0

舞台は歌舞伎町の街全体! リアル捜査ゲーム『歌舞伎町 探偵セブン』開催

2017年11月2日 13時49分 (2017年11月2日 17時20分 更新)
リアル脱出ゲームを展開するSCRAPは12月19日より、「リアル捜査ゲーム『歌舞伎町 探偵セブン』」を、新宿・歌舞伎町の東京ミステリーサーカスで開催する。同公演では、参加者が探偵となり、歌舞伎町の街全体を使った謎解きを体験できる。

同公演では、参加者は6つの事件から自分の請けたい事件を選んで、どれからでもプレイが可能。依頼書を元に捜査すべき場所を特定し、バーやキャバクラ、ホストクラブ、マンションなど、歌舞伎町の街に実在する場所に、実際に足を運んで聞き込みを行ったり、謎や暗号を解いたりしながら操作を進め、事件の真相を解き明かしていく。

制限時間はなく自分のペースで楽しむことができ、複数日にわたって遊ぶことも可能なので、心ゆくまで謎解きや歌舞伎町という街の魅力を堪能できるという。

さらに本作品で、プレイヤーの相棒となる探偵たちのキャラクターデザインは、ゲーム「逆転裁判」シリーズや「アニメ モンスターストライク」のキャラクターデザインを手掛けた岩元辰郎氏が担当。脚本には「テラスハウス」「脱力タイムズ」「あいのり」などを手掛けた放送作家の堀田延氏も協力している。

チケット料金は、初回捜査チケット(ゲームに必要なバインダー付き)が2,500円、捜査チケットが2,000円で、前売・当日ともに料金は一律となる。初めてプレイする場合は、初回捜査チケットの購入が必要となり、2つ目以降の事件をプレイする場合には、捜査チケットの購入が必要となる。なお、プレイ時間は、1事件につき約2~3時間を想定しており、チーム人数は自由となる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!