『能年玲奈』に関するニュース(1,500件)

『能年玲奈』の話題をまとめてお届け。『能年玲奈』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

女性のショートカット、心機一転の手段として未だ通用? オリコン (2018年8月15日 8時40分)

昭和の時代より男女の間でまことしやかに囁かれてきたのが、「女性は失恋すると髪を切る」という“言い伝え”。平成が終わる今となっては、俗説、都市伝説、妄想どころか、若い女子にしてみれば(は? 全然、関係ないし)ということであり、髪を切る=失恋…続きを読む

18年上半期は芸能人が続々と事務所を退所! 干される可能性のある大物芸能人たち 日刊サイゾー (2018年8月14日 15時00分)

芸能界では所属事務所とトラブルを起こすと干されると噂されているが、最近は多くのタレントが事務所と対立。移籍したり独立するなどして、タレントたちが反旗を翻している。 18年1月に発覚したのは、真木よう子の事務所独立。『女性自身』(光文社)に…続きを読む

葵わかな、主演映画大コケで「ダメなほうの朝ドラヒロイン」に……“元同僚YouTuber”も脅威? 日刊サイゾー (2018年8月12日 10時00分)

昨年10月から今年の3月まで放送されたNHKの連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインに抜擢され、その後ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)にも出演するなど、着実にキャリアアップしている葵わかな。8月1日には主演映画『青夏 きみに恋した30…続きを読む

TBSが映画製作委員会にソッポを向かれた「のんの“祟り”」 週刊実話 (2018年8月12日 0時30分)

大ヒットしたことから今もロングラン上映中の劇場アニメ『この世界の片隅に』。これをドラマ化し、7月15日から日曜劇場枠で放送しているTBSに、映画の製作委員会から異例のケチがつき、関係者の間では「のんの“祟りだ”」と囁かれている。 『この世…続きを読む

制作費300万『カメ止め』が愛されるワケ プレジデントオンライン (2018年8月11日 11時15分)

製作費300万円の映画『カメラを止めるな!』が快進撃を続けています。84席のレイトショーから始まった公開は、全国150館に拡大。異例ずくめのヒットの裏側には何があったのでしょうか。ライターの稲田豊史さんは「『この世界の片隅に』と同じく、観客…続きを読む

勝地涼「ヒモメン」のエリート医師役で“前髪クネ男”卒業へ アサジョ (2018年8月4日 18時15分)

放送中のドラマ「ヒモメン」(テレビ朝日系)で川口春奈演じる看護師のヒロイン・春日ゆり子に片思い中のイケメン医師・池目亮介を演じている勝地涼。ゆり子の恋人である窪田正孝演じる無職の碑文谷翔を蹴落として、なんとか自分がその座に就こうと悪だくみ…続きを読む

標準語の印象が強い芦田愛菜、平愛梨、上島竜兵…実は関西出身の意外な有名人 CoCoKARAnext (2018年8月3日 21時00分)

テレビを見ると、関西弁が出ずに全く違和感のない標準語で話しているため、関西出身と聞いて意外な有名人が実は結構いる。3歳で芸能界入りしている女優・芦田愛菜は兵庫県西宮市出身。東京にいる時に話す標準語の印象が強いが、生まれ故郷の関西弁も上…続きを読む

木村拓哉のドラマ共演を断る女優たちに「何様だよ!」の声 まいじつ (2018年8月1日 13時00分)

 画/彩賀ゆう (C)まいじつ1年1作品のペースで民放の連続ドラマ出演を続ける元『SMAP』の木村拓哉。来年の出演ドラマは当初フジテレビの“月9”で、東京五輪の1年前ということもあり「五輪を目指す水泳選手のコーチ役」という企画が取り沙汰され…続きを読む

永野芽郁『半分、青い。』主演女優は子役、モデルとしても活躍 彼氏の噂は? エキサイト (2018年7月31日 14時17分)

2018年の朝ドラ『半分、青い。』で主演を務める女優、永野芽郁(ながのめい)さん。年齢は18歳。朝ドラの主演は人気女優へと登竜門と呼ばれるくらいなので、今後の永野さんの活躍にも期待!といったところ。CMにも多数出演し、その透き通ったみずみず…続きを読む

『あまちゃん』女優・橋本愛、ようやく重い腰上げた!? テレ朝『Dele』で4年ぶり民放ドラマ出演 日刊サイゾー (2018年7月29日 14時00分)

もはや、“忘れ去られかけた女優”といってもいい橋本愛が、27日に放送開始したテレビ朝日系連続ドラマ『Dele』(金曜午後11時15分~)に出演している。 同ドラマは山田孝之と菅田将暉のダブル主演で、ヒロインは麻生久美子。ドラマ通にはたまら…続きを読む

「あまちゃん」挿入歌を歌唱、ベイビーレイズJAPANが解散発表 アイドルは大手所属でも勝ち残れないのか リアルライブ (2018年7月27日 20時00分)

アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」が解散することが25日、公式サイトで発表された。 公式サイトでは、「ベイビーレイズJAPANが2018年9月24日をもちまして解散することになりました。突然の発表となり、大変申し訳ございません」…続きを読む

同じ作品に主役が2人!?「この世界の片隅に」映画版vsドラマ版“確執の理由” アサ芸プラス (2018年7月27日 5時59分)

放送中のドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)に対し、同作品の映画版から異例の発表があったという。アニメ映画「この世界の片隅に」の製作委員会が7月24日、公式ツイッターにて「当委員会は当該ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供…続きを読む

吉岡里帆の知られざる秘密とうわさ9選 / 衝撃の事実が判明か トリビアニュース (2018年7月25日 7時00分)

女優として活躍の場を広げる吉岡里帆さん。テレビドラマや映画だけでなく、最近ではCMにもひっぱりだこ。今後も注目すべき女優のひとりだといえるでしょう。■吉岡里帆の知られざる秘密とうわさ9選今回はそんな吉岡里帆さんの魅力をさらに伝えるべく、彼女…続きを読む

再始動宣言の西内まりや、インスタのフォローがやけに多すぎる問題 アサジョ (2018年7月23日 18時15分)

3月いっぱいで所属事務所との契約が切れ、活動休止状態になっていた西内まりやが7月20日、インスタグラムのアカウント「mariya_nishiuchi_official」を開設した。最初の投稿では3月31日をもって契約が満了したと報告した上…続きを読む

「じぇじぇじぇ」に「ゲゲゲ」感動作がそろい踏み「もう一度見たい朝ドラ」ランキング 日刊大衆 (2018年7月21日 21時00分)

2011年下半期に放送され、尾野真千子がヒロイン役を務めたNHKの連続テレビ小説『カーネーション』が、18年4月に再放送されて話題になった。これまで、朝ドラは再放送されたことがなかったのだが、朝ドラ初のギャラクシー賞大賞を受賞した名作だけ…続きを読む

松本穂香、初主演「この世界の片隅に」でさっそく“のん超え”を達成!? アサジョ (2018年7月21日 18時15分)

女優の松本穂香がヒロインを務めるドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)が7月15日にスタート。初回の視聴率は10.9%と二桁をマークし、好調なスタートを切った。 その松本は17年度上半期の連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)にて事務所の先…続きを読む

のん(能年玲奈)が侵していた禁断の業界タブー…女優復帰宣言に業界内で総スカン ビジネスジャーナル (2018年7月20日 19時10分)

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK/2013年4~9月)のヒロインとして大ブレークした能年玲奈改め、のん。現在は、もっぱらアーティストとして創作や音楽活動をしているが、女優業再開を熱望しているという。 のんは2015年4月、当時所…続きを読む

能年玲奈こと“のん”、レプロHPから名前削除も……いまだに“干されている”ワケ サイゾーウーマン (2018年7月17日 11時45分)

2016年公開の大ヒットアニメ映画『この世界の片隅に』が、7月15日から連続ドラマ版としてTBS系で放送開始となった。ネット上では、アニメ版で主人公・すずの声を担当した能年玲奈こと“のん”のドラマ起用が期待されていたものの、同役には新人の…続きを読む

被災地・呉が舞台で「なんとも言えない」 様々な想い広がる『この世界の片隅に』 しらべぇ (2018年7月16日 13時00分)

(『この世界の片隅に』)15日、松本穂香主演ドラマ『この世界の片隅に』の第一話が放送。先日の西日本豪雨の影響もあり、色んな意味で話題になっている。■『この世界の片隅に』とは本作はこうの史代の同名人気マンガを原作とする作品。太平洋戦争の最中、…続きを読む

CMでしか見ないのはなぜ? 完全復活が果たせないのんと、元SMAP3人の共通点 リアルライブ (2018年7月15日 19時00分)

今月2日に「LINEモバイル」は記者会見で、昨年に続き今年も女優・のんをテレビCMに起用すると発表した。のんは、この他にも「UHAグミサプリ」や岩手県内の民放4局で流れる「岩手銀行」のテレビCMに起用されている。ところが、テレビドラマ出演…続きを読む

のん、テレビ出演激減も「女優時代より儲かっている」という意外な収入源! アサ芸プラス (2018年7月15日 17時58分)

7月13日に25歳の誕生日を迎えた女優・のん。 6月からUHA味覚糖の「UHAグミサプリ」新CMに起用され、久しぶりにテレビで姿を見せている彼女だが、事務所移籍前の“能年玲奈時代”と比べると出番は激減。先日、出席したイベントで「今年の下半…続きを読む

川口春奈、清原果耶、松本穂香の新世代ヒロイン対決に高須院長「生き残るのは…」 週刊女性PRIME (2018年7月15日 12時00分)

(左から)清原果耶、川口春奈、松本穂香 松本穂香(21)が主演するTBS日曜劇場『この世界の片隅に』がスタートする。のん(旧芸名:能年玲奈)が主人公の声優を務め、第40回日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、高い評価を…続きを読む

裁判になった「地下アイドル界の闇」を演劇に 弁護士がプロデュースする『脱獄女子』に注目 しらべぇ (2018年7月6日 19時30分)

(©ニュースサイトしらべぇ)昨今、芸能事務所における移籍や契約のトラブルが注目を集めている。国民的アイドルグループだったSMAPは解散し、稲垣吾郎・香取慎吾・草彅剛の3名はジャニーズ事務所を退所。朝ドラ『あまちゃん』で一躍人気とな…続きを読む

2018年7月の新ドラマ、注目の作品は? All About (2018年7月5日 19時45分)

■2018年夏ドラマを一挙紹介! おすすめは?遊びに出る人が多い夏はドラマの視聴率がとりにくく主演俳優も若手が多い傾向。しかし今季は綾瀬はるか、石原さとみといった人気女優が参戦しヒットを狙いに来ています。また手堅く視聴率がとれる刑事ドラマが…続きを読む

小泉今日子の「プロデュース業に専念」は“愛娘”「のん」のバックアップが目的か まいじつ (2018年6月30日 19時30分)

(C)まいじつ小泉今日子が突然、自身が設立した制作会社『明後日』のホームページ上で女優の休業を発表した。以前から決まっていた仕事を除いて、これからはプロデュース業に力を入れていくという。この発表を受けて、いまだ活躍の場に制約がある、のん(能…続きを読む

この内容で1000円ちょっと!? のん「お茶会イベント」が“神”と話題に アサ芸プラス (2018年6月27日 9時59分)

元国民的女優とのお茶会イベントにこの価格で参加できるのは良心的か? 女優ののんが、大阪市内で行ったトークショー「『のん』とお茶会」を行ったのは去る6月9日のこと。会場となった大阪市の梅田ロフトでは創作あーちすと・のんによる個展「『のん』ひ…続きを読む

広瀬香美だけじゃない!「芸名の使用権」で争った芸能人たち まいじつ (2018年6月17日 10時00分)

(C)まいじつ歌手の広瀬香美の芸名使用権問題が先日、話題となった。5月28日、広瀬は新たな公式サイトを開設し、新しい芸能事務所への移籍を発表。それに対して31日、前所属事務所が、公式サイトで『広瀬香美』の芸名使用禁止を求めていることを発表し…続きを読む

広瀬香美の事務所トラブルで振り返る、芸名でモメた5人の結末 女子SPA! (2018年6月13日 8時47分)

『ロマンスの神様』などのヒット曲で知られる歌手の広瀬香美がトラブルに巻き込まれています。 5月28日に新たな事務所へ移籍したことを発表した広瀬ですが、前事務所の許可なしに独立したとして、前事務所代表が命名した芸名の使用禁止を求められていると…続きを読む

のんに完敗か? ドラマ『この世界の片隅に』地味キャストで爆死フラグ 日刊サイゾー (2018年6月12日 6時00分)

こんな地味なメンツで、のんに勝てるの? 1990年代に活躍した女優の仙道敦子が7月スタートのTBS日曜劇場『この世界の片隅に』に出演すると発表された。しかし、25年ぶりの連ドラ復帰とあって30代以下の世代からは「どなた?」「千堂あきほ?」…続きを読む

最も名作だと思う宮藤官九郎脚本作品ランキング gooランキング (2018年6月11日 11時30分)

今まで数々の名作を世に送り出してきた脚本家・宮藤官九郎。“クドカン”の愛称で知られています。そんなクドカンが手掛ける作品は、魅力的名キャラクターと独特のユーモアセンスが光り、常に話題になっています。そこで今回は、宮藤官九郎脚本のドラマ、映画…続きを読む