『田岡一雄』に関するニュース(41件)

『田岡一雄』の話題をまとめてお届け。『田岡一雄』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

山口組再統合の陰で厳しくなる暴力団情勢——元極妻が語る、ヤクザがうつ病になる理由 サイゾーウーマン (2018年8月26日 16時00分)

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■浮かんでは消える統合のウワサ 今年の夏は猛暑から急に涼しくなったり、豪雨や台風が続いたりと、本当にしんどいですね。被災地の皆様には、心よりお…続きを読む

元極妻が語る、神戸山口組「山健組」の代替わりと20年間「刑事被告人」だった親分の死 サイゾーウーマン (2018年5月20日 16時00分)

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■ヤクザのマフィア化も心配です 暑かったり寒かったり、地震があったりで落ち着きませんが、皆様はいかがお過ごしでしょうか? 稼業の世界も何かと落…続きを読む

パワハラ問題で揺れたレスリング協会会長の“黒い交際”報道……格闘技イベントにも波及か 日刊サイゾー (2018年5月15日 22時30分)

金メダリスト伊調馨に対するパワハラ問題で、その鈍い対応が批判された日本レスリング協会だが、そのトップの福田富昭会長が、山口組の元最高幹部の故・大石誉夫氏と“黒い交際”を続けていたと「週刊文春」(文藝春秋)が伝えている。「福田会長は、かなり…続きを読む

松山刑務所の脱走犯は逮捕されて「ほっとした」!?  元極妻が語る、受刑者が逃亡する心理 サイゾーウーマン (2018年5月6日 16時00分)

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■脱走の理由は「人間関係」 4月30日、愛媛・今治の松山刑務所の作業場から脱走していた受刑者のHさんが20日以上の逃亡の末に逮捕されましたね。…続きを読む

レスリング協会・福田会長と山口組元最高幹部の“黒い交際” 文春オンライン (2018年4月24日 16時00分)

金メダリスト伊調馨に対するパワハラ問題で激震が走る日本レスリング協会。その会長を務める福田富昭氏(76)が、山口組の元最高幹部である大石誉夫氏と“黒い交際”を続けていたことが「週刊文春」の取材で明らかになった。 大石氏といえば、3代目山口…続きを読む

山口組の歴史に詳しくなれる!実録ヤクザ漫画の傑作『愛蔵版 実録山口組四代目・竹中正久 荒らぶる獅子』2018年3月24日発売! ドリームニュース (2018年3月26日 9時00分)

山口組四代目組長・竹中正久の生涯を描いた漫画『実録山口組四代目・竹中正久 荒らぶる獅子』(画・ももなり高/原作・溝口敦/脚本・笠井和弘)が愛蔵版となって登場! 第二巻が3月24日に株式会社ユサブルより発売されます。山口組を日本最大のヤクザ組…続きを読む

元山口組系組長が激白「山口組はひとつになる」「やくざをやめたら生活できない」 ビジネスジャーナル (2018年2月1日 19時00分)

「やくざの更生支援をする元やくざ」として知られる竹垣悟氏の初の著書『極道ぶっちゃけ話 「三つの山口組」と私』(イースト・プレス)が話題だ。 竹垣氏は、かつて四代目山口組・竹中正久組長、中野会・中野太郎会長、初代古川組・古川雅章という、山口組…続きを読む

実録ヤクザ漫画の金字塔!コミック版『実録山口組四代目・竹中正久 荒らぶる獅子』電子コミックとして配信開始 ドリームニュース (2017年12月28日 10時00分)

山口組四代目組長・竹中正久の生涯を描いた漫画『実録山口組四代目・竹中正久 荒らぶる獅子』(画・ももなり高/原作・溝口敦/脚本・笠井和弘)全10巻を、株式会社ユサブルがアマゾンキンドル電子書籍ストアなどで12月26日より配信を開始しました。■…続きを読む

なぜ「内輪もめ」は長引くのか 相撲とヤクザとジャニーズと 文春オンライン (2017年12月16日 17時00分)

フリーライター鈴木智彦によれば「暴力団抗争は内輪もめの際に限り、長期・激化する」(注1)という。なぜなら組織同士がもめると近隣組織が仲裁にはいるが、内部抗争の場合、よその組が口出しすると内政干渉になるため、仲裁もなく、いつまでも続いてしま…続きを読む

宇多丸×真魚八重子 ヤンキー文化圏の「深みのない犯罪」はシュールで場違いすぎて恐ろしい 文春オンライン (2017年12月3日 17時00分)

ライムスターの宇多丸さんと映画評論家の真魚八重子さんによる「オススメの実録犯罪映画」対談。第3弾はヤンキー文化圏の「深みのない犯罪」の恐怖と、「正しくない人」に寄り添える映画という存在について。「実録犯罪映画」からの学びを考える最終章です…続きを読む

本当にあった事件の「実録“艶”シーン」大全(3)真木よう子のリアルな演技 アサ芸プラス (2017年11月15日 17時57分)

日本に犯罪があるかぎり、一流の映画人たちもまた、いかに映像で昇華するかを真剣に考える。こうして生まれた傑作群を、最後に総まくりで一気見せ! 流行語にもなった「火宅の人」(86年、東映)は、放浪の作家・檀一雄の自伝的長編小説の映画化だ。女優…続きを読む

「高倉健はヤクザの運転手だった」――元極妻が明かす、ヤクザと芸能人のリアルな関係 サイゾーウーマン (2017年11月12日 16時00分)

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■“芸能界のドン”はハマコーの運転手だった「高倉健さんがヤクザの運転手をしていた件」などが書かれたご本が話題になってるようです。極妻としては「…続きを読む

NHK「わろてんか」モデルの人物と山口組 ~その1~ まいじつ (2017年10月21日 8時00分)

nabe3 / PIXTA(ピクスタ)浅野連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)で主役の葵わかなが演じる藤岡てんは、吉本興業の創始者である吉本せいがモデルになっている。明治から大正、昭和を生きた女興行師で、作家の山崎豊子氏の小説『花のれん』…続きを読む

“日本の文化” 刺青は犯罪!? キムタク夫妻やEXILE、安室も入れてるのに…… サイゾーウーマン (2017年10月1日 16時00分)

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■たまにいる「医師免許のある彫師」は微妙な存在 うーん、ひどい判決が出ましたね。9月27日、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は医師免許がないのに客に…続きを読む

昭和の歌姫・美空ひばり52歳の生涯〜酒とタバコに手を染め......間質性肺炎で呼吸不全 ヘルスプレス (2017年9月23日 8時00分)

今年は日本を代表するディーバ・美空ひばりの生誕80年。ひばりを偲ぶイベントや番組が多い。 『美空ひばり生誕80周年記念だいじょうぶよ、日本!ふたたび(熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート』(4月5日)には五木ひろしをはじ…続きを読む

勝新太郎元マネージャーが初めて明かす「オヤジの素顔」(1)初対面は「ベラミ」だった アサ芸プラス (2017年6月27日 9時57分)

今年で勝新太郎が亡くなって20年が経過した。多くの名作映画に出演しただけでなく、それ以上にプライベートでの豪快な逸話は数知れず。そんな勝を間近に見てきた元マネージャーが初めて明かす女優との交流や“禁断”エピソードを以下──。「勝プロが倒産…続きを読む

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(2)戦後最大のスター「美空ひばり」の愛と死 アサ芸プラス (2017年1月2日 17時57分)

「歌謡界の女王」美空ひばりも東京ドームでの公演で一度は復活しながら、ついに逝った。89年7月6日号はひばりの大いなる遺産の相続人にスポットを当てて特集している。〈死去したのは6月24日午前零時28分のこと。間質性肺炎のため、入院先の順天堂…続きを読む

神戸山口組の年末「納会」今年はコンパニオンも呼ばず緊迫 女性自身 (2016年12月24日 6時00分)

『今年の神戸側納会は、直参組長を出迎える組員が鉄板の入ったカバンを構え厳戒態勢に』「今年の納会は、紅白の横断幕もなければ、昨年呼んだコンパニオンの姿もありませんでした。50人ほどの警察官が周囲を固め、かなり緊迫したものになっていました」(ヤ…続きを読む

ダイヤモンドの「ヤクザと共生」記事は暴力団礼賛? 地元・神戸や専門家の声は…… 日刊サイゾー (2016年11月24日 18時00分)

ダイヤモンドオンラインが掲載した「ヤクザと共生する街、神戸市民の意外な『山口組観』」という記事に「暴力団礼賛ではないか」と批判が集まっている。 記事は、10月末に閑静な住宅地で知られる神戸市灘区にある神社で、六代目山口組総本部の関係者たち…続きを読む

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<血と銃弾>(1) アサ芸プラス (2016年10月22日 17時53分)

週刊アサヒ芸能に“ヤクザ記事”が登場するのは、創刊1年半後の58年3月。以来、貴賤を一切問わない「取材・執筆姿勢」を一貫しているが、知られざるアウトローたちの生態に肉薄した記事を振り返る! 当時の世相でヤクザは、敗戦後に暴れ回る戦勝国の人…続きを読む

闇社会とのつながり断ち切れぬ芸能界、次の“ドン”は誰だ!?『増補新版芸能人はなぜ干されるのか?』 日刊サイゾー (2016年10月3日 12時00分)

このほど、『増補新版芸能人はなぜ干されるのか?』(鹿砦社)という書籍が刊行された。同書は、2014年に刊行された『芸能人はなぜ干されるのか?』に新たに補章を加え、これまでほとんど報道されてこなかった芸能界の裏側を鋭くえぐるノンフィクション…続きを読む

立川談志、連続殺人犯、イエスの方舟、東条英機……ビートたけしが演じた実在人物 エキサイトレビュー (2015年12月28日 10時00分)

今夜(12月28日)9時からTBS系でスペシャルドラマ「赤めだか」が放映される。落語家・立川談春が師匠の立川談志とのかかわりをつづった同名のエッセイを原作とするこのドラマでは、若き日の談春に二宮和也(嵐)が、談志にビートたけしが扮する。たけ…続きを読む

山口組“分裂騒動”で混迷する内部に潜入…鉄のシャッターに監視カメラは10個以上 デイリーニュースオンライン (2015年12月7日 12時00分)

分裂騒動で混迷を極める日本最大の暴力団・六代目山口組だが、その総本部の映像をテレビなどの映像で観たことがある人も多いだろう。 神戸市灘区篠原本町の、閑静な住宅街の一角。坂の途中にある重厚で巨大な日本家屋の周囲は高い石塀と白壁で囲まれ、さら…続きを読む

凄惨すぎるヤクザたちの争い3選!! ノンフィクションライターが選出 TOCANA (2015年10月28日 7時30分)

毎年10月末のハロウィーンに、神戸市灘区の山口組の総本部では、訪れてくる子どもたちに菓子を配っていた。だが、今年は、「諸般の事情により」行わないとのこと。 山口組は日本最大の指定暴力団。8月下旬に、直系13団体の組長が離脱し、新たに神戸山…続きを読む

山口組の分裂騒動のさなか、高倉健主演の「封印作品」が突如発売された! アサ芸プラス (2015年9月9日 17時59分)

突然の分裂騒動が社会的ニュースとなっている山口組。そんな中、突如東映ビデオが、来年1月「山口組三代目 田岡一雄自伝」(徳間文庫カレッジ刊)を原作にした「山口組三代目」(73年)「三代目襲名」(74年)、関連作となる「山口組外伝 九州進攻作…続きを読む

情に厚いマフィアの世界?現代社会におけるその影響力とは。マフィア特集 OKGuide (2015年3月30日 9時43分)

■ はじめに本日3月30日は「マフィアの日」。1282年にマフィアの名前の由来となったとされている「シチリアの晩鐘事件」が起こった日です。この日シチリアでは、晩祷の為に教会の前に市民が集まっていました。そこへフランス兵の一団がやってきてその…続きを読む

マツコ・デラックス×井筒和幸 年末恒例「まとめてシバいたる!」(1)健さん・文太さんが亡くなったのに… アサ芸プラス (2014年12月29日 9時55分)

アサ芸連載「アホか、お前ら!」で毎週舌鋒鋭く斬りまくる井筒監督。2014年の最後は盟友、マツコ・デラックスと、この国「ニッポン」をぶった斬る! 高倉健、菅原文太、2大スターへの弔意を吹き飛ばすかのように駆け抜けていった衆院選、風情のかけら…続きを読む

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは? TOCANA (2014年12月28日 8時00分)

2014年11月10日、高倉健。11月28日、菅原文太。日本人のカリスマ的な大俳優が立て続けにこの世を去った。両雄の悲報は、昭和期に映画を娯楽としていた世代に大きな衝撃と落胆を与えた。そんな折、メディア各局で2人の出演作品が次々と追悼特集…続きを読む

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(7)“刑事役”と“舟唄”を結ぶ線 アサ芸プラス (2014年12月25日 9時55分)

高倉健は俳優という職業柄、さまざまな出会いを重ねた。それは「鳥肌の立つような人」だったり、時には「砂を噛むような出会い」でもあった。さらに、愛する人の死で味わった“永遠の別離”もある。身を刻むような慟哭に耐え、極寒の地へと旅立つ。それは、…続きを読む

本誌しか書けない秘話! 高倉健vs菅原文太 実録ヤクザ伝(2) 週刊実話 (2014年12月17日 23時00分)

東宝で不遇だった鶴田浩二を東映に移籍させ、任侠路線で甦らせたのも俊藤の手腕だ。『博徒』『関東』『博奕打ち』シリーズなどの鶴田と、先のシリーズほか人気急上昇の健さんを中心に、『緋牡丹博徒』の藤純子、『極道』の若山富三郎と看板スターが揃い、東…続きを読む