パターン別レクチャー♪ステーショナリーのスッキリ収納術

2018年5月16日 22時00分 (2018年5月19日 19時47分 更新)

よく使うペンや消しゴム、ハサミ、のり、クリップ、定規などのステーショナリー……いつも散らかりがちで、どのようにすれば、スッキリ収納できるのかお悩みの方へ。引き出し編、ボックス編、見せる収納編の3つのパターン別に実例をご紹介します。おうちでの収納にお役立てください。



引き出し編

たくさんのステーショナリーを一気に収納するには、引き出しが便利です。アイテムを上手に組み合わせて使ったり、空間づかいを考えたり。ユーザーさんのアイデアを参考に、自分に合った収納方法を見つけてみましょう。


■①アイテムを使う

撮影:Reikoさん


TRUSCOの管理シートを使って整理をされているReikoさん。モノの位置をしっかり決めて、固定しておくことができるスグレモノなんです。ついごちゃごちゃになってしまいがちな引き出しの中も、スッキリ片付きます。


■②適度な空間づかい

撮影:kiyo.1980さん


kiyo.1980さん宅の引き出しの中は、適度な空間があって取り出しやすく収納しやすいようになっています。モノを持ちすぎないように気をつけていらっしゃるそうです。ステーショナリーを厳選し、本当に必要なモノだけを持つのもひとつのアイデアです。


■③トレーを組み合わせる

撮影:kagi___さん


こちらは、無印良品の整理トレーを使用した実例です。角が四角いモノや丸いモノ、縦長や正方形などデザインの違いをうまく利用した組み合わせとなっています。kagi___さんの娘さんのカラフルな文房具が、使いやすく収納されました。