狭い隙間を有効活用!気づきで広げる、つっぱり棒の可能性

2017年9月13日 09時00分 (2017年9月15日 21時47分 更新)

ちょっとした隙間、デッドスペース、壁など、暮らしの中にそっと眠る狭小空間を活かすことができると注目され続け、さまざまな活用アイデアを生み出しているつっぱり棒。今回は、そんなつっぱり棒を使った技ありテクで、狭い場所に新たな収納スペースを生み出す方法をご紹介します。



狭小空間を有意義に導く、小さな気づき×つっぱり棒

安く、手軽、そして丈夫なつっぱり棒ですから、暮らしの中ですでに活用中の方も多いのではないでしょうか?でも、ちょっと目の付けどころを変えるだけで、さらにその可能性は広がります。まずは狭い隙間×つっぱり棒の組み合わせにより、収納をもう一歩便利にされているkotokoさんの活用術を見ていきましょう。


■お話をお伺いしたユーザーさん

kotokoさん

小さな建売に住んでいる、北欧ナチュラルが好きな主婦です。子どもも生まれ、日に日に物が増えていくので、限られたスペースを上手に利用したいと模索中です。


■つっぱり棒×狭い隙間に注目したきっかけ

撮影:kotokoさん


シンプルな北欧ナチュラルで住まいをコーディネートされているkotokoさん。オープンな対面キッチンも、生活感がほどよくオフされていてインテリアにすっきりと馴染んでいます。その秘訣は、kotokoさんがわずかな隙間の有用性に「気づく」ことで、収納を充実させていることにある様子です。


■活かしたのは、引き出し収納の上部の狭い隙間

撮影:kotokoさん


例えば、キッチンでkotokoさんが目をつけたのは、『この引き出し無駄に深いなぁ』と感じていたというコンロ下の収納です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。