「器の映える白と木のぬくもり。バランスと調和の北欧スタイル」 by mimiさん

2018年1月13日 20時00分 (2018年1月16日 08時47分 更新)

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、床から天井まで木のぬくもりが広がる北欧インテリアにお住いのmimiさんのキッチンをご紹介します。

mimiさん

2008年3月に我が家が完成、夫と2人暮らし、猫が3匹います。将来、私の両親との同居を予定しており、2世帯住宅として建てました。北欧テイストをベースに色々ミックスして楽しんでいます。



シンプル、収納力、オープンの3点を大切に設計

ウッディな空間に、白のキッチンパーツが美しく、清らかな雰囲気が包み込むmimiさんのキッチン。そんなクリアな空間に、丁寧にディスプレイされた北欧食器は、言わばキッチンのフォーカルポイント。より印象的で、洗練された空間になるようコーディネートされています。まずは、mimiさんにキッチンを設計する際に重視した点についてお聞きしました。

mimiさん

「『シンプルなキッチン』『収納力のあるキッチン』『オープンなキッチン』毎日使う場所だからこそ、シンプルに飽きのこない白を基調とした色。器が大好きで昔から集めてきたものが多くあったので、それを収納できる場所の確保。リビング・ダイニングとの繋がりのあるキッチン。この3つを設計するときに重視しました。」


■ゆっくりと食と向き合い、食を楽しめるキッチン

L型のLDKになっているmimiさん宅の間取り。キッチンとリビングは、直接視線は届かず、それぞれの空間に独立感が生まれるのが特徴です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。