『福島第二原発』に関するニュース(775件)

『福島第二原発』の話題をまとめてお届け。『福島第二原発』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

<大阪地震>「大地動乱の時代」への警戒を高める必要性 -植草一秀 メディアゴン (2018年6月20日 22時02分)

植草一秀[経済評論家]* * *昨日、6月18日の朝7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするM6.1、最大震度6弱の地震が発生した。大阪では1923年の観測開始以来最大の地震となり、死者や数百人の負傷者などの被害もが報告されている。亡くなられ…続きを読む

現代美術作家 ヤノベケンジ氏×和紙作家 堀木エリ子氏「SHIP’S CAT」展をルーヴル美術館に併設するフランス カルーゼル・デュ・ルーヴルで開催 PR TIMES (2018年6月19日 17時01分)

日仏友好160周年、京都・パリ友情盟約締結60周年 記念開催 2018年は、日仏友好160周年、京都・パリ友情盟約締結60周年を迎えます。この記念すべく節目に日本政府が主催する“ジャポニスム2018”参加企画事業として、2018年8月22日…続きを読む

新潟県知事選で当選した花角英世が一週間で豹変し「原発再稼働は当然ありうる」! 背後に官邸と経産省の意向 リテラ (2018年6月17日 7時00分)

6月10日投開票の新潟県知事選挙で、「原発ゼロ」を掲げる池田千賀子氏らを破り当選した花角英世氏。最大の争点は、県民の65%が反対(地元紙・新潟日報の世論調査)している柏崎刈羽原発の再稼働の是非だった。 花角氏は、再稼働政策を進める自民・公…続きを読む

福島第二原発がようやく廃炉の方針、福島県内の全ての原発が廃炉に BUZZAP! (2018年6月14日 12時40分)

これで福島県内の全ての原発が「廃炉」となります。詳細は以下から。◆福島第二原発が廃炉方針2011年の東日本大震災以降運転を停止していた福島第二原発が、ようやく廃炉になる事が明らかになりました。東京電力の小早川智明社長は6月14日に福島県庁を…続きを読む

迫る新潟県知事選。「原発再稼働」の争点を必死にズラす自民党側花角陣営と、経済問題も語り始めた池田候補 HARBOR BUSINESS Online (2018年6月8日 8時45分)

米山隆一知事の辞任に伴い、6月10日に新潟県知事選が行われることになりました。まさか米山隆一さんが突然の辞任に追い込まれることになるとは与野党ともに想定外で、急遽、候補者を探すことになり、柏崎刈羽原発の再稼働を目指す自民党が擁立したのは泉…続きを読む

EVやPHEVの「電気」を考える契機になった坂元中学校を再訪問し、電気について改めて考える【「EVスーパーセブン」で東北大震災被災地をめぐる旅・その3】 clicccar (2018年6月4日 17時33分)

「EVスーパーセブンで元気と電気を届ける旅」、次の目的地は宮城県・亘理郡山元町にある坂元中学校。実はここは私が震災直後、「日本自動車ジャーナリスト協会」のボランティア活動で行った場所のひとつ。坂元中は高台にあるので津波の被害を受けずに避難所…続きを読む

帰還困難区域を通って、EVのバッテリーを再利用を担う「4Rエナジー」の工場へ【「EVスーパーセブン」で東北大震災被災地をめぐる旅・その2】 clicccar (2018年6月4日 15時33分)

「EVスーパーセブンで元気と電気を届ける旅」、「EVスーパーセブン」と合流した翌日は「フォーアール(4R)エナジー株式会社 浪江工場」、山元町立坂本中学校を訪問し、千年希望の丘で給電キャンプ&鎮魂ライトアップというプログラム。そして…続きを読む

「中二病」だけが未来を変えられる。10年後の変革者へ贈る『ミライの授業』 講談社BOOK倶楽部 (2018年5月19日 7時00分)

■「 14歳」より上の人間には、もう期待できない?! 『君たちはどう生きるか』の漫画版を手がけた漫画家・羽賀翔一さんと、同書への深いリスペクトのもと、2016年に『ミライの授業』を上梓した投資家・著述家の瀧本哲史さんの対談・後編です…続きを読む

「中二病」は永遠に不滅です! 80年前の本がいま爆発的に売れる理由 講談社BOOK倶楽部 (2018年5月18日 7時00分)

■「 80年前の本」が、いま250万部も売れている理由 古典的名著、『君たちはどう生きるか』のリバイバルヒットが続いています。漫画版が200万部、原作の新装版を合わせて250万部を突破。戦前に書かれた啓蒙書が、21世紀の今、これほ…続きを読む

第5回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」決定!授賞式・シンポジウムを5月26日(土)に開催 @Press (2018年5月11日 10時00分)

一般財団法人山本美香記念財団は、第5回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を決定し、授賞式および受賞者と選考委員によるシンポジウム、「震災、それでも生きてゆく ~ジャーナリズムは何ができるか~」を、2018年5月26日(土)13時より日本記…続きを読む

安倍政権とは何か? そして何を目指すのか? 有権者に突きつけられる選択肢 HARBOR BUSINESS Online (2018年5月11日 8時44分)

安倍政権は、従来の自民党政権と異なるように見えます。その一つが、不祥事への耐性の強さです。今年に入ってからでも、裁量労働制をめぐるデータの問題、森友学園に関係する公文書の改ざん、加計学園の「首相案件」問題、財務事務次官によるセクハラ、福井…続きを読む

【IEEIだより】福島レポート 悪意なき情報の「コピペ」に辟易 そこに「自分の意見」はない(越智小枝) J-CAST会社ウォッチ (2018年5月4日 10時00分)

「ある人からそういうメールをもらったが、これが多くの福島県民の率直な気持ちです。これについて意見をいただきたい」先日行われた福島の風評についてのイベントの後、そんな匿名の質問が送られてきました。国際環境経済研究所(IEEI)福島レポート 風…続きを読む

世界で主力の風力発電、日本ではわずか「0.6%」…政府、「水素」発電を重視へ ビジネスジャーナル (2018年4月29日 23時45分)

かつての「原発のフクシマ」が今、「洋上風力と水素エネルギーのフクシマ」として甦ろうとしている。東京電力福島第一原子力発電所事故という大災害からの復興に向けた「福島イノベーション・コースト構想」プロジェクトが、事業化に向けて大きく踏み出した…続きを読む

浅田真央が初フォトエッセイを発売 フィギュア人生と今を語ったメーセージとは しらべぇ (2018年4月25日 18時30分)

(©︎川島小鳥/集英社)引退会見から1年が経ち、これからの活動が注目されている元フィギュアスケート選手・浅田真央(27)が、初のフォトエッセイ『また、この場所で』を5月2日に発売する。スケートから離れる決意をしたものの目標が見つからず、悩ん…続きを読む

加計学園で“時の人” 柳瀬元首相秘書官のライフワークは「原発推進」 文春オンライン (2018年4月19日 7時00分)

加計学園問題で一躍有名になった経産省の柳瀬唯夫経済産業審議官。獣医学部の新設について愛媛県職員や学園幹部らと面会したかどうかについて、国会で参考人として招致される見通しだ。 柳瀬氏の経産官僚としてのライフワークは「原発推進」であり「獣医学…続きを読む

《脱原発を語る》東海村元村長「安全神話に安住している国に安全はない!」 週刊女性PRIME (2018年4月18日 7時00分)

東海村元村長「脱原発をめざす首長会議」世話人・村上達也さん 原発がある自治体の首長という立場ながら「原発は地域にとって疫病神」と、明確にNOを突きつけてきた茨城県東海村の村上達也元村長。原発は地域や住民に何をもたらし、何を奪うのか?◆ …続きを読む

「キモくて金のないおっさん」を救うために、本当の正義の話をしよう 文春オンライン (2018年4月9日 7時00分)

正義というものが、いまの日本ではとても厄介になってしまっている。 以前、大手海外通信社の記者が「私達記者は正義。がんばる」とツイートして話題になったことがあった。私達記者は正義。がんばる。— Yuri Kageyama (@yurikag…続きを読む

麻生財務相が「最高顧問」の外国人実習制度「利権」団体…実習生の低賃金化を助長 ビジネスジャーナル (2018年4月8日 16時50分)

先日、ベトナム人実習生が福島第一原発の除染作業に従事していたことが判明し、問題となった。外国人技能実習制度の職種に「除染」はない。にもかかわらず、実習先の建設会社が請け負った仕事に駆り出されていたのである。 いくら政府が「実習」という建…続きを読む

科学者が本気で避ける「物理学7大タブー」を博士が解説! 現代物理学は実は“つじつまの合わないことだらけ”だった!(インタビュー) TOCANA (2018年4月5日 7時45分)

科学者はいつもわかったようなことを言う。3.11で福島第一原発が吹っ飛び、除染費用が消費税と相殺しようというとんでもない状況で、まだ原発を止めない。絶対に安全だからだという。ウソをつけ。絶対に安全なものなどこの世にはない。 科学者の言うこ…続きを読む

東電元副社長が懺悔告白「被災地運動家と関係を持った」 文春オンライン (2018年4月4日 16時00分)

東京電力ホールディングス(以下、東電)の元副社長・石崎芳行氏(64)が「週刊文春」の取材に応じ、福島県内に住む被災者A子さんと不適切な関係にあったことを認め、その後のトラブルについて語った。「この半年間、悩み続けてきました。どうしたら死ね…続きを読む

佐川誘導尋問で炎上! 丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ・デラックス「自民党の歴史の中でも最高峰のホステス」 リテラ (2018年3月29日 23時00分)

〈誘導喚問しました「ね」?〉〈今回の質問政治素人の私たちでもはまったくの茶番劇にしか見えない。もっと鋭い質問できなかったかね。時間の無駄で残念でした。〉〈だから与党の質問時間なんていらないと言われるんだよ。〉〈あんな茶番の質問誰が納得します…続きを読む

「ふくしま」はお肉も旨い!「うまいぜ!ふくしま!レポート」 平成29年度 VOL.5 @Press (2018年3月29日 11時00分)

福島県では、「チャレンジふくしま農林水産物販売強化事業」を実施し、「ふくしまプライド。」という言葉に込めて、全国の消費者に向けて県産農林水産物のおいしさや生産者のひたむきな思いなどを発信しています。「うまいぜ!ふくしま!レポート」では福島県…続きを読む

東芝会長に車谷氏を招聘 外部の知見に再建を期待 経済界 (2018年3月27日 9時59分)

東芝が新体制で再建に臨む。社長の綱川智氏がCOOとして業務を遂行し、新たに会長に就任する車谷暢昭氏がCEOとして長期戦略を定める。東芝が外部から経営トップを招聘するのは53年ぶり。過去の外部出身トップはいずれも東芝を救ってきただけに、車谷氏…続きを読む

世界初の原発事故が起きた「3.28」、日本では再稼働が進む現実 投信1 (2018年3月27日 7時00分)

■スリーマイル島原発事故から39年■福島原発事故から7年経った3月、新たに2基が再稼働した現実あの東日本大震災、そして津波影響に伴う東京電力福島第一原発事故の発生から、この3月で7年が経過しました。その一方で、この3月中旬以降、国内では2つ…続きを読む

いまさら聞けない「公文書」をこっそり学ぶ J-CASTトレンド (2018年3月26日 12時00分)

連日テレビのニュースや新聞各紙で取り上げられている「森友学園への国有地売却をめぐる公文書の改ざん疑惑」問題が、ますます大きな波紋を広げている。そもそも"公文書"とはどのような書類なのか、書き方や決まりはあるのか?歴史上においての存在意義など…続きを読む

被災地への“お情け”ではない、地域再生のビジネスモデル MONEY PLUS (2018年3月23日 20時00分)

震災、原発事故から7年が過ぎた福島県。東京電力福島第一原発の廃炉作業はいまだ長く困難な道のりの途上にあります。一方で、被災者の立場を超えて地域の草の根的な再生に取り組み、成果を上げている人たちも少なくありません。福島県いわき市でオーガニック…続きを読む

東日本大震災から7年目の春 後世のためにすべきことを考える J-CASTトレンド (2018年3月22日 12時30分)

■「リスクと生きる、死者と生きる」(石戸諭著、亜紀書房)■「しあわせになるための『福島差別』論」(清水修二ほか著、かもがわ出版)東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故から7年目の春となった。瓦礫(がれき)の除去やハコモノの整備は、…続きを読む

「福島から逃げない」――震災のどん底から最高収益を実現させた“人を惹きつける男”はひどい社長だった… 週プレNews (2018年3月18日 10時00分)

ニッポンには人を大切にする“ホワイト企業”がまだまだ残っている…。 連載『こんな会社で働きたい!』第20回は、福島県伊達市で自動車リサイクル業を営む株式会社ナプロアースだ。 *** 廃車…続きを読む

震災離婚後に再婚、元夫が病弱な娘の養育費を止め高校進学がピンチに(上) ダイヤモンド・オンライン (2018年3月17日 9時00分)

去る日曜日、東日本大震災の発生から7年を迎えました。故郷を離れ、遠くの地へ移り、不自由な生活を余儀なくされている避難者の数は7万3000人(平成30年2月27日現在、復興庁調べ)。今回の相談者・山本景子さん(42歳)は、福島第一原発の事故を…続きを読む

権限行使で原発事故防げた可能性高いと京都地裁 エコノミックニュース (2018年3月16日 6時57分)

国と東京電力は「津波を予見できた」。また、2006年末までに規制権限を行使すべきで、行使していれば「原発事故を防げた可能性が高い」。まさに人災との認識を示した判決が15日、京都地裁であった。 東京電力福島第一原発事故で福島や宮城、千葉など…続きを読む