『歌川広重』に関するニュース(372件)

『歌川広重』の話題をまとめてお届け。『歌川広重』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

我ものを握る片手…(笑)下ネタも風景も盛り沢山、葛飾北斎は川柳も名人だった! Japaaan (2018年10月18日 7時05分)

2019年に大規模な展覧会「新・北斎展」が開催予定の日本を代表する浮世絵師、葛飾北斎。これはスゴそうだ!葛飾北斎の初期~晩年までの壮大な画業を通覧する「新・北斎展」開催!実は彼、「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」という当時の人気川柳雑誌に…続きを読む

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第26話 Japaaan (2018年10月17日 0時30分)

前回の25話はこちら【小説】国芳になる日まで ~吉原花魁と歌川国芳の恋~第25話■■文政八年 玉菊灯籠の夏(1)「花魁」暗い部屋で二人きり、佐吉が哀しい目をしてみつを呼んだ。「ごめん、おいらア、もう会えねえ」なんで、と訊こうとした時、佐吉が…続きを読む

明治150年記念 明治発行貨含む「特製銀貨セット」10月16日登場 三代目歌川広重作の錦絵がカラーで描かれた銀貨も @Press (2018年10月16日 10時00分)

泰星コイン株式会社(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:岡政博)は、『明治150年記念 特製銀貨セット』の予約販売を、2018年10月16日(火)に開始いたしました。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releas…続きを読む

日本酒の歴史・文化を紹介する展覧会=兵庫県姫路市〔地域〕 時事通信社 (2018年10月12日 10時23分)

兵庫県姫路市の県立歴史博物館で、日本酒にまつわる歴史や文化を紹介する展覧会「ほろよい・ひょうご―酒と人の文化史」が始まった。清酒の生産量全国一を誇る同県と酒の関わりを、道具や書物、浮世絵など、さまざまな資料を通してひもといていく。会期は1…続きを読む

これぞ“浮世絵”!160余点の浮世絵版画が勢ぞろい!「―サンタフェ リー・ダークスコレクション―浮世絵最強列伝」、横浜高島屋で10月22日(月)まで開催。 Digital PR Platform (2018年10月11日 19時07分)

アメリカ、サンタフェのリー・ダークス氏が収集した、浮世絵版画のコレクション、160余点をご紹介。北斎が、国政が、写楽が、広重が、歌麿が・・・有名絵師の作品がずらり!誰もが一度は目にしたことがある名品から、浮世絵ファン垂涎の珍品まで、充実の展…続きを読む

【小説】国芳になる日まで 〜吉原花魁と歌川国芳の恋〜第25話 Japaaan (2018年10月10日 6時34分)

前回の第24話はこちら【小説】国芳になる日まで ~吉原花魁と歌川国芳の恋~第24話■◾文政八年 初夏まっさらな紙の上を、漆黒の筆先が滑る。緩やかな曲線、かと思えば突然、かっと威勢のいい角が現れたりする。筆遣いには迷いも曇りもない。男の腕は躍…続きを読む

【調査】「急がば回れ」はどこを遠回りしたのか? ねとらぼ (2018年10月5日 11時00分)

「急がば回れ」という言葉がありますね。「本当に急ぐときは、下手に近道をするより、遠回りでも確実な道を行くべき」という意味です。 近道を行くべきか遠回りすべきかは、究極的には「時と場合による」という話になると思いますが、この言葉の場合は実際…続きを読む

フリーダウンロード!昭和23年に刊行されたレトロ感溢れるイラストカット集「略画事典」がかなり使えます Japaaan (2018年10月4日 2時57分)

イラストを描くときに人物や物のカット集が手元にあると便利なもの。江戸時代には葛飾北斎の北斎漫画や歌川広重の百猫画譜など、人気絵師も現代のカット集と同様の体裁で指南書を刊行していました。葛飾北斎による指南書から貴重な河鍋暁斎の絵日記まで、人気…続きを読む

「べらぼうめ!」は大阪発祥?江戸時代の江戸と大坂の商売や食事情の違いに注目! Japaaan (2018年10月3日 3時52分)

江戸時代になっても、大坂は「天下の台所」と呼ばれ、流通の主要地でした。江戸と大坂は、商売にしろ食にしろ様々な違いがあったようですが、まずは人口から見てみましょう。■江戸は約半分が武士歌川広重 東海道五十三次之内 日本橋 曙旅立の図江戸の人口…続きを読む

”世界一の美食の都”京都と”日本が誇る美しき文化遺産”奈良 二都の秋を『家庭画報』がお届け PR TIMES (2018年10月2日 13時40分)

2018年10月1日(月)『家庭画報11月号』発売10 月1日(月)発売『家庭画報11月号』は、「美味なる食、美しき文化遺産 京都・奈良」と題し、京都の美食と奈良の美観、「美」でつながれた風雅な二都の秋を大特集します。また、「中村屋情熱のス…続きを読む

榮太樓總本鋪、創業200周年記念プロジェクト第三弾が登場!日本橋モチーフのイラストで「ポケット缶」の飴を10/3に販売 @Press (2018年10月1日 10時00分)

株式会社榮太樓總本鋪(本社:東京都中央区日本橋1丁目、代表取締役社長:細田眞)は、創業200周年を記念し周年プロジェクトを実施しておりますが、その第三弾として、定番の榮太樓飴よりも小さな容器の「ポケット缶」に、中身の飴も通常よりも小さな粒の…続きを読む

GAS MUSEUM がす資料館『江戸から東京へ「はがきサイズの開化風景」展』の開催 PR TIMES (2018年9月28日 3時40分)

<GAS MUSEUM がす資料館>は、2018年10月 6日(土)から12月24日(月・祝)まで、本年度第三回企画展『江戸から東京へ「はがきサイズの開化風景」展』を、ガス灯館2階「ギャラリー」にて開催致します。[画像1: https:/…続きを読む

パリコレで認められた日本の伝統美、Yumi Katsuraより新プレタポルテライン発表 PR TIMES (2018年9月27日 22時40分)

パリオートクチュールコレクションで発表し、賛辞をあびた「YUMI YUZEN」。パリの第4区区役所にて、「ジャポニスム2018」をテーマに、葛飾北斎や歌川広重とグスタフ・クリムト、アルフォンソ・ミュシャとの対比など日本美術作品と西洋美術作品…続きを読む

ユミカツラ、日本の伝統美を落とし込んだプレタポルテライン発表 FASHIONSNAP.COM (2018年9月27日 18時20分)

桂由美が手掛ける「ユミカツラ(Yumi Katsura)」が、パリで発表した2018年秋冬オートクチュールコレクションを引用したプレタポルテラインを発表した。 【画像をもっと見る】 パリの第4区区役所で発表さ…続きを読む

これって妖怪の仕業?あなたの身近にいる珍しい妖怪あれこれ紹介! Japaaan (2018年9月17日 2時07分)

■はじめに・それってもしかして?歌川芳員『百種怪談妖物雙六』より「底闇谷の垢嘗」、弘化五1848年暮らしの中で「ちょっと不思議なこと」ってありませんか?そんなに寝相も悪くないのに、起きると枕がとんでもない所に転がっていたり、特に用事もないは…続きを読む

江戸時代において歌川広重の存在はどれほど大きかったか 文春オンライン (2018年9月14日 17時00分)

今から160年前、安政5年(1858)9月、江戸の浮世絵師、歌川広重は62歳の人生を閉じた。一説には流行のコレラにかかった為とされる。太田記念美術館では没後160年を記念しこの絵師の全貌を紹介する展覧会が開催中だ。 寛政9年(1797)、…続きを読む

みんな何気なしに使ってる?江戸時代から引き継がれてる「江戸ことば」の特徴とは? Japaaan (2018年9月13日 1時22分)

江戸ことばというと、現代の私たちが話す言葉とはまったく違うものかと思いきや…実は江戸初期から引き継がれているものがあるのです。江戸ことばに関してはこちらの2つの記事もご覧ください。「江戸ことば」にはどんなものがあったの?粋な江戸ことばに学ん…続きを読む

狐の嫁入りをストーリー仕立てで描いた江戸時代の作品「狐廼嫁以李」が面白い! Japaaan (2018年9月12日 4時22分)

「狐の嫁入り」という言葉を聞いたことはありますか?古くから日本の各地に伝わるもので、夜にいくつもの怪火を見た時に、その灯りが嫁入りの提灯行列のように見えることから、このような現象を”狐の嫁入り”と呼んでいました。また、怪火を狐火と呼んだりも…続きを読む

あのタコのコスプレも!歌川広重の様々なジャンルの作品にもフォーカスした大回顧展「没後160年記念 歌川広重」 Japaaan (2018年9月11日 4時05分)

世界的にも名の知れた江戸時代の浮世絵師といえば、葛飾北斎。そして、風景画を得意とし藍色の美しさが世界的にも評価され、ゴッホやモネなど有名な画家にも影響を与えた歌川広重が挙げられます。今年2018年は、歌川広重が亡くなってから160年。この節…続きを読む

東京湯島でねこまつり開催。限定猫スイーツなど猫にまつわるあれこれ大集合 TABIZINE (2018年9月4日 20時00分)

猫にまつわるあれこれが楽しめる!湯島のイベントねこまつりは毎年2月と9月の年2回、20日間にわたって文京区湯島地域にて行われるイベントなのです。ご存知でしたか?猫が似合うまち、下町情緒漂う湯島地域で猫を通してお客様に楽しんでもらいながら、猫…続きを読む

日本の食文化をリードし続ける、銀座・日比谷・丸の内エリアの「昼膳」大特集 PR TIMES (2018年9月1日 11時01分)

2018年9月1日(土)『家庭画報10月号』発売9月1日(土)発売『家庭画報10月号』は、「憧れの街で出会う“秋の美味” 銀座の『昼膳』」と題し、日本の食文化をリードしてきた、日比谷・丸の内を含めた銀座エリアのランチメニューやサービスを特集…続きを読む

【須藤凜々花さん激推し本】 コミックエッセイの情報だけで家を特定することができるか!? 4話 無料試し読み<片想い探偵> 幻冬舎plus (2018年8月31日 9時00分)

「この本を知らない人は、損をしています!」と須藤さんタレント・須藤凜々花さんが激推ししてくださっている『片想い探偵 追掛日菜子』。一度好きになったら相手をとことん調べつくす主人公・日菜子のストーキング能力に、驚愕する読者が続出しています。そ…続きを読む

限定猫スイーツや猫の御朱印など、東京 湯島で猫ざんまい!大人のための『ねこまつり』9月11日から開催 @Press (2018年8月29日 11時00分)

ねこまつり at 湯島実行委員会(所在地:東京都文京区、代表者:海老原 久美)は、文京区湯島地域にて『第7回 ねこまつり at 湯島~猫でつなぐ湯島のまち~』を2018年9月11日(火)~30日(日)に開催します。画像1: https://…続きを読む

芸者が男装?江戸時代に吉原遊郭で行われていた8月のイベント「吉原俄(にわか)」とは? Japaaan (2018年8月28日 2時02分)

■即興劇の「俄(にわか)」俄とは、江戸時代から明治期にかけて流行った即興の芝居です。別の表記で「仁輪加、仁和歌、二和加」とあるものも。この俄は「俄狂言(にわかきょうげん)」の略で、江戸時代に路上で素人が演じた即興の芝居を指します。歌舞伎の演…続きを読む

溢れる貝愛!大正時代、財力体力すべてを貝に捧げた男・平瀬與一郎が刊行した文様集「貝殻断面図案」 Japaaan (2018年8月24日 13時17分)

以前 Japaaanでも紹介した、石を愛し、石に愛された男「木内石亭(きのうちせきてい)」。石を愛し、石に愛された男!シーボルトにも影響を与えた江戸時代の奇石コレクター「木内石亭」の石愛がスゴいその生涯をかけて石を研究した木内石亭や、戦国時…続きを読む

MICEでナイトタイムエコノミーの促進を狙う パシフィコ横浜で『野毛 横浜おもてなしナイト』実証実験を開催 国際会議参加者向けユニークベニュー、野毛飲み歩きプランの開発へ @Press (2018年8月24日 10時15分)

国内最大級の複合MICE施設※1、パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区、代表取締役社長:中山こずゑ)は、2018年6月28日に国際会議をはじめとするMICE参加者向けユニークベニュー※2開発のための実証実…続きを読む

「明治150年」切手を発行へ Narinari.com (2018年8月24日 0時01分)

日本郵便は10月23日、今年が明治に改元されてから満150年の年にあたることを記念して、特殊切手「明治150年」を発行する。価格は1シート820円で、発行枚数は1,000万枚(100満シート)。その他の大きな画像はこちら発行する郵便切手のデ…続きを読む

三代 歌川広重の浮世絵がデザインされた、明治150年記念の特殊切手が発売! Japaaan (2018年8月23日 10時07分)

明治維新から150年となる今年、さまざまな記念イベントが開催されるとともに、5万枚限定の記念貨幣も発行されることになっていますが、五万枚限定!明治150年を記念して1千円の純銀製「明治150年記念貨幣」が発行されます日本郵便からも、明治15…続きを読む

着物に合わせやすい!胡粉ネイルの和色シリーズに秋冬限定カラーが登場! Japaaan (2018年8月22日 1時50分)

日本画の顔料である”胡粉(ごふん)”を使用した、爪に優しい水性ネイル「胡粉ネイル」に、2018年の秋冬限定カラーが発表されました!今回も和の雰囲気たっぷりの素敵なカラーが登場です。秋冬にピッタリの落ち着いたトーンが素敵です!秋冬限定カラーは…続きを読む

歌川広重不朽の名作 保永堂版「東海道五十三次」を楽しむ 「浮世絵&古地図エスタンプ展」9月1日(土)~9月8日(土)開催 @Press (2018年8月21日 11時15分)

デジタル・エスタンプ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:亀井 雅彦)は、トッパン・フォームズ株式会社の協力のもと、歌川広重不朽の名作、保永堂版「東海道五十三次」※2を身近に楽しむ「浮世絵&古地図エスタンプ展」を、ブックハウスカフェ(東京都…続きを読む