0

豆と鴨肉をトッピングした「鴨・豆カレー」

2017年7月10日 12時10分 (2017年7月11日 16時20分 更新)
7月8日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分~)では、絶品グルメを求めて池袋の街を散策する中で、ホンジャマカ石塚英彦さんが「火星カレー」(東京都豊島区)を訪れた。

JR山手線・池袋駅西口から4分ほど歩いたところのS&Kビル地下1階にある同店は、連日多くのお客さんで賑わう人気のカレー店だ。

お店のメニューとして紹介された「鴨・豆カレー」(1080円/税込み)は、水を一切使用せず、15種類のスパイスと肉、シーフード、野菜をおよそ3時間かけてじっくり煮込み、さらに2日間熟成させたカレーをご飯の上にのせ、カレーの上に枝豆などの5種類の豆と脂がのったヨーロッパ産の鴨肉をトッピングし、仕上げにバーナーで軽く炙って香ばしさを出した一品。
まず鴨肉とカレー、ご飯を一緒に食した石塚さんは「マイウ。スパイスがきいてますねこれ。あと鴨肉、脂を感じるんですけど、この鴨独特の脂ですね。うんめっ!」と絶賛。次にトッピングされた豆を食べると「マイウ。うまいこれ!豆もまたカレーに入れるといいですね。」と絶賛し、カレーを楽しんだ。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!