作り置きの強い味方!おすすめの保存容器とアイテム12選

2017年10月17日 15時00分 (2017年10月20日 06時47分 更新)

休日や時間があるときに、おかずを作り置きされる方が増えましたね。下ごしらえや調理をサポートしてくれるアイテムや、作り置きおかずを保管する容器などがそろっていると、時短や衛生管理に役立つことがあります。保存容器とひと言でいってもいろいろな種類がありますが、どのような種類のアイテムがあるのでしょうか?



軽くて丈夫なプラスチック製

手軽に入手できるプラスチック製の保存容器は、安価で、軽くて丈夫です。それに、電子レンジや食洗機に対応しているものも多く、時短にもつながります。におい移りや傷がつきやすいものもありますが、扱いやすいプラスチック製の保存容器には、どのようなメーカーのものがあるのでしょうか。


■ジップロック スクリューロック

撮影:minnさん


どこでも入手しやすい、ジップロックのスクリューロック。ふたはひねって開け閉めするスクリュー式が採用され、密閉性が高いので液体の保存もできます。冷凍からレンジ調理までできるのも、うれしいポイントです。minnさんも愛用されていますが、スタッキング収納ができるので省スペースで保存が可能です。


■無印良品 バルブ付き密閉保存容器

撮影:cherryさん


見た目はガラスのようですが、エンジニアリングプラスチックという素材でできています。ふたについているバルブの開閉で、ふたをしたままレンジ調理が可能で、後からパーツのみの購入も可能です。cherryさんは無印良品週間のタイミングで買いそろえたそうですが、サイズ違いでもスタッキングできるのは便利ですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。