0

広尾の魚料理専門ビストロでキャビアとシャンパーニュで至福の時間を

2018年9月14日 19時00分

「黒いダイヤ」と呼ばれるキャビア。その中でもフランスのブランド『プルニエ』を使った新メニューが、広尾の魚料理専門ビストロ「ビストロ シロ.」に登場。

■キャビア本来のもつ漆黒の輝きと、濃厚な風味が特徴

ロシア産キャビアをフランスに紹介したレストランに起源を持つ、1872年創業のブランド『プルニエ』。フランス・ボルドー近郊において、自社で稚魚から育てたシベリアチョウザメの卵を使用した「バエリ種」は、黒いダイヤと呼ばれるに相応しい、キャビア本来のもつ漆黒の輝きと、濃厚な風味が特徴。

そんなキャビアに合わせるのは、130年の歴史と伝統のあるシャンパーニュ・メゾン『ポール・ベルトロー』。3年熟成させた豊かな香りとなめらかな舌触りが、そっと寄り添う。

また、実はキャビアは日本酒とも相性が良く、是非試して欲しいペアリングだ。

■キャビアと蕎麦粉のクラッカー 3,200円
キャビアそのものを味わうならこちら。
シェフの遊び心が光る、チョウザメの形をした蕎麦粉のクラッカーに、キャビアとサワークリームをのせて。

■宮城産 生牡蠣とシャンパンジュレ キャビア添え 1,200円
■宮城産 生牡蠣と日本酒ジュレ キャビア添え   1,000円
大ぶりな生牡蠣に、すっきりとしたジュレとキャビアがアクセント。ジュレは、シャンパンと日本酒の2種を用意。気分に合わせて選べるようになっている。

■キャビアとチョウザメのカルパッチョ 2,500円
親子丼ならぬ、キャビアとチョウザメの”親子カルパッチョ”。

「広尾の魚料理専門ビストロでキャビアとシャンパーニュで至福の時間を」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!