男前やインダストリアルで取り入れたい!英字ステンシル

2018年5月17日 15時00分

男前やインダストリアルなインテリアを作るのに、欠かせないのが英字のタイポグラフィーです。既製品をお部屋に設置するのも良いですが、DIYすることでより味のあるインテリアが完成します。そこで今回は、ステンシルアイテムの作り方についてご紹介します。手作りアイテムを取り入れて、インテリア性を格上げしましょう!



ディスプレイ雑貨にほどこしてみよう

まずはお部屋に手軽に取り入れられる、ディスプレイ雑貨の実例をご紹介します。どの実例にも共通していたのは、カッコ良く見えるような色や素材を駆使すること。あまり大きくないとは言え、お部屋に設置すればインテリアの雰囲気がガラッと変わって、大胆なイメージチェンジになるかもしれませんね。


■デニムとステンシルのあわせ技

撮影:nonさん


nonさんがステンシルされたのは、ダイソーで購入したブラックデニム。飾り棒をつけて、タペストリーとして完成させました。デニムのラフな風合いと英字の組み合わせは、男前感抜群。深みのある木の風合いの棚板や観葉植物、英字のオブジェを周りに配置して、癒され感もあるインテリアに仕上がっています。


■エアプランツに英字を添えて

撮影:eri417kさん


セリアの木箱をステンシルして作られたエアプランツホルダー。ステンシルは木箱の背板にほどこして、エアプランツにクールさを添えています。ちなみにエアプランツを入れる部分の金具は、パイプなどを留める際に使うジョイント金具を使用。金属製のものを取り入れることで、程よい無骨さを感じられます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。