こんなモノが収納できます☆ダイソーの粘土ケース便利帳

2018年4月17日 07時00分 (2018年4月19日 21時47分 更新)

ダイソーの粘土ケース、ご存じでしょうか?お手ごろな価格で購入できる上に、収納に使えると話題になっているのです。縦長の形で蓋付きなので、細々したモノを整理収納するのにぴったり。シンプルなデザインも人気の理由となっています。その魅力と使い方をご紹介します。



ダイソーの粘土ケースとは?

ダイソーで手軽に買える粘土ケース。シンプルなデザインに、スクエア型という定番のフォルムとなっています。RoomClipでも話題になっていますが、一体どんな魅力があるのでしょうか。ユーザーさんの実例とともにご覧ください。


■スリムで蓋付き

撮影:nonさん


nonさんは、救急セット入れにされています。スリムだけど適度な横幅があって、絆創膏は横向きに入れておくこともできます。マスクやサロンパス、薬など形の違うモノを分けて整理するのにとても便利です!蓋付きなのでホコリが入らないのも高ポイントですね。


■積み重ねOK

撮影:asukaさん


100均なので大人買いをしたというユーザーさんもいらっしゃいます。asukaさんは、人に見せられる収納を目指してたくさん購入されました。粘土ケースは、積み重ねて保管できるので場所をとりません。スッキリとした空間づくりにも向いています。


■整理収納上手になれる

撮影:anko.hibuさん


細かいモノが多いお子さんのおもちゃ収納にもおすすめです。anko.hibuさんは、お人形さんの洋服や靴を収納されました。見ていて気持ちが良いほど、ぴったりのサイズです。蓋に施されたマスキングテープのアレンジは、娘さんにも好評だったそうです。