気持ちによりそうインテリアカラー♡色づかいで私も変わる

2018年1月13日 18時00分 (2018年1月16日 06時47分 更新)

毎日の暮らしの中で、私たちの気持ちって大きく変わるもの。癒されたい、気持ちを整理したい、元気が欲しい・・・・・・そんなその時々のココロの状態にぴったりな色を、お部屋に取り入れてみませんか?色彩効果のヒントがいっぱい詰まった、お部屋の実例を集めてみました。



やっぱり、木。ナチュラルカラー

木の魅力は、その香りだけでなく、木目の優しさにもあります。疲れた体と心に染みわたる、ナチュラルカラーの癒し効果。緊張の糸がふっとほぐれるような、そんなぬくもりが自然素材にはあります。ヒーリングスペースとも呼べそうな、優しいリビングを見つけました。


■私だけの、癒し空間

撮影:ponsukeさん


白を基調に、植物と木に囲まれたponsukeさんのリビングです。まるで小鳥の声が聞こえてきそうな、自然の魅力いっぱいの空間ですね。ラウンジソファに横たわっても、窓辺のソファでくつろいでも、まどろみの時間が心地よさそうです。


■肌で触れたくなる、その質感

撮影:rinoouchiさん


差し込む光を柔らかく受け止める、rinoouchiさんのリビングダイニング。アイランドキッチンと床、ダイニングセットの木の表情が、なんとも魅力的です。靴下をぬいで素足で過ごしたくなる、清々しい空間ですね。


■気持ちも解きはなつ、開放感

撮影:jennyさん


jennyさんのリビングは、そのむき出しの梁が空間を広く感じさせ、「木」の魅力が増しています。深いグリーンが美しいロビーチェアのサイズ感も、このスペースならでは。ここに寝ころんで、開放的なリビングをひとりじめしたら、どんなに気持ちがいいでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。