1

浮世絵でよみがえるデヴィッド・ボウイ。浮世絵&写真展が『BOOKMARC』で開催!

2018年6月22日 18時00分

デヴィッド・ボウイ(69歳)が亡くなったのは2016年1月10日。常に先鋭的であり続けた彼の生き方は、「アーティスト」「芸術家」として称されることも多かった。

そんなデヴィッド・ボウイへのオマージュ作品ともいうべき「UKIYO-E PROJECT presents デヴィッド・ボウイ 浮世絵展」が6月23日(土)から7月1日(日)までニューヨーク発ファッションブランド『マーク ジェイコブス』が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)にて、開催されることとなった。

著名な二つのポートレイト作品をモチーフに浮世絵と写真のコラボレーションの実現である。

■商品名:出火吐暴威変化競「竹沢藤次」

テリー・オニール「ダイアモンド・ドッグズ」より

絵師:石川真澄 / 彫師:関岡裕介(三代目関岡扇令)/ 摺師:伊藤達哉 サイズ  480mm×340mm(縦仕様)*200点限定

価格 108,000円(税込)

<商品概要>

二代目竹沢藤次は江戸時代、様々な演出やからくりで大人気の曲芸師。エンターテイナーとして、ある意味イリュージョニストであったボウイとは親和性が高いといえる。

本図は「ダイアモンド・ドッグズ」に映る躍動的な犬を狐に見立て、九尾(きゅうび)の狐の伝説を題材とした演目で、曲独楽(きょくごま)の芸を披露する藤次を演じるボウイを描いている。

Singer David Bowie poses with a large barking dog for the artwork of his 1974 album ‘Diamond Dogs’ in London.

■商品名:出火吐暴威変化競「鬼童丸」

ブライアン・ダフィ「アラジン・セイン」より

絵師:石川真澄 / 彫師:佐藤奈美 / 摺師:中山誠人 サイズ  480mm×340mm(縦仕様)*200点限定

価格 108,000円(税込)

<商品概要>

浮世絵の題材でしばしば用いられる鬼童丸は、鎌倉時代の説話集「古今著聞集」(ここんちょもんじゅう)や曲亭馬琴(きょくてい ばきん)の「四天王剿盗異録」(してんのうしょうとういろく)などに登場する妖術使い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「浮世絵でよみがえるデヴィッド・ボウイ。浮世絵&写真展が『BOOKMARC』で開催!」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    超カッコいい! かんなかっこいい生き方をしたロックスターもいない。 亡くなった後も全てにおいてパーフェクトなスターだ。 NYで個展もやってるし。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!