0

英国を代表するファッションブランドJOSEPHの旗艦店内にカフェがオープン

2017年5月7日 19時00分 (2017年5月9日 22時52分 更新)

4月20日に開業した銀座最大の商業施設GINZA SIX。

注目ショップが多く出店する中、5階にオープンした英国イギリスを代表するファッションブランドJOSEPH(ジョゼフ)の店内に、併設の複合カフェJOE’S CAFÉ(ジョーズカフェ)が誕生した。

JOE’S CAFÉは1972年のJOSEPH創業直後、英国ロンドンにオープンしている。 

そこには開業当初からファッション業界のクリエーターたちが集い、 さまざまなアイデアや意見交換の場として注目を浴びてきた。 

そして現在でも、 ファッション業界のコミュニティスポットとして、 朝はプレスドジュースやフレッシュなコーヒー、 夜はフォーマルなダイニングと、TPOに合わせて幅広く活用出来る人気カフェだ。

そんなJOE’S CAFÉが、JOSEPHの旗艦店オープンに伴って日本初上陸。 

本国のカフェのスタンスはそのままに、 メニュー展開に関しては日本独自の解釈を加えている。

英国、 カフェ、 といえばTEA(紅茶)というイメージを元に、カフェのコンセプトを「SEASON IN THE POT」に設定。 

季節の味わいを楽しめる紅茶を軸に、 スコーンや焼き菓子をチョイスできるTEA SWEETS SETをシグネチャーメニューとして提供される。

そのほかにもクロックムッシュやフルーツサンドなどもラインナップ。 

JOSEPHの「コントラスト」というブランドのキーワードにインスパイアされ、 英国のティーと日本の茶道の両側面から、 古典的でありながらも新しさを感じられるようなメニューを展開する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!