力打線は通常営業だった。まずは2回、7番に座った中村剛也内野手(34)が相手先発・ア…続きを読む

13年ぶり「聖地」で熱唱=歌手の渡辺美里さん―埼玉県所沢市〔地域〕 時事通信社 (2018年8月7日 10時37分)

歌手の渡辺美里さんが4日、メットライフドーム(埼玉県所沢市)で行われた西武―日本ハムの試合終了後、ミニライブを開いた。渡辺さんは同球場でのライブを20年連続で開いた実績があり、この日は約3万1700人の観客の前で13年ぶりに「聖地」で歌声…続きを読む

元西武デストラーデ氏が来場し爆笑誘う! 「カズオバカヤロー!」 Full-count (2018年8月5日 17時55分)

現在の西武メンバーに「新しい秋山、本当にスゴイ」 西武は5日、西武黄金期を支えたオレステス・デストラーデ氏が「西武ライオンズ40周年」を記念しメットライフドームに来場。練習中の辻監督へ9月17日ソフトバンク戦で配布予定となっている「イレコミ…続きを読む

西武、渡辺美里さんが国歌斉唱 13年ぶりの“凱旋”に「胸がキュンキュン」 Full-count (2018年8月4日 20時36分)

渡辺美里さんは西武球場時代の1998年にも国歌独唱を行っていた■西武 – 日本ハム(4日・メットライフ) 西武は4日、本拠地での日本ハム戦を前に歌手の渡辺美里さんが来場し国歌独唱を行った。 自然に囲まれたメットライフドーム特有の…続きを読む

【高校野球】PL学園時代の思い出は「寮」 ロッテ今岡2軍監督が伝えたい「失敗のススメ」 Full-count (2018年8月4日 17時07分)

15歳で親元を離れて寮生活「しんどいですよ」 今夏で100回大会を迎える全国高校野球選手権記念大会。長い歴史の中で数々の名勝負、ドラマが生まれてきた。今回Full-CountではNPBの選手、コーチたちに甲子園を目指した高校時代を振り返って…続きを読む

鷹柳田、ロッテ福浦、西武中村…意外? 夏の甲子園に縁の無かったスターたち Full-count (2018年8月1日 10時13分)

日本ハム・大田は3年連続神奈川大会決勝で敗退 西武・中村も縁がなく… 8月5日から阪神甲子園球場で行われる「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」の出場校が出揃った。今回は記念大会で56校が甲子園に出場できるが、当然そこに進めなかった高…続きを読む

20年間で12回優勝の“実績” 首位西武の「勝利の女神」渡辺美里さんが“帰還”へ Full-count (2018年7月30日 13時34分)

スタジアムライブ実施の20年間で12回優勝、8月4日に来場「とても感慨深い」 西武は8月4日の日本ハム戦の試合終了後、当日来場する歌手・渡辺美里さんのスペシャルライブイベントを開催すると28日に発表した。 渡辺美里さんは1986年~2005…続きを読む

渡辺美里、13年ぶり“聖地”帰還へ「とても感慨深いです」 オリコン (2018年7月28日 22時52分)

歌手・渡辺美里が、8月4日に埼玉・メットライフドームで行われる西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズ戦終了後、スペシャルライブを開催することが決定した。同球場で1986年~2005年の20年間にわたって「西武スタジアムライブ」を実施し…続きを読む

球団別オールスターMVPの歴史を振り返る 王、長嶋、清原、イチローは? Full-count (2018年7月15日 18時25分)

王貞治が3回受賞なのに長嶋茂雄はゼロ、清原和博は断トツの計7回 2018年オールスターゲームは西武勢の森友哉、源田壮亮と2試合とも西武勢がMVPに輝いた。オールスターのMVPは、選手のキャリアに記される大きな勲章だ。1951年第1回大会から…続きを読む

【MLB】メジャーは「夢」から「選択肢の1つ」に “田澤ルール”は見直しを検討すべきか Full-count (2018年7月12日 10時38分)

メジャーは“夢”から“選択肢の1つ”へと変化 野茂英雄氏がドジャースで鮮烈なデビューを飾ったのが1995年。それから24年目を迎える今日に至るまで、かつては遠い存在だったメジャーや海外野球は、日に日に身近な存在となっている。日本プロ野球でさ…続きを読む

【MLB】大谷翔平、代打でも圧巻 NPB5人目の代打弾&5割の高打率、他の日本人は? Full-count (2018年7月10日 12時41分)

通算では9本目、福留とイチローは2本マーク 日本時間7月9日、ドジャースとのインターリーグで、エンゼルスの大谷翔平は7回に代打で打席に立ち、決勝のソロホームランを打った。NPB出身の日本人打者としては5人目、通算9本目の代打本塁打となった。…続きを読む

不屈のベテラン阪神・福留の「勲章」 史上57人目の3000塁打の価値 Full-count (2018年7月4日 15時01分)

7月3日の中日戦で右前打を放ち偉業を達成 阪神の福留孝介外野手は、7月3日の中日戦で1回に小笠原から右前打を放ち、NPB史上57人目の3000塁打を達成した。現役では4人目。 塁打は、安打を打ってベースを踏んだ数である。安打1、二塁打2、三…続きを読む

ベッキーにとって、引退したプロ野球選手が“理想の恋人”である深いワケ サイゾーウーマン (2018年6月28日 21時00分)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の有名人> 「ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」ベッキー (ベッキーイン…続きを読む

【MLB】米で2651試合出場のイチロー、隠れた勲章 “マイナー出場ゼロ”は至難の業 Full-count (2018年6月28日 15時40分)

マイナー309試合出場の田口が最多、中島は一度もメジャー昇格せず 故障者リスト(DL)入りしているシカゴ・カブスのダルビッシュ有は、6月25日(日本時間26日)、カブス傘下の1Aサウスベンドで調整登板をした。NPBからメジャー契約でMLBに…続きを読む

10年連続2桁HRの坂本勇 すでに巨人最強、NPB史上でも屈指の強打の遊撃手 Full-count (2018年6月25日 8時49分)

日本で遊撃手として2桁本塁打記録は過去3人のみ 巨人の坂本勇人は6月22日のヤクルト戦で今季10号本塁打を打ち、10年連続2桁本塁打を記録した。これは遊撃手としては豊田泰光(デビューから13年連続)に続いて2人目だ。 MLBではデレク・ジー…続きを読む

テレビ解説者・木村隆志の週刊テレ贔屓 第25回 『プロ野球選手の妻たち』“貧富の落差のぞき見”夫婦ドキュメント マイナビニュース (2018年6月24日 21時00分)

テレビ解説者の木村隆志が、今週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第25回は、20日(19:00~21:57)に放送された『壮絶人生ドキュメント・プロ野球選手の妻たち』(TBS系)をピックアップする。同番組は、…続きを読む

「プロ野球選手の妻」特集出演の谷亮子に批判殺到した理由 まいじつ (2018年6月21日 11時07分)

(C)まいじつ6月20日にスペシャル番組『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』(TBS系)が放送され、元柔道選手の谷亮子が私生活を公開した。VTRでは政治活動と選手活動の両立をめぐってバッシングを浴びた過去を紹介しながら、平穏な生活…続きを読む

批判を称賛へ変える松坂大輔、かつての本拠地に帰還 再び所沢のマウンドへ Full-count (2018年6月17日 11時21分)

西武でプロのキャリアをスタート、輝かしい実績を残してきた松坂 高卒1年目から衝撃的な活躍で一世を風靡した「平成の怪物」が、かつての本拠地で古巣と相対する日がついに訪れた。中日の松坂大輔投手が16日の西武戦で先発登板する。慣れ親しんだメットラ…続きを読む

西武対中日戦で敷田球審が倒れる 球場内は騒然 Full-count (2018年6月16日 16時42分)

7回、西武の攻撃中によろめき、後ろ向きに転倒■西武 – 中日(16日・メットライフ) 16日にメットライフドームで行われた西武vs中日戦で、球審を務めた敷田直人審判員が突然、倒れるハプニングが起きた。 西武が5点をリードした7回…続きを読む

「入間市博物館」で「西武ライオンズ40周年記念展」開催 西武関連の展示品が151点 Full-count (2018年6月16日 15時07分)

全186点の展示品のうち、151点が西武ライオンズ関連 西武は16日、埼玉県入間市の「入間市博物館」で開催されている「西武ライオンズ40周年記念展」の開催記念セレモニーを実施した。「西武ライオンズ40周年記念展~西武ライオンズのあゆみと未来…続きを読む

中日・松坂 次回登板は西武戦!12年ぶり古巣マウンド「普通でいられたらいい」 東スポWeb (2018年6月15日 19時29分)

中日・松坂大輔投手(37)の次回登板が17日の西武戦(メットライフ)となることが確実となった。 公式戦ではレッドソックス移籍前、2006年10月7日のプレーオフ第1ステージ初戦(対ソフトバンク)で当時の相手エースだった斉藤和巳氏を相手に4…続きを読む

ヤクルト青木、史上最高齢での初回先頭打者ランニング本塁打 9例目のレア記録 Full-count (2018年6月15日 15時33分)

ロッテ荻野は史上唯一の初回先頭打者初球ランニングホームラン ヤクルトの青木宣親外野手が14日、メットライフドームで行われた西武戦で、1回表に中越えのランニングホームランを打った。西武の名手秋山が打球を見失ったことによって生まれたこの初回先頭…続きを読む

昭和、平成の名選手たちが受賞してきた月間MVP 歴代最多受賞者は一体誰? Full-count (2018年6月11日 7時20分)

5月の月間MVPは広島・大瀬良、中日・アルモンテ、楽天・岸、ソフト柳田 6月7日、NPBの5月の月間MVPが発表された。セ投手は広島・大瀬良大地、野手は中日のソイロ・アルモンテがともに初受賞。パ投手は楽天の岸孝之が3度目、野手はソフトバンク…続きを読む

西武・栗山のメンタルは稼頭央が支えている 東スポWeb (2018年6月8日 16時30分)

西武が7日のDeNA戦(横浜)に9―7で勝ち、3連勝で交流戦3カード連続勝ち越しに成功した。ヒーローは、17年目のベテラン・栗山巧外野手(34)だ。3号決勝3ランを含む4打数2安打4打点の活躍で、お立ち台では「とにかく勝ててよかった。今日…続きを読む

記録はどのように途切れたのか 連続試合出場ストップ時の様々な人間ドラマ Full-count (2018年6月3日 8時10分)

NPBで連続試合出場記録を1000試合まで伸ばした選手は8人 NPBではこれまで連続試合出場記録を1000試合まで伸ばした選手は8人いる。いずれも球史に残る名選手だが、記録が途切れるときにはさまざまなドラマがあった。 日本のプロ野球で連続試…続きを読む

プロ野球「セ・パ交流戦」を盛り上げる「10大遺恨バトル」(2)中日・松坂の西武との因縁 アサ芸プラス (2018年6月2日 17時56分)

清宮に劣らぬ注目を集めるのが、中日の松坂大輔(37)だ。15年に米大リーグ・メッツから日本球界に復帰してソフトバンクに入団。だが右肩の故障に苦しみ、3年間の在籍で1軍登板はわずか1試合のみで、昨オフに戦力外。所属先の決まらぬ「平成の怪物」…続きを読む

柳田と山田は再びトリプル3達成なるか? 今季達成の可能性を探る Full-count (2018年5月27日 11時11分)

2016年に柳田と山田がW達成、山田は2016年も2年連続「トリプルスリー」は、2015年にソフトバンク柳田悠岐とヤクルト山田哲人の2人が達成した。2002年に西武の松井稼頭央が達成して以来13年ぶりの快挙で、流行語大賞にも選ばれるほどの話…続きを読む

世代交代に負けるな 40歳過ぎても第一線で戦う球界の偉大なベテランたち Full-count (2018年5月23日 15時48分)

現在、40歳を超えて現役を続けているのは8選手 22日に行われたプロ野球は、ベテラン選手たちの活躍が目立った。横浜では、40歳となったばかりの中日・山井大介投手がDeNA戦で今季初先発マウンドに上がると、相手打線をわずか4安打に封じて完封。…続きを読む

「あと25本」、史上2位の高齢で2000本安打に挑戦するロッテ福浦和也 Full-count (2018年5月23日 7時30分)

史上最年長の達成者は42歳11か月の和田一浩 ソフトバンクの内川聖一が5月9日、難産の末に史上51人目となる2000本安打を達成した。これで今季中に大台突破の可能性があるのは、ロッテの福浦和也だけになった。 福浦和也はイチローの2学年下。千…続きを読む