『荻原博子』に関するニュース(176件)

『荻原博子』の話題をまとめてお届け。『荻原博子』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

日本は世界一のギャンブル依存症大国「亡国のカジノ法」を許すな 女性自身 (2018年8月17日 16時00分)

W杯やオウム死刑囚の全員死刑執行が大きく報道される陰で、政権による2つの法案が進行中。それは国民のインフラや健康を大きく害する危険が! 経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれた――。7月22日に国会が閉会しました。モリカケ問題で紛糾…続きを読む

世界では死者も出て再公営化に…水道民営化はこんなに危ない! 女性自身 (2018年8月17日 11時00分)

7月22日に国会が閉会した。モリカケ問題で紛糾していた印象があるが、実は、政府が先の国会に提出した法案65本のうち、60本が成立している。「議論を尽くしたとは言えない法律が多すぎます」と語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。なかでも私…続きを読む

安倍政権が推進する水道民営化、国鉄民営化で実質経営破綻のJR北海道の二の舞いも ビジネスジャーナル (2018年8月16日 19時05分)

本連載前回記事で、水道民営化の問題点についてお伝えしました。水道の民営化を含む「水道法改正案」は通常国会で衆議院で可決されたものの成立せず、秋の臨時国会で再び審議される見通しです。 民営化によって民間事業者のノウハウで効率的な運営が行われ…続きを読む

審議わずか8時間で水道民営化法案が衆院通過…海外では料金3倍に高騰や25万人コレラ感染事件も ビジネスジャーナル (2018年8月15日 19時05分)

FIFAワールドカップ(W杯)で日本代表がベルギー代表に敗退した翌々日の7月5日、水道の民営化を含む「水道法改正案」が衆議院で可決されました。水道は生活インフラの要であり、私たちの命にもかかわるものですが、審議時間はわずか8時間足らずでし…続きを読む

近いうちに訪れる"世界不況"が株の買い時 プレジデントオンライン (2018年8月12日 11時15分)

これから私たちの生活はどう変わるのか。マイナス金利の拡大や消費税の増税、東京五輪後の経済後退にどう備えればいいのか。経済・金融とお金の運用、家計の防衛策に詳しい3人の専門家に話を聞いた。※本稿は、「プレジデント」(2017年11月13日号)…続きを読む

「世界の年収400マン」第4弾“世界の豪邸SP”が8/16放送 滝沢カレン・杉村太蔵らが海外の豪邸で暮らす日本人に密着!“ため息”と“あり得ない!”が止まらない! @Press (2018年8月10日 13時15分)

中京テレビ放送株式会社(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:小松 伸生)は、お笑い芸人・タカアンドトシが番組MCを務める新感覚経済バラエティー第4弾「世界の年収400マン 年収400万円で手に入る!世界の豪邸SP」を日本テレビ系にて20…続きを読む

カギは「付言」!相続トラブルを防ぐ「遺言書」の特徴とは 女性自身 (2018年8月4日 16時00分)

国税庁のデータでは、家庭裁判所への相続関係の相談件数は10年で約2倍に増えている。「家裁の相続に関する裁判のデータでは、3割が1,000万円以下の財産をめぐる争いです。逆に、5,000万円以上の財産の争いは約2割。つまり、相続では、金額が少…続きを読む

増える相続トラブル…まず親に「遺言書」書いてもらうには 女性自身 (2018年8月4日 11時00分)

「まもなく、お盆。きょうだいや親族一同が、実家に集まるこの時期は、親に遺言書を書いてもらう絶好のチャンスです」そう話すのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。国税庁のデータでは、家庭裁判所への相続関係の相談件数は10年で約2倍に増えている。…続きを読む

“自筆遺言”は注意…弁護士語る「改ざん」トラブル実例 女性自身 (2018年8月4日 6時00分)

将来に対する不安の影響なのか、相続トラブルが増えているという。国税庁のデータでは、家庭裁判所への相続関係の相談件数は10年で約2倍に。「家裁の相続に関する裁判のデータでは、3割が1,000万円以下の財産をめぐる争いです。逆に、5,000万円…続きを読む

券売機がATMに! 荻原博子が「キャッシュアウト」を解説 女性自身 (2018年8月3日 16時00分)

今年4月から、スーパーのレジなどで、自分の預貯金から現金が引き出せる「キャッシュアウトサービス(以下・キャッシュアウト)」が始まった。銀行やコンビニに行かなくても、スーパーのレジがATM代わりになると注目されている。そこで、経済ジャーナリス…続きを読む

人生で一時的な「貯金ゼロ生活」は仕方なし。底なし沼にハマらないためには SPA! (2018年8月3日 8時51分)

3世帯に1世帯が貯金ゼロ――節約を意識し貯蓄している人たちからすると信じがたいが、日銀の金融広報中央委員会が調べた「家計の金融行動に関する世論調査」で報告されている’17年の調査結果だ。“貯まらない家庭”にはどんな傾向があるのか? そして…続きを読む

親が認知症になっても生活費を引き出せる家族預金信託とは? 女性自身 (2018年7月27日 16時00分)

今月6日、大手医薬品メーカーのエーザイは、認知症新薬の効果が確認されたと発表した。すると、株価は急騰。認知症に対する関心の高さを物語っている。確かに、親が認知症になるのを、心配しない人はいないだろう。そうなると介護はもちろん、経済的な問題も…続きを読む

無届けは危険!「国民年金」と確定拠出年金で老後資金を 女性自身 (2018年7月19日 16時00分)

「先月29日、国民年金の納付率が発表されました。昨年度は66.3%となり、6年連続で改善されています(厚生労働省)。とはいえ、’90年代前半の納付率、約85%と比べると、まだ20%ほど低い状態です。また、納付率の算出には年金保険…続きを読む

年収300万円で強制徴取も…国民年金払えなければ猶予を申し込もう 女性自身 (2018年7月19日 11時00分)

「先月29日、国民年金の納付率が発表されました。昨年度は66.3%となり、6年連続で改善されています(厚生労働省)。とはいえ、’90年代前半の納付率、約85%と比べると、まだ20%ほど低い状態です。また、納付率の算出には年金保険…続きを読む

墓参り代行も…帰省できない人のためのユニークふるさと納税 女性自身 (2018年7月6日 16時00分)

最近、「ふるさと納税」が変わってきた。ふるさと納税は、’08年に始まった自治体への寄付制度。税金の控除があり、実質的な自己負担は2,000円で済むのが特徴だ。そのうえ、返礼品ももらえるお得感で人気が高まった。’14年…続きを読む

荻原博子が断!政府はいつまで「定見ない経済政策」続ける? 女性自身 (2018年6月29日 16時00分)

“年金は100年安泰”と叫び13年間、年金保険料を引き上げ続けた結果、この30年間で国民年金の支払いは2倍強に! 社会保険料は84%も負担が増えている。平成の約30年間で増えすぎた負担。今後の負担増について、経済ジャーナリストの荻原博子さん…続きを読む

30年で約3万3千円の負担増!荻原博子語る家計苦しい原因 女性自身 (2018年6月29日 16時00分)

“年金は100年安泰”と叫び13年間、年金保険料を引き上げ続けた結果、この30年間で国民年金の支払いは2倍強に! 社会保険料は84%も負担が増えている。平成の約30年間で増えすぎた負担。その理由を経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してく…続きを読む

荻原博子さんが警告「詐欺被害を誘引するタンス預金に注意!」 女性自身 (2018年6月28日 16時00分)

女性が夫に先立たれ1人になり資産管理も一手に引き受けるとき……。老後に周りともめないためにいまからできる備えを、家族論と家計の専門家が語り合った。作家の下重暁子さん(82)と経済ジャーナリストの荻原博子さん(64)。それぞれ『極上の孤独』と…続きを読む

下重暁子さん明かす「財産は子供に遺さない。すべて使います」 女性自身 (2018年6月28日 16時00分)

女性が夫に先立たれ1人になり資産管理も一手に引き受けるとき……。老後に周りともめないためにいまからできる備えを、家族論と家計の専門家が語り合った。作家の下重暁子さん(82)と経済ジャーナリストの荻原博子さん(64)。それぞれ『極上の孤独』と…続きを読む

下重暁子さんと萩原博子さん語る「老後に3千万円必要はウソ」 女性自身 (2018年6月28日 11時00分)

下重暁子(以下・下重)「私は小3のころから、『一生自分で自分を養っていく』という覚悟で生活してきました。自分自身はいまもその思いで働き続けていますが、昨今、老後のお金についての会話となると、誰もが介護の不安を口にします」荻原博子(以下・荻原…続きを読む

定年間近で会社が倒産、退職金なし…住宅ローンだけが残った60代の悲惨な老後 SPA! (2018年6月21日 8時55分)

◆「老後破産」は身近なものに。40代からマネープランの対策を 昨今、ニュースでも話題になる老後破産。「まだ先のこと」と他人事のように考えている人も多いだろうが、その遠因は30~40代にある。中野重治さん(仮名・62歳)は退職を目前に控えた5…続きを読む

北朝鮮、拉致交渉で日本に巨額要求か…トランプを「勘違い」させた金正恩の外交テクニック ビジネスジャーナル (2018年6月17日 16時00分)

本連載前回記事では、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がアメリカのドナルド・トランプ大統領との米朝首脳会談で使った「5つの交渉術」についてお伝えしました。 金正恩は、「強い後ろ盾を得る」「相手の立場を熟知する」「自分の手の内は明かさない」とい…続きを読む

金正恩、詐欺師的交渉術でトランプに完全勝利…米韓軍事演習を中止させた巧妙な「仕掛け」 ビジネスジャーナル (2018年6月16日 10時15分)

ビジネスの世界は生き残りをかけた戦いなので、「小が大を飲み込む」ということが往々にして起こります。 通常は、圧倒的に力が強い相手に対して力の弱い者が立ち向かうのは不可能だと思われていますが、「交渉力を使えば可能」ということを見せつけたのが…続きを読む

年金、女性活躍…「格好ばかりのスローガン」いつまで続く? 女性自身 (2018年6月8日 16時00分)

「働き方改革関連法案」が5月31日、衆議院で可決された。「労働者にとってたいへん危険な内容を含んだ法案ですから、もっとしっかり議論して、国民が納得してから採決してほしかった。腹立たしい思いでいっぱいです」と語るのは、経済ジャーナリストの荻原…続きを読む

荻原博子が「消費税増税」を疑問視、「14年の公約どこへ?」 女性自身 (2018年6月8日 16時00分)

「働き方改革関連法案」が5月31日、衆議院で可決された。「労働者にとってたいへん危険な内容を含んだ法案ですから、もっとしっかり議論して、国民が納得してから採決してほしかった。腹立たしい思いでいっぱいです」と語るのは、経済ジャーナリストの荻原…続きを読む

“残業代ゼロ法案”の罠…荻原博子指摘する「安倍政権」の改悪 女性自身 (2018年6月8日 16時00分)

「働き方改革関連法案」が5月31日、衆議院で可決された。「労働者にとってたいへん危険な内容を含んだ法案ですから、もっとしっかり議論して、国民が納得してから採決してほしかった。腹立たしい思いでいっぱいです」と語るのは、経済ジャーナリストの荻原…続きを読む

電車に乗ればポイントが!萩原博子伝授する「ICカード利用術」 女性自身 (2018年6月1日 16時00分)

「今年3月から、東京の地下鉄である東京メトロに、「メトポ」と呼ばれるポイントが導入されました」こう話すのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。買い物にポイントがつくのは、もはや当たり前だが、今度は、電車に乗ってポイントがつく“乗…続きを読む

ふるさと納税だけじゃない! 広がる「クレカ募金」の輪 女性自身 (2018年5月25日 16時00分)

「日本には、寄付文化が根付かないといわれていましたが、『ふるさと納税』はブームのように広がりました。ふるさと納税とは、所得税などの控除を受け、実質2,000円の負担で、応援したい自治体に寄付する制度です(所得などにより控除の上限あり)。'1…続きを読む

残業代なし長時間労働合法化の「高度プロフェッショナル制度」、全職種対象になる可能性も ビジネスジャーナル (2018年5月18日 19時00分)

本連載前回記事では、本格的に論戦が始まる「働き方改革」関連法案のなかの「高度プロフェッショナル制度」の問題についてお伝えしました。「高度プロフェッショナル制度」が導入されたとして、法律に違反する企業を取り締まるのは厚生労働省労働基準局の労…続きを読む

“食わず嫌い”に知ってほしい「ネットバング」のメリット 女性自身 (2018年5月18日 16時00分)

「先月末、三菱UFJ銀行が銀行員のいる窓口を持つ店舗を'23年までに半減させると、日本経済新聞が報じました。現在は、全国に約515店ありますが、当初3年間で約430店に減らし、最終的には約250店にするといいます」そう話すのは、経済ジャーナ…続きを読む