0

「十万年後の未来人が纏う衣」を描く KYOTARO新作個展に約90点

2017年2月7日 14時27分 (2017年2月9日 12時06分 更新)

KYOTARO作品 ©KYOTARO

[拡大写真]

KYOTAROの個展『Clad in the Universe―宇宙を纏う』が、2月24日から東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYで開催される。

【もっと画像を見る(8枚)】

KYOTAROは東京と京都を拠点に活動するアーティスト。主に鉛筆を用いたドローイング、ペインティング、漫画、アニメーションなどを制作し、国内外で個展を開催するほか、書籍の挿画などを手掛けている。2015年には飯沢耕太郎との共著による絵本『きのこの国のアリス』を刊行した。

『Clad in the Universe―宇宙を纏う』ではドローイングを中心に、大型作品13点を含む新作約90点を展示。作品は「10万年後の世界で、未来人がまとう衣」をテーマに制作され、液体や光でできた衣や、通信機能が備わった衣などが描かれるという。

会場では展示作品に加え、オリジナルグッズも販売。会期中の4月28日にはサイン会の開催も予定している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!