気分を変える!ニトリ照明の取り入れ方のコツとは?

2017年10月31日 22時00分 (2017年11月3日 17時47分 更新)

照明はお部屋のインテリアを仕上げるのに、重要な要素の1つ。単純にお部屋を明るくするだけではなく、お部屋の空気感を決めたり、癒し効果があったりもします。そこで今回は、さまざまなデザインバリエーションのあるニトリの商品に絞って、日常でよく使う、デスクライトやテーブルランプの取り入れ方をご紹介します。



デスクライトの取り入れ方で集中できる空間

勉強スペース、アトリエ、書斎など、集中するための空間に欠かせないアイテムが、デスクライト。照明器具の1つですが、デスクライトだけインテリアから浮いているのは避けたいですよね。そこで、ここではニトリのデスクライトを取り入れている実例を、お部屋の作り方と併せてお伝えします。


■黒色で集中&引き締め効果

撮影:OLiviERさん


アトリエで、ニトリの黒のデスクライトを使用している実例です。ポイントは、ニトリのデスクライトの色を、クッションの色と同じにしていること。黒は、どんな色にも合う万能カラーであることはもちろんですが、黒色のものを小物類などで取り入れることで、程よく空間を引き締め、集中できるような環境になります。


■爽やかな白色でお子さまの勉強スペースに

撮影:kuraさん


こちらの実例で使われているデスクライトは、実は、先ほどご紹介したものの白色バージョン。家具や椅子などが白色で、デスクライトの色と均一化されていますね。白色は清潔感やさわやかさを感じられる色です。特に、お子さまが集中できるような環境を作りたい場合に、最適な色選びのひとつです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。