『森繁和』に関するニュース(418件)

『森繁和』の話題をまとめてお届け。『森繁和』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

日本ハム・石井裕也が引退発表「14年間、ありがとうございました」 東スポWeb (2018年9月22日 13時38分)

日本ハム・石井裕也投手(37)が22日、現役引退を発表した。 2004年にドラフト6位で中日に入団し、08年に小池正晃とのトレードで横浜(現DeNA)へ移籍。10年には江尻慎太郎とのトレードで日本ハムへと移籍した。通算329試合に登板し、…続きを読む

日ハム石井裕也が今季限りで現役引退「14年間、本当にありがとうございました」 Full-count (2018年9月22日 12時15分)

通算19勝19敗6セーブ、防御率3.06の成績 日本ハムは22日、石井裕也投手が今季限りで現役を引退すると発表した。 横浜商工高から三菱重工横浜を経て、2004年ドラフト6巡目で中日に入団した左腕は、2008年6月に小池正晃との交換トレード…続きを読む

試合後の会見を拒否した、巨人・高橋由伸監督の「過ち」 ITmedia ビジネスオンライン (2018年9月21日 11時28分)

もっと糾弾されるべきではないだろうか。巨人の高橋由伸監督が9月19日の横浜DeNAベイスターズ戦で、試合終了後の会見を拒否した。 この日はDeNA先発のドラフト1位ルーキー・東克樹投手に7回までパーフェクト投球を許すなどデビューから5戦5…続きを読む

中日復活の鍵を握るビシエド&アルモンテ 「強竜打線」復活へ着実に歩む Full-count (2018年9月18日 16時30分)

強い中日に必ずいる強打の外国人選手 中日ドラゴンズに光が差しこみ始めている。若手好投手の台頭のみでなく、野手陣もコマが揃い始めてきた。伝統の「強竜打線」復活へ、中心となるのはダヤン・ビシエドとソイロ・アルモンテだ。 中日が強い年には必ずと言…続きを読む

松坂 甲子園凱旋で6勝目も森監督の去就次第では中日退団か 東スポWeb (2018年9月14日 16時30分)

<中日6-2阪神(13日)>中日・松坂大輔投手が38歳のバースデー登板で力投し、白星を飾った。13日の阪神戦(甲子園)で移籍後初めて屋外球場のマウンドに登場。5回5安打1失点の好投を見せて今季6勝目(4敗)をマークした。そんな松坂の来季が、…続きを読む

中日投手陣「最下位」から先発陣の一角へ 藤嶋健人の挫折と成長 文春オンライン (2018年9月12日 11時00分)

「悔しいし、情けない」 藤嶋健人は去年の今頃をそう振り返る。試合出場メンバーから外れ、遠征にも帯同しない。戦力ではなかった。「午前はアップしてキャッチボール。ブルペン後、ノックとランニング。午後は個別練習とウエイトトレーニング。キャンプのよ…続きを読む

「オレが責任取る」森監督発言が中日内で波紋 東スポWeb (2018年9月6日 16時30分)

中日が5日のヤクルト戦(神宮)に5―6で逆転負けを喫した。これで神宮球場では9連敗となり、1978~79年のチームワースト記録に並んだ。5―1の6回、先発の小熊が味方のまずいプレーも重なって一挙5失点。森繁和監督(63)は「一生懸命やって…続きを読む

激震プロ野球 セ・パ「監督クビ切り」の嵐(3)DeNA・ラミレス監督は言い訳が恒例行事 アサ芸プラス (2018年9月5日 12時56分)

一方、肩叩きの気配を感じ、躍起になって「対抗策」を講じているのが、DeNAのラミレス監督(43)だ。「旧親会社で今も影響力を残すTBSが主導し、“ハマの番長”三浦大輔氏(44)の次期監督就任が既定路線なんです。昨季はリーグ3位から奇跡的に…続きを読む

厳しい戦いが続く中日ドラゴンズ。オーナーが口走った「監督人事問題」の舞台裏 週プレNews (2018年9月5日 6時00分)

反対を押し切って獲得した松坂の復活など、「GM的な仕事」に関しては文句なしの森監督まだCS(クライマックスシリーズ)進出の可能性を残してはいるものの、借金が10を超えて厳しい戦いが続く中日ドラゴンズ(8月29日現在)。そんななか、親会社の中…続きを読む

リハビリ視察4666日 長嶋茂雄が消えた全記録③ 週刊実話 (2018年8月30日 22時00分)

ミスターにも“猛暑”影響か ほどなくして、リハビリの拠点を国立科学博物館附属自然教育園に移し、多摩川台公園に行く月曜日を除き、火曜日から土曜日の週5ペースでここに通うようになった。たいていは一般開園前の朝7時40分に到着し、約30分間のトレ…続きを読む

中日・小笠原の体質に不安の声 東スポWeb (2018年8月30日 16時30分)

二軍調整中の中日・小笠原慎之介投手(20)が左ヒジの遊離軟骨(通称ねずみ)を除去する手術を9月初旬にも受けることが決まった。今季は球団史上最年少で開幕投手を務め、17試合に登板して5勝6敗、防御率4・11。プロ初完封勝利を達成するなどロー…続きを読む

リハビリ視察4666日 長嶋茂雄が消えた全記録② 週刊実話 (2018年8月29日 22時00分)

リハビリがストップした日 ようやく不在の理由が判明したのは8月半ばに差し掛かろうとした時期。『女性セブン』が長嶋の緊急入院の事実を報じたからだ。「長嶋茂雄緊急入院! 懸命の病室と家族の相克」と題された記事によれば、脳梗塞の再発ではなく、高熱…続きを読む

リハビリ視察4666日 長嶋茂雄が消えた全記録① 週刊実話 (2018年8月28日 22時00分)

この夏、ミスターの姿がプッツリと消えた。球場や公のイベントに現れなくなったという意味ではない。この十数年、欠かさず日課にしていたリハビリにも姿を現さなくなったのだ。 筆者が最後に長嶋茂雄(82)のリハビリ姿を視認したのは6月30日のことだ…続きを読む

5勝目の中日・松坂 投げるたびに何かが起こる 東スポWeb (2018年8月17日 16時30分)

中日・松坂大輔投手(37)が16日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で6回3失点の力投を見せて自身4連勝で5勝目を挙げた。この試合では平田良介外野手(30)が史上68人目のサイクル安打を達成。さらに高橋周平内野手(24)もサイクルにリーチをかけ…続きを読む

中日モヤが負傷交代 2打席連発も8回の打席で アルモンテが抹消された日に… Full-count (2018年7月22日 21時05分)

2回、3回と2打席連続のソロ本塁打を放っていた■ヤクルト – 中日(22日・神宮) 中日のスティーブン・モヤ外野手が、アクシデントに見舞われて負傷交代した。22日、敵地・神宮球場で行われたヤクルト戦。2打席連続本塁打を放っていた…続きを読む

松坂大輔が狙う「クライマックスシリーズ進出」と「タイトル獲得」 日刊大衆 (2018年7月21日 10時30分)

ファンも評論家も見放したベテラン投手が、なぜ活躍できたのか? ドン底から蘇った怪物の真実に迫る!◎怪物・松坂大輔 NPB全成績とタイトル獲得の歴史 (年度 所属 勝利 敗北 奪三振 防御率 獲得タイトルなど) ●1999 西武 16 5 …続きを読む

松坂効果で来季続投の森監督が新助っ人獲得で巨人潰し! リアルライブ (2018年7月20日 17時40分)

中日がブキミだ。後半戦、首位広島の追撃態勢に入ったヨシノブ巨人と14試合も残している。連敗で金本政権への“雑音”も聞こえ始めた阪神とも、12試合を残している。後半戦は、中日が台風の目になりそうだ 森繁和監督(63)が前半戦終了の中間報告を…続きを読む

中日・森監督が言及 松坂一石二鳥の起用法 東スポWeb (2018年7月20日 16時30分)

背中の捻挫で戦線離脱中の中日・松坂大輔投手(37)は12年ぶりとなる球宴でマウンド復帰したが、一軍での登板予定は確定していない。早ければ今月中にも戦列に戻る見込みで、平成の怪物は「中5、6日で回るのがローテーション投手」とフル回転に意欲的…続きを読む

白井オーナー揺るがぬ信頼 中日・森監督来季も続投へ 東スポWeb (2018年7月12日 16時30分)

中日・白井文吾オーナー(90)が都内で行われたオーナー会議後、森繁和監督(63)への信頼について「変わらない」と語り、前半戦終了後に行われるオーナー報告でも「進退がどうだこうだって話は出ないと思うよ」と来季3年目の続投を示唆した。 チーム…続きを読む

監督不在の楽天が石井氏にGM要請した本当の理由は… リアルライブ (2018年7月10日 6時30分)

東北楽天ゴールデンイーグルスがヤクルト、西武、そしてメジャーリーグでも活躍した石井一久氏にゼネラルマネージャーの就任を要請した。立花陽三球団社長の「前向きに進んでいると理解している」等の発言(7月6日)から察するに、正式発表は時間の問題だ…続きを読む

アルモンテパペット、祖父江キャラメル、森監督サングラス……「勝手にドラゴンズグッズ会議」決行! 文春オンライン (2018年7月3日 11時00分)

ファンから「種類が少ない」「欲しいものがない」と言われている中日ドラゴンズのグッズ。昨年の契約更改では藤井淳志選手と又吉克樹投手がグッズの改善を訴えていました。 そこで今回は 代打 として登場したライターのカルロス矢吹さん、そして感動コラ…続きを読む

「トレードやる!」松坂の奮闘で中日投手はチャンス激減 リアルライブ (2018年6月26日 6時30分)

中日・森繁和監督(63)が何かを仕掛けてくる。 松坂大輔(37)が試合前のキャッチボール中に背中を痛め、先発を回避したのは交流戦期間中の6月16日だった。翌日、「背部の軽度の捻挫」と診断され、22日になって、ようやく練習を再開させた。 こ…続きを読む

中日藤嶋、父の日に初勝利「ボールは両親に」 15分前に先発告げられ「マジか」 Full-count (2018年6月17日 17時27分)

背中痙攣で松坂が急遽先発を回避、初先発で6回9安打2失点■中日 11-3 西武(17日・メットライフ) 中日の2年目藤嶋健人投手が救世主となった。17日、メットライフドームで行われた西武戦。試合開始直前に松坂大輔投手が先発登板を急遽回避する…続きを読む

初先発初勝利の藤嶋に中日森監督「よく投げた」 松坂の今後は「これから」 Full-count (2018年6月17日 16時42分)

登板15分前に先発を言い渡された藤嶋は6回2失点で勝ち投手に■中日 11-3 西武(17日・メットライフ) 中日が、急遽先発した藤嶋健人投手が6回2失点と好投し、快勝した。先発予定だった松坂が背中の痙攣で試合開始直前に急遽登板を回避。試合開…続きを読む

恐怖のセ・リーグ 連勝止まった中日、2位浮上の可能性が一転最下位転落 Full-count (2018年6月10日 18時55分)

先発の大野雄が5回5失点で今季初勝利を逃す■ソフトバンク 5-2 中日(10日・ナゴヤドーム) 中日は連勝が止まり、Aクラス浮上どころか最下位に転落した。10日、本拠地ナゴヤドームで行われたソフトバンク戦。4連勝、Aクラス入りに挑んだ一戦だ…続きを読む

3連勝で交流戦初の勝ち越し 中日・森監督「気持ち悪いわけがない」 Full-count (2018年6月9日 18時19分)

ガルシアが3安打完封で防御率トップに浮上「立ち上がりうまく乗り切ってくれた」■中日 3-0 ソフトバンク(9日・ナゴヤドーム) 中日が3連勝で交流戦初の勝ち越しを決めた。9日、本拠地ナゴヤドームでのソフトバンク戦。先発のガルシアが鷹打線をわ…続きを読む

中日松坂、古巣勝利から一夜明け「体は大丈夫」 次戦はまた古巣の西武戦へ Full-count (2018年6月9日 13時20分)

7試合に先発して3勝3敗、防御率は2.41まで低下した 中日の松坂大輔投手が9日、コンディションには問題がないことを強調した。この日、ナゴヤドームでのソフトバンク戦前の練習に参加。8日の同戦で左臀部がつったために5回で降板していたが、この日…続きを読む

究極のドラゴンズあるある、攻撃時の「無死満塁は大ピンチ」を乗り越えろ 文春オンライン (2018年6月9日 11時00分)

2013年に『中日ドラゴンズあるある』という本を出させていただいたとき、もっとも共感と反響を巻き起こした「ドラゴンズあるある」がこれだった。「満塁のチャンスはピンチ。無死満塁は大ピンチ」 あれから5年の月日が流れたが、今でもドラゴンズは満…続きを読む

松坂3勝目&高橋決勝3ラン 最下位脱出の中日森監督「あそこで一発が出るとは…」 Full-count (2018年6月8日 22時53分)

松坂は左臀部がつったこともあり5回3安打1失点で降板■中日 5-4 ソフトバンク(8日・ナゴヤドーム) 中日が連勝で、最下位を脱出した。8日、本拠地ナゴヤドームで行われたソフトバンク戦。昨季まで3年間在籍した古巣との対戦となった松坂が5回1…続きを読む

プロ野球「セ・パ交流戦」を盛り上げる「10大遺恨バトル」(2)中日・松坂の西武との因縁 アサ芸プラス (2018年6月2日 17時56分)

清宮に劣らぬ注目を集めるのが、中日の松坂大輔(37)だ。15年に米大リーグ・メッツから日本球界に復帰してソフトバンクに入団。だが右肩の故障に苦しみ、3年間の在籍で1軍登板はわずか1試合のみで、昨オフに戦力外。所属先の決まらぬ「平成の怪物」…続きを読む