キッチンを油汚れから守る☆油はねガードでキレイさキープ

2018年6月14日 12時00分

キッチンを掃除するときに、油汚れに手こずらされることはありませんか?特に、揚げものをした後などはコンロ周りがベタベタになりがちですね。今回は、そんな油汚れの掃除の面倒を減らしてくれる油はねガードについて、ユーザーさんたちの実例をとおしてご紹介します。



手軽に使える使い捨てタイプ

油はねガードの中でも一番使われることの多い使い捨てタイプを、まずは見ていきましょう。何度か使って汚くなったら、新しいものと取り換えればいいだけ!の手軽さが、使い捨てタイプの魅力です。ここでご紹介するのは、すべて100均で手に入る、油はねガードです。その使い方にも注目してみてくださいね♪


■囲むように使う

撮影:maachさん


油はねガードは、油を使っている鍋を囲むように置くのが基本です。最近では、こちらの実例でも使われているような柄付きのものも多くあるため、キッチンのインテリアに合ったデザインを選べるのがうれしいですね♪折りたたむとコンパクトになるので、使わないときには邪魔にならないのもGOODです。


■上にアルミホイルを

撮影:sacho-sunさん


キッチンの油汚れというと周囲へ飛び散るイメージが多いですが、油は上方向へも飛びます。こちらのユーザーさんは、油煙も換気扇や天井の油汚れにつながるため、油はねガードの上にさらにアルミホイルをかぶせることで、上方向の油汚れを予防しているとのこと。真似したいアイディアです。


■油はねガードで隙間を埋める

撮影:sallyさん


コンロの奥の部分にある隙間を、油はねガードで埋めている実例です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。